電気代、損してるかも?簡単に電気料金を安くする方法!

ヒント

 

もしあなたが、いまだに東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力、このいずれの電力会社で電気料金を支払っているとしたら、毎月かなり損しています。

 

これまで電気は、政府から認可を受けた各地域の電力会社だけが販売を許可されていたため、独占状態の市場では価格競争は起きず、私たち消費者は各地域の電力会社から言われた電気代を支払うしかありませんでした。

 

ところが、2016年4月1日より、「電力小売り全面自由化(電力自由化)」が始まり、各地域の電力会社以外にも、自分で契約する電力会社選べるようになりました。

 

これにより、ようやくいま電気料金の価格競争が起きており、契約会社を切り替えるだけで、簡単に電気代が安くなるようになりました。

 

電気の契約会社を切り替えるというと何かとても大変なイメージがありますが、全くそんなことはありません。むしろ、めちゃくちゃ楽です。

 

契約の切り替えと言っても、工事も不要で立会いなどもなく、ネットで切り替え申し込みをするだけで完結します。もとの電力会社に解約の連絡をする必要もなく、家の電気は今まで通りそのまま使えます。

 

家の外に設置されている電気メーターが古い場合は、メーターの交換が必要になりますが、これも立会い不要で、電気会社が勝手にやってくれるので、こちらが準備したり、立会い日を決めたりする必要はありません。

 

おそらく、実際やってみると驚くほど簡単に切り替えが完了し、拍子抜けすると思います。

たったこれだけで、毎月1,000円ほどの電気代の節約繋がる可能性があるので、やらないのは絶対に損です。

 

持ち家・戸建賃貸の方はもちろん、賃貸アパート・マンションでも契約切り替えは可能です。

 

一部、高圧一括受電契約をしているマンションのみ、残念ながらできません。

 

切り替え後に停電したらどうなる?新しい電力会社が倒産したら?

まとめ

電力会社の切り替えは初めてなので、色々と不安に感じる人もいらっしゃると思います。

今回はその中でも代表的な不安・疑問についてご紹介します。

 

電気の質が変わって、停電の原因にならない?

電気が家に届くまでの大まかな流れは

①発電所で電気を作り(発電事業者)

②その電気を電線で家まで送り(送配電事業者)

③その電気を買う(小売電気事業者)

といった感じです。

 

今回の電力自由化によって、切り替えるのは、あくまで電気の購入先である③小売電気事業者です。

 

電気を作る①発電事業者も、それを送る②送配電事業者もいままで通り変わらないため、電気の質に違いはありません。電気が送られてくる電線も、電所も、これまで通り同じものです。

 

そのため、③小売電気事業者を切り替えることが原因で、停電になることはないので安心して下さい。

 

全く同じ製品を安く売ってる店が隣にあるのに、あえて高い値段で買う必要はないですよね。電気も同じです。

 

雷などで周辺が停電した際に、停電復旧の対応は大丈夫?

雷などが落ちて、ご自宅の周辺一帯が停電になった場合の復旧工事ですが、この復旧工事はもともと電力会社(③の小売電気事業者)の対応範囲ではありません。

 

②の送配電事業者が復旧対応をしているため、停電復旧についても、電力会社を切り替えた家だけ復旧が遅れるとか、対応が別になるということもありませんので、安心して下さい。

 

切り替えた電力会社が倒産したらどうなるの?

参入している企業はどこも大手なので、倒産の可能性は低いですが、もちろんゼロではありません。

倒産するとなった場合、新たに電力会社を切り替える必要があります。

 

切り替えについても、今回と同様に簡単にできるので、安心して下さい。

仮に急遽倒産してしまった場合でも、セーフティネットが働き、新たに別の電力会社と契約を結ぶまで、送配電事業者が電力供給をしてくれることになってるので、ある日急に電気の供給が止まるということはありません。

 

保険ONLINE

新しい電力会社はどこが安くて、おすすめなの?

もともと全国に10しかなかった電力会社(東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力)ですが、2016年の電力自由化により、450以上までその数は増えています。

 

この中から、選ぶのは大変ですよね。そこで今回は、値引き率も高く、かつ電気代の値引き以外にも得点がある電気会社を紹介します。

 

このうちどこの電気会社に切り替えたとしても、間違いなく今より電気料金は安くなるので、すぐにでも切り替えることをおすすめします。

 

ソフトバンクユーザーは、電気代&携帯代もダブルで値引き!

※北陸電力エリア、九州電力エリアは対象外エリアです。


ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー・インターネットユーザーは、電気代が安くなるだけでなく、スマホ代や、インターネットの料金も値引きされる「おうちでんき」がおすすめです。

 

電気代が毎月1%値引き、加えてソフトバンク・ワイモバイルのスマホ・インターネット契約回線数×毎月100円が値引き適用されます。

 

例えばご家族でソフトバンク4台、インターネットもソフトバンクだと、計5回線分×100円で、電気料金値引きに加えて、毎月500円の値引きが適用されます。

 

スマホやインターネットの料金とまとめて支払えて利用料チェックがかんたん!

 

ご家族でソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合は、こちらをチョイスするのが一番お得です。

楽天カード持ってる人は、電気代安くなる&ポイント還元

※全国対応!



楽天カードを持っている人は、「楽天でんき」がおすすめです。

 

値引き率は、プランによって異なるので、一度サイト内の電気料金シミュレーションを使ってみてください。

 

毎月の電気代が安くなるのに加えて、申し込みで楽天ポイントが2,000ポイントもらえて、さらに毎月の電気料金に応じて、毎月楽天ポイントがもらえます

 

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

電気代5%安くなるのに加えて、年2回ジャンボ宝くじがもらえる!

※北海道、沖縄、離島以外のエリア対応



ドリームでんきは、電気料金が毎月5%安くなるのに加えて、年2回のサマージャンボ宝くじ、年末ジャンボ宝くじが、プランに応じて各5枚〜10枚プレゼントされます。

 

ソフトバンクユーザーではなく、楽天カードも持っていない方で、電気代を安くしながら、年2回のお楽しみがあるので、宝くじが好きな方にはオススメです。

 

連番かバラかも選べますし、送られてくる宝くじは、日本一有名な「西銀座チャンスセンター」の売り場で購入されたものです。

 

電気同様に、ガスの自由化にも対応しており、都市ガスも切り替えるのであれば、ガス料金も毎月5%やすくなります。電気同様に、ガスの質の違いはないので、安心してください。

 

【宝くじつき電気・ガスプラン】

 

とにかく電気代を安く抑えたい方はこちら

※全国対応



ソフトバンクの携帯代の値下げや、楽天のポイント還元などに該当しない方や、宝くじプレゼントに興味のない方、電気料金の値下げのみを求める方は、エルピオがおすすめです。

 

キャッシュバックがあったり、電気代の値下げ率だけで見ると、他の電力会社よりも割安になる可能性が高いです。

 

超格安電力サービス【エルピオでんき】

 

どの電力会社に切り替えても、今より電気料金は安くなります!

電卓とペン

もしまだ、東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力で契約している方は、早速契約切り替えをして、簡単に電気代の説客をしてしまいましょう!

 

通常こういった契約契約は、メリットとデメリットを比べながら判断するものですが、電気自由化による電気会社の切り替えについては、デメリットがなく、メリットしかないので、契約切り替えをしないのは、単純に毎月損をしていることになります。

 

家計のやりくりをして、毎月1,000円の節約するのは大変かもしれませんが、電気自由化の制度を使えば、数分のスマホやパソコン作業で年間1万円以上、しかもそれを毎年節約効果が期待できます。

 

まだ対応をしていない方は、ぜひ今からやってみてください。