3人家族の食費の平均はいくら?今日からできる節約術を紹介

アイデアの源

みなさんは1ヶ月に使う食費をいくらくらいと計算していますか。

 

他の家庭の食費にかけるお金事情はなかなか聞きにくいので、ついつい体感ベースで金額を決めてしまいがちですよね。

 

そんな他には聞きにくい毎月の食費にかける金額を、今回は総務省の調査を元に発表していきます。

 

3人家族のみなさんは、自分の家計が平均と比べて高いのか、低いのかをしっかりチェックしてみてください!

 

また、仮に高いと感じて節約をしたいと思った方向けに、今日からでも簡単にできる食費の節約術も紹介していくので、合わせてチェックしてみてください!

 

3人家族の食費の平均は月7万円!1食あたりいくらくらいが適切?

買い物をする主婦

 

3人家族の食費平均は毎月7万円!子供が小さな家庭だといくらになる?

 

なかなか他の家庭が食費のどのくらいお金を充てているのかは聞きにくいですよね。

 

もちろん、年収やお子さんの大きさによって同じ3人家族でも食費にかけるお金の金額は変わりますが、ここではデータとして総務省の家計調査を参考に、世の中の3人家族の食費の平均額を算出していきます。

 

総務省のデータでは3人家族の1ヶ月の食費に関する統計はないためあくまで推定ですが、1ヶ月の3人家族の食費の平均額は、約50,000円と推定できます。

 

総務省の統計では、2017年の「家計調査報告」では、二人以上世帯の月間の食料費の平均は、72,866円となっています。

 

この統計での平均世帯人員数はおよそ3人となっているので、概ねこの金額が全ての3人家族世帯での平均と言えそうです。

 

では、お子さんが小さな3人家族の場合には食費はどのくらいだと適切なのでしょうか?

 

この場合には、お子さんにかかる食費を大人の半分と仮定すると、72,866円×2/3≒48,500円となり、おおよそ5万円程度であると良いイメージです。

 

一食あたりの食費は一人いくらが適切?実際に計算してみましょう!

では、一食あたりの食費は一人いくらくらいが妥当なのでしょうか!?

 

先ほど、3人家族の1ヶ月の食費の平均は72,866円であるとわかりました。

 

これを1ヶ月30日として割ってみると、家庭全体での1日の食費の平均額は、約25,000円です。

 

よって一人当たりに直すと、800円前後が3人家族の1日あたりの一人にかかる食費の平均額ということになります。

3人家族の食費の節約術!我慢なく・健康に食費を抑える5つのコツ

悩む女性

 

先ほどは、世の中の3人家族が一体月にどのくらいの食費を使っているのかをデータとしてみていきました。

 

中には、「どうやったら食費をそんなに抑えられるの!?」と驚いた方もいるかもしれません。

 

そこで、ここからは今日からでもできる食費を我慢や無理をすることなく抑える秘訣を紹介していきます!

①1週間で食費として使ってOKな金額をあらかじめ決めておく

いくらお金を使うかを決めずに買い物に出かけていくのは、実は非常に危険なことです。

 

買い物をする際には毎回予算をしっかりと決めましょう!

 

そのためにも、その月に食費としていくら使ってOKなのか、またその週にはいったいいくら使うのかなどをしっかりと把握しておくことが、食費の節約への第一歩です。

②買い物にいく日や回数を決めておく

予算が決まっていないことの他にも、ふらっと買い物にいってしまうことも節約をする上ではご法度です。

 

せっかく予算を決めても、なんとなく買い物に行ってしまっては予算が緩んでしまうきっかけになります。

 

そもそも買い物に行くにも手間がかかりますし、買い物で使う金額だけでなく、いつ行くのか、1週間でどのくらい買い物に行くのかをあらかじめ決めておきましょう!

③買い物に行く際には買い物リストを作成し、それ以上のものは買わないように気をつける

買い物に行くとあれやこれやと目にとまり、ついつい目的のもの以外のものも買ってしまいますよね。

 

でも、そうやって買ったものって結局使わなかったり、余って捨ててしまうことも少なくありません。

 

そのため、買い物に行く際にはあらかじめ買い物メモを作っておきましょう。

 

これによって、必要なものを買い忘れたり、反対にいらないものをついつい買ってしまうなんてことも防止することができるのです。

④使ったお金を記録する

これはやっている家庭がほとんどだと思いますが、しっかりと家計簿をつけることが重要です。

 

先ほど予算をしっかり決める、というお話もしましたが、そもそも決めた予算がゆるゆるだったら意味がありません。

 

毎月使った金額をチェックすることで、果たしてうちの家庭ではいくら食費に使うと十分なのかを後から検証する必要があります。

 

そのため、買い物予算の決定と買い物後の家計簿でのチェックは繰り返し行なっていく必要があります!

⑤賞味期限が切れてしまった食材や余らせてしまった食材の量を控えておく

予算を守って無駄なく購入したとしても、仮に食材が余って捨ててしまっているならば、まだまだ食費を節約する余地はあります。

 

これはかなり上級者向けのテクニックですが、自分の家庭で必要な食材の量をしっかりと把握しておくことが節約には重要です!

 

普段買っているお肉も300グラムではなく、200グラムでも十分だったとわかれば、それだけで無駄な出費を抑えることに繋がります!

贅沢を我慢するのではなく、日々の無駄遣いを徹底的になくすことを心がけましょう!

メモ帳

 

「節約」と聞くと何か変わったことをしなければならないのではないかと錯覚しがちです。

 

たまには外食をしたり、いい食材を使って料理をすることは全く問題ありません!

 

今回、皆さんに知っていただきたいのは節約の基本は、「我慢をすることではなく、なるべく無駄をなくすこと」なのです。

 

そのほうが精神的にも楽で続けやすく、食材を捨ててしまう機会も減らすことにも繋がる、いわば一石二鳥のやり方なのです。

 

これから冷蔵庫を開いて、使わなそうな食材が詰まっている方々は、特に上記の方法を実践するだけで、食費を節約することができるでしょう!