公共料金のクレジット払いのメリットは?口座振替とどっちがお得?

 

電気・ガス・水道等の公共料金をクレジットカード払いできることを知っている人は多くいらっしゃると思いますが、実際、公共料金のクレジットカード払いのメリットやデメリットがいまいちわからないという人は多いのではないでしょうか?

 

今回は、そうした方へ公共料金のクレジットカード払いのメリットやデメリットや「クレジット払いと口座振替ってどっちがお得?」という気になる情報を紹介しています。

 

実際、クレジットカード支払いには、現金支払いや振込、口座引き落としよりも便利な部分も多いです。毎月支払う公共料金。ぜひ本記事を参考にして、自分に合ったお得な支払い方法を選択してください。

 

 

公共料金のクレジットカード払いのメリットとデメリット!

 

メリットは?

  • ポイントが貯まる。

クレジットカードは使うことによりポイントが貯まります。

 

公共料金は毎月必ず払うものであるので、どうせならお得にポイントを貯めましょう!

 

  • 引き落とし日を合わせることができる。

公共料金を口座振替で個別に支払う場合は、それぞれの引き落とし日があります。

 

その点クレジットカード払いでまとめてしまえば、公共料金を含めた引き落とし日が同じ日になるので、お金の管理がしやすくなります。

 

  • 家計簿が書きやすくなる。

公共料金をクレジットカード払いでまとめると、利用明細書一枚で公共料金の支払いが確認できるので、家計簿が書きやすくなりますよね。

 

さらに、最近はクレジットカードと連動させて、自動で記帳してくれる家計簿アプリも登場しているので、公共料金をクレジットカードで払っている方はさらに楽ができます!

 

  • クレジットヒストリーができる。

これは公共料金の支払いに限ったことではないのですが、クレジットカードを使うことによりクレジットヒストリーができます。

 

クレジットヒストリーとは、その人のクレジットカードの使用履歴が記載されている情報で、ローンを組んだりするときに、今までクレジットカード利用料金の滞納がなかったかを確認するために参照にされます。

 

公共料金含め、クレジットカードを健全に使ってきた人は良い条件でローンを組みやすくなるので、そういう点も公共料金のクレジットカード払いのメリットと言えるでしょう。

 

デメリットは?

  • カードの利用限度額を圧迫する

当たり前ですが公共料金のクレジットカード払いをすると、カードの利用限度額を圧迫します。

 

普段は問題ないかもしれませんが、旅行や行事などクレジットカードで多額の支払いをする予定の方は注意が必要です。

 

  • 口座振替割引が受けられない

会社にもよりますが公共料金を口座振替することにより、料金を割引してくれることがあります。

 

公共料金をクレジットカード払いにするとその口座振替割引が受けられませんが、カード払いでもらえるポイントとどっちがお得か気になりますよね。

 

それでは口座振替とクレジットカード払いどちらがよりお得なのか、電気・水道・ガス、それぞれの場合で見ていきましょう!

公共料金の支払いは口座振替とクレジットカード払いはどっちがお得?

 

クレジットカードの還元率は会社によって異なりますが、今回は還元率1%として計算します。

電気代の場合

2016年の電力自由化に伴い、事業者を自分で選択することができるようになったのですが、今回は以下の各都道府県管轄の電力会社の場合を紹介させていただきます。

  • 北海道電力・東北電力・沖縄電力の場合

この3社は口座振替割引を実施していません。

従って、この3社を利用している方は、クレジットカード払いにしたほうが確実にお得ということですね。

 

  • それ以外の都道府県管轄の電力会社の場合

口座振替割引は一律で年間648円、月々54円です。

つまり、ポイント還元率1%のカードで支払う場合、月々の電気代が5,400円より大きいのであれば、クレジットカード払いにしたほうがお得ということですね!

 

水道代の場合

今回は主要都市の水道局の場合を紹介します。

  • 東京都水道局の場合

東京都水道局の口座振替割引も年間648円、月々54円です。

 

つまりこちらも月々の水道料金が5,400円より大きければ、クレジットカード払いした方がお得になりますね!

 

  • 札幌・仙台・名古屋・大阪・大阪・広島・福岡水道局など

こちらは口座振替割引を実施していません。

 

つまり、問答無用でクレジットカード払いにしたほうが良いということになりますね!

 

  • 上記以外の水道局を利用している場合

水道局の口座振替割引額はそれぞれかなり差があります。

 

そもそも口座振替割引を実施していない水道局もあるので、お住まいの地域の水道局に確認することをお勧めします。

ガス代の場合

  • 東京ガスの場合

東京ガスの口座振替割引は年間でこちらも648円、月々で54円です。

 

上と同じ計算方法により、月々のガス料金が5,400円より大きければクレジットカード払いにしたほうがお得というこということになります!

 

  • それ以外の各都道府県管轄のガス会社

東京ガス以外の各都道府県管轄のガス会社は口座振替割引を実施していません。

 

東京ガス以外の各都道府県管轄のガス会社を利用している方は、クレジットカード払いにしましょう。

 

口座振替とクレジット、結局どちらにすべき?

公共料金の支払いのうち、とそもそも口座振替割引を実施していない会社が多くありました。

 

会社やご利用金額によっても公共料金の口座振替とクレジットカード払い、どちらがお得か変わってくるので今一度見直すか、ご利用中の会社に問い合わせてみましょう。

 

クレジットカード払いのほうがお得だとわかったら、公共料金のクレジットカード払いのメリットはお得さだけではないので、すぐにでも変更することをお勧めします!

 

公共料金をクレジットカード払いに変更する方法は?

 

それでは公共料金をクレジットカード払いに変更する方法について解説します。

 

結論から言うと、公共料金のクレジットカード払いの申し込みは、インターネットで簡単にすることができます。

 

契約番号が記載されている紙があれば、パソコンやスマートフォンですぐに公共料金はクレジットカード払いに変更が可能です。

 

一つ注意が必要なのが、公共料金をクレジットカード払いに変更するとその公共料金の請求書や領収書は発行されなくなくなり、クレジットカード会社から届く明細書がのみが、唯一の紙に記載される公共料金となるということです。注意しましょう。

 

おわりに

 

公共料金をクレジットカード払いにすると様々なメリットがあることがわかりました。

 

ただ、お使いの電力・ガス・水道会社によっては、公共料金のクレジットカード払いよりも口座振替の方がお得な場合もありますので、現在の公共料金やお持ちのカードの還元率を確認してみましょう。

 

また、他にも生活で身近なもの、たとえば、新聞料金や受信料などもクレジットカード払いに対応しているので、クレジットカードで日々の支払いをお得にしましょう!