自動車税を払い忘れ!延滞金はいくら?納付方法は?

悩む女性

自動車税の納付の季節がやってきましたね。毎年のようにやってくるものですが、うっかり期限を忘れていて、延滞してしまったことがある人もいるのではないでしょうか?

自動車税はそこまで高くもなく、一年に1回という特性上、忘れられがちな税金です。

 

しかし、自動車税を延滞すると、最終的には非常に大きなリスクを背負うことにもなりかねません

 

今回は、自動車を払い忘れてしまったときの対処法や延滞金の額、また、延滞を続けた時にどのようなことになるのかということを紹介していきます!

自動車税の納付時期や支払い期限はいつ?納付書が届くタイミングは?

tax

自動車税の納付書は5月の上旬に送られてきます。

そもそも自動車税の対象となる人は、その年の4月1日に車を所有している人です。ですので、その翌月に発送されるというわけですね。

 

そして、自動車税の納付期限は5月31日です。

それまでに、銀行や自動車税事務所、各県の税事務所で支払いましょう。また、コンビニでも支払うことが出来ますよ。

 

ただ、自動車税の納付書が送られてくる時期と、納付期限には例外があります。

それは青森県秋田県です。この二つの県では、6月上旬に納付書が発送され、自動車税の納付期限は6月30日です。

 

時期がいつであれ、納付期限が土日だった場合は、前倒しではなく、次の平日まで持ち越されます。

 

自動車税を払い忘れるとどうなる?納税方法は?

本の上で話す人々

延滞金が発生!ただしすぐに払えば遅延金はかからない

自動車税を延滞してしまうと、延滞金というペナルティが発生します。

 

自動車税の延滞金には、年率があり、納付期限から1か月とそれ以降で年率が違います。

自動車税の延滞金の年率は以下の通りです。

 

納付期限~1か月 納付期限から2か月以降
自動車税の延滞金の年率 2.6% 8.9%

 

例えば、納付額が29,500円で3か月延滞すると

29,500円×8.9%÷365日×90日=647円です。意外に安いと思った方も多いのではないでしょうか?

 

また、自動車税の延滞金は1000円までは切り捨てられます。つまり、上のケースだと延滞金は発生しないということです。

 

こうやって書くと、延滞しても大した問題はないように見えますが、延滞することはリスクも伴います。

そのことを後で解説します。

納付期限を過ぎたらコンビニ払いできない?納付書を紛失した場合は?

自動車税の納付書には納付期限のほかに、コンビニクレジットカードでの取扱期限、つまり使用期限が記載されています。

納付期限を過ぎてしまっても、この使用期限が切れていなければ、自動車税を問題なく支払うことが出来ます。

 

しかし、使用期限も切れてしまうと、住んでいる市区町村の県税事務所に連絡して、自動車税の納付書を再送してもらうか、税事務所に直接出向いて支払う必要があります。

 

自動車税の支払いを延滞し続けていると、督促状が送られてきます。督促状が送られてくる時期は一定ではありませんが、5月末~7月だといわれていますね。

 

督促状が届いた場合は、督促状にしたがって、速やかに自動車税を支払いましょう。

督促状を無視していると、再度督促を送ってくれる自治体もありますが、そのうち差し押さえされる可能性もあります。

自動車税の滞納が続くと車検が受けられない!督促状を無視すると差し押さえも。

お金の負担

車検を受けるには納税通知書が必要

自動車税を延滞していると、車検を受けることはできません。厳密にいうと、車検自体は受けられますが、車検をパスすることが出来ません。

 

車検の際には納税通知書を提示することになっているので、これは当然ですね。

 

そして、車検に通っていない車で行動を走ることは違法です。もし、車検切れの車を乗っているところを捕まると、刑事罰の対象になります。

点数で言うと6点。さらに6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科せられます。

 

ここまでのリスクをとってまで、自動車税を延滞する必要がないですね。期限を忘れていたとしても、速やかに支払いましょう。

滞納から財産差し押さえまでの流れ

さらに、自動車税を滞納し続けていると、財産を差し押さえられることがあります。

 

差し押さえが始まる前に、必ず督促状が送られてきます。地方税法では「督促状を発した日から起算して十日を経過した日までにその督促に係る自動車取得税に係る地方団体の徴収金を完納しないとき」に差し押さえをすると記載されています。

 

つまり、差し押さえまでの流れとしては、

  1. 自動車税の払い忘れ
  2. 督促状が届く
  3. 督促状を送ってから10日経過後、納税がされていなければ差し押さえ

 

という風になります。

 

ただ、実際には差し押さえはここまで早くないとも言われています。

 

では、実際にはいつ差し押さえがされるのかというと、結論は「わからない」です。

これは考えてみれば当然で、差し押さえの日にちを公表したら、その日にちだけ財産を隠す人がいますよね。ですので、差し押さえの日程は非公表なのです。

 

 

今回は自動車税の滞納と、そのリスクについて解説しました。

少しぐらい滞納したところで、実際にはダメージは無いかもしれませんが、車検に通らなかったり、差し押さえのリスクがあったりと、そのリスクは決して小さくないものです。

 

ですので、自動車税はきっちり支払うようにしましょう。

 

個人が支払うその他の税金のスケジュールを知りたい方は以下の記事をご覧ください。