3人家族の生活費は平均いくら?世帯人数別の支出内訳

人生の矢印

3人家族のご家庭は、月々生活費がどれぐらいかかっているでしょうか。

 

現代では子供がいる世帯のうち、一人っ子だという割合は全体の4分の1にも上るといわれています。

 

現在、3人家族の世帯はもちろん、まだ子供がいない世帯にとっても、3人家族になった時に必要となる支出を知っておけば、今から準備ができると思います。

 

そこで今回は、3人家族の平均的な生活費・貯金額・世帯年収を全てまとめました。

 

ひとえに3人家族といっても、お子さんの就学状況(未就学児・小学校・中学校・高校・大学)によって、その時々に必要となるお金や母・父の年齢も変わってきます。

 

本記事では子供の年代別に各世帯の家計状況をご紹介しています。それぞれのご家庭の状況と照らし合わせて、家計のバランスを確かめてみましょう!

 

3人家族の平均的な生活費や支出割合は?子供の就学状況別まとめ

地球儀と1万円札 通帳と電卓

次に3人家族の、子供の就学状況別の平均年収と貯金額を見ていきましょう。

 

子供の就学状況 世帯年収 平均貯金額
2歳以下 602.8万円 281万円
未就学児 652.8万円 259.7万円
小学生 699.5万円 270万円
中学生 768.1万円 264.6万円
高校生 752.4万円 317.7万円
大学生・大学院生 817.2万円 352万円
全体 693万円 329.5万円

 

節約・貯金がうまくいかないご家庭は、ファイナンシャル・プランナーの無料相談もおすすめ

  • 毎月の家計収支がギリギリ。たまに赤字の月も。。
  • 家族のためにもっとパートの時間を増やした方がいい?
  • 貯金の必要性はわかっているけど、貯蓄に回す余裕がない・・・
  • 節約してるけど効果を実感できない。。

 

上記のような不安、お悩みを抱えている方は、プロのファイナンシャル・プランナーに無料の家計相談してみるのもおすすめです。

お金のプロであるファイナンシャル・プランナーと一緒に将来必要な貯金額や貯蓄方法を考えることで、根本的な家計改善ができます。

 

FP無料相談に興味がある方は、リクルートが運営している「保険チャンネル」がおすすめです。

 

日本全国のエリアに対応しており、厳選されたFPが皆さんの家計のお悩みに答えてくれます。

何度相談しても費用は一切かかりませんので、気になった方は、ぜひご家族で無料相談にいってみてはいかがでしょうか。

 

 

いずれにせよ、大切なのはそれぞれのご家庭のライフプランに合わせた家計管理をすることです。

 

家計の節約に努めるのも大事ですが、お子さんへの教育費はある程度自由に使えるように早めから準備しておこう、子供が幼い内は貯金に回す割合を増やそうといったように、タイミングに合わせて収入と支出のバランスを考えると良いと思います。

 

健全な家計を運営するためには、日常的にお金の流れを把握することが大切です。

 

生活費の管理ができていないと感じた方は、まず直近の収入と支出を細かく把握することから始めてみてはいかがでしょうか。