20代の平均貯金額!毎月いくら貯蓄に回すべき?賢くお金を貯めるコツは?

 

お金と時計

 

20代になると同世代の人たちが一体どれほど貯金をしているのか気になってきますよね。

今回は、20代の平均貯金額を男女別、独身と結婚・子持ち世帯別にご紹介します。

 

将来いざという時にお金が必要になった時のために今から計画的に貯金を進めていきましょう。後半では、効率的な貯金の方法についても解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

20代のうちに貯金癖をつけて、30代以降も豊かな生活が送れるようにしましょう!

 

POINT!

  • 20代の平均貯金額が分かる。
  • 20代の貯蓄額の中央値も分かる。
  • 毎月いくら貯金すれば良いかの目安も紹介!
  • 効率的な貯金方法を解説!

 

そもそも20代の平均年収はいくら?

国税庁が行った「民間給与実態統計調査」によると、20〜24歳の平均年収は258万円、25〜29歳の平均年収は351万円です。

 

20代全体の平均は304万円になっています。

 

この数字を頭に入れた上で以下では貯蓄額の話をしていきます!

 

具体的な手取り金額等を知りたい方は以下もご覧ください。

 

20代の平均貯金額を男性・女性別、独身・既婚別で紹介

結論からお伝えすると、20代平均貯金額は184万円です。

2016年に金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、20代の平均貯金額は184万円です。

 

184万円という数字は多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか。

 

「皆そんなに貯めてるの?」と焦った方もいるかもしれませんが、これはあくまで平均値。一部の多額な貯蓄保有者に全体の数値が引っ張られてしまうため、一般的な感覚とズレる可能性があります。

 

例えば、貯金1000万円の人が1人、貯金0円の人が3人いたら、平均貯金額は250万円ということになってしまいます。そこで、より実感値に近い貯蓄額を見極める指標として、「中央値」というものがあります。

 

中央値は、統計のデータを上から順番に並べて、ちょうど真ん中に位置する数値を指すので、大きな貯蓄額を保有している人がいたとしても、貯蓄額の平均部分にあたる数値を見ることができます。

 

そこで、以下では20代の貯金中央値を「独身」「既婚(夫婦・子持ち)」別で見ていきましょう!

年収別の貯金額の平均値・中央値【独身の場合】

次に単身世帯の20代年収別の平均値と中央値を見ていきます。

年収 平均値 中央値
300万円未満 52万円 0円
300〜500万円未満 158万円 75万円
500〜750万円未満 528万円 278万円
750~1,000万円未満 11,078万円 11,078万円
1,000〜1,200万円未満 1,000万円 1,000万円
1,200万円以上 0円 0円

出典:「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査) 平成30年」

表に違和感を感じた方も多いかもしれません。750万円以上の年収になると該当者数が少なくなってため、結果が個人の状況に大きく影響されています。こちらは参考程度に見ておけば良いでしょう。

 

年収300万円〜750万円の層の人の場合、給料が上がるほど、貯蓄の平均値・中央値も伸びています。

年収別の貯金額の平均値・中央値【夫婦・子持ちの場合】

上記の貯蓄平均額184万円は、収入状況が様々な人の貯蓄額をまとめて平均した数字なので、人によってはピンとこない数字だったかもしれません。

 

そこで、以下では20代年収別の平均値と中央値を見ていきます。

 

ご自身の収入状況に合わせて、その層の人はどれくらい貯金しているのか確認してみてください。

※この数字は二人以上世帯のものです。

年収 平均値 中央値
300万円未満 85万円 15万円
300〜500万円未満 283万円 111万円
500〜750万円未満 393万円 308万円
750〜1,000万円未満 51万円 51万円
1,000〜1,200万円未満 350万円 350万円
1,200万円以上 350万円 350万円

出典:「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査) 平成30年」

意外なことに年収が上がっても、それに応じて貯金額がのびているわけではありませんね。

 

20代の平均貯金額【男女別】

男女で貯蓄額に差はあるのでしょうか。

まずは、男女の年収差額を見ていきましょう。

【20代男女別の平均年収】

男性 女性 平均年収
20〜24歳 275万円 241万円 258万円
25〜29歳 383万円 309万円 351万円

出典:「平成28年度分 民間給与実態統計調査」

 

総務省によって行われた「男女、年齢階級別貯蓄の状況」によると、30歳未満の貯蓄現在高は男性が164万円、女性が144万円です。

 

男女によって、平均年収に差があり、それに応じて平均貯蓄額に少し差があるようです。

貯金0円の20代も半数以上いることが判明!

上記の統計から、なんと20代の45%は貯金がないという統計結果が出ています。

20代は収入が少ないことや社会人になり、モノを購入・所有したい欲が高い、遊び盛りの時期ということもあり、お金を貯めづらい時期なのかもしれません。

 

将来の成長や仕事のための自己投資・研鑽にお金を使うことは、貯金と同様大切なことですが、無駄な出費を抑えることは重要です。

 

結婚や子育て、マイホーム購入など大きな出費が予想される30代になる前に無駄な出費を抑えることや少しずつ貯金を行う習慣をつけることが大切です。

 

20代で500万円、1000万円を貯めてる人ってどれ位いる?

サラリーマン

20代独身で500万円以上貯めてる人は全体の5%、1,000万円以上はわずか1%!

単身世帯の20代で500万円以上貯めている人は全体の5%、1000万円以上貯めている人は全体のわずか1%です。

 

単身世帯の場合、家賃や電気代・ガス代・水道代・食費・携帯代・趣味に使うお金・交際費・ファッション費用などの出費を全て一人でまかなわないといけないので、500万円貯めるのにも一苦労ですね。

 

仮に毎月5万円の貯金をしても500万円貯めるのに100ヶ月、つまり8年以上がかかります。

20代既婚・子持ち世帯で500万円以上貯めている人は全体の約20%、1,000万円以上は4%!

続いて、二人以上世帯の場合を見ていきましょう。

単身世帯と比べて、20%という高い割合で500万円を貯金している人がいるようです。結婚家庭の場合、共働きで2人分の収入があることや将来のことを考えて計画的に貯金を始めているケースがあるので、これだけ高い割合になっていると考えられます。

 

また、1000万円以上貯めている人も全体の4%いるようです。

 

結婚している家庭の場合、出産・育児・教育費・マイホーム購入などが控えていることもあり、貯金に対する意識は単身世帯よりも高いといえそうです。

 

毎月手取り額のいくらを貯金へ回すべき?

目安は手取り額の10〜15%

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査) 平成30年」によると、「年間の手取り額からの貯蓄割合」は以下の表のようになります。

(※貯蓄には銀行預金に加えて、投資商品や積立保険なども含みます)

手取りから貯蓄に回す割合 出現率
5%未満 7.4%
5〜10%未満 10.5%
10〜15%未満 14.7%
15〜20%未満 4.0%
20〜25%未満 9.1%
25〜30%未満 3.4%
30〜35%未満 8.8%
35%以上 12.5%
貯蓄せず 29.7%

 

単身世帯の場合の手取り額からの貯蓄割合で多かった回答は、「貯蓄せず」(29.7%)、「10%〜15%」(14.7%)でした。

 

貯蓄せずと回答した人は全体の3割を占めています。

 

20代では手取りを貯金にまわす余裕がない、もしくは交際費などに多くのお金を出費するなど貯金をする習慣がないために「貯蓄せず」と回答した人が最多になっていると思われます。

 

貯金をしている層で最も多かった回答は、「10〜15%」です。この額は、みなさんも今すぐに実践できる現実的な数字だと思います。

 

毎月の手取りが30万円だとすると、月々3万円〜4.5万円が貯金に回すべき額になります。まだ、貯金をしていないという方は、上記の金額を目安にしていただけると良いでしょう。

 

次に、上記調査の二人以上世帯版では、「年間の手取り額からの貯蓄割合」は以下の表のようになります。

貯蓄割合 人数の割合
5%未満 7.5%
5〜10%未満 10.0%
10〜15%未満 22.5%
15〜20%未満 10.0%
20〜25%未満 12.5%
25〜30%未満 0.0%
30〜35%未満 7.5%
35%以上 7.5%
貯蓄せず 15.0%
無回答 7.5%

二人以上世帯の場合も回答のボリュームゾーンも「10〜15%」「貯蓄せず」でした。ただし、二人以上世帯の場合、「10〜15%」と回答した人が22.5%と最多回答になっています。

 

「貯蓄せず」と回答した人も15%いますが、単身世帯の場合と比較すると多くの人が貯金にまわしていることが分かります。

毎月の理想の貯金額

30代以降の結婚や子育て、マイホーム購入、子どもの教育・養育費などを考慮に入れると毎月手取りの20%以上を貯金にまわせるのが理想的です。

 

上記の調査結果から、20%以上を貯金にまわしている人も一定数いることが分かります。

 

まずは今日から少しずつ貯蓄習慣を身に付けることで数ヶ月後、もしくは数年後には達成できる数字だと思うので、ぜひ挑戦してみてください!

 

貯金ができない20代必見!効率的にお金を貯めるための5つのコツ

 

例えば、月の手取りが20万円、年2回のボーナスがあり1回につき30万円を受け取れる20代の会社員がいたとします。

月の手取りの20%を毎月貯金し、毎回のボーナスのうち10万円を貯金にまわすことで、年間68万円の貯金が可能です。

 

もちろん言うのは簡単ですが、実際に実行に移すのは非常に難しいですよね。

そこで、以下ではお金を貯める上で気をつけてほしいポイントを解説していきます。

①家計簿をつけて毎月の支出額を把握する

正確にいうと貯金方法ではありませんが、まずなかなか貯金できない人によくある特徴に、自分が何にどれだけお金を使ったかを把握できていないことがあります。

 

特に現在はクレジットカードや電子マネーで支払いすることが増えたことで、実際のお金の動きを把握しづらくなっています。

クレジットカードや電子マネーは便利ではありますが、お金を管理するという観点においては危険な側面もあります

 

これらを使う場合は特に、家計簿をつけ何にどれだけの支出をしたのかを把握しておいてください。

そうすることで、例えば、次の月には食費の支出をランチ代を削って○○円減らそうといったように具体的で実現可能性の高い計画ができるようになります。

②貯金用の銀行口座を開設する

貯金をする際、どこにお金を貯めるかも重要になってきます。

 

給料が支払われる口座と現金を引き出す口座、クレジットカードの引き落とし口座を一つに統一されている方が多いかと思います。

この場合だと、毎月4万円貯めるぞ!と意気込んでいても、貯金分のお金が口座にある以上は、予定よりも多くのお金をクレジットで支払ってしまう場合や欲しいものを見つけた時に衝動的に現金をおろしてしまう可能性があります。

 

貯金口座を作り、毎月そこに決まった額を振り込み、それ以外は一切手をつけないことにしましょう。

メインの口座には必要最低限のお金を入れ、使いすぎを予防しましょう。

③積立貯金(定期預金)をする

銀行で積立預金(自動積立定期預金)口座を開設することで自動的に一定額を貯金することができます。

毎月、給料などから一定額が定期預金として自動的に積立されていくというものです。

 

どの種類の定期預金やサービスを利用するかにもよりますが、積立されたお金を決められた日にちまで引き出すことができないという設定にすることも可能です。

どうしても自分一人では貯金ができない人にとってはおすすめの金融商品です!

④少額から資産運用を始めてみる

資産運用と聞いて、「一般人が投資で儲けるのは難しい」や「資産運用できるほどのお金がない」、「資産運用は賭け事のようなものだから危険」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

一口に資産運用と行っても、株式投資、投資信託、債権投資など様々です。

例えば、株式投資やFX、仮想通貨などはハイリスク・ハイリターンの資産運用ですが、債券投資などはローリスク・ローリターンです。

 

ローリスク・ローリターンもしくはミドルリスク・ミドルリターンの資産運用をすることで大きな額ではありませんが、高い確率で資産を増やすことができます。また、少額から投資できる点も魅力の一つです。

 

資産を増やせることに加えて、債券投資などの場合、投資するので、一時的に手元からお金がなくなり、お金を使いたくても使えない状況を作り出すことができます

 

⑤無駄な出費・浪費を避ける

最後に紹介することは最も基本的なことかもしれませんが、無駄な出費を避けるということです。

例えば、月1,2回居酒屋に行くのを控える、外食を月に数回減らす、服や家電、家具、化粧品などの消費財を買う際に「本当にこれは今必要なのか?」と問いかける癖をつけることで年単位で見ると、大きな節約ができるはずです。

 

衝動的な出費を抑え、本当に必要なものだけを買う癖をつけることで貯金が増えていくはずです!

 

 

ここまで、平均貯金額・中央値から多くの貯金をしている人の割合、具体的にどれくらいの貯金をすべきなのか、おすすめの貯金方法などを解説してきました。

 

多くの貯金ができるに越したことはありません。

とはいえ、なかなかできないのが現実ですよね、、

 

そこで、ここまで解説してきた貯金方法を参考にして、より多くの貯金ができるよう頑張ってください!