4人家族の平均的な生活費はいくら?支出内訳は?

貯金箱

みなさんのご家庭では、毎月生活費はいくらかかっているでしょうか。

 

「思ったように貯金が出来ていない・・」「家計を支えるためにもう少し節約を頑張らないと」と感じている方もいらっしゃると思います。

 

特に子供2人を支える4人家族のご家庭では、住宅ローンの返済、子供の教育費、習い事代、毎月のお小遣い、固定資産税、自動車税の支払い、老後資金の貯蓄など、お金について考える機会が多いのではないでしょうか。

 

今回は、4人家族の毎月の「平均的な生活費・支出の内訳」と「上手な節約のコツ」をご紹介します。

 

本記事の情報をもとに、家賃や食費、水道光熱費、スマホやネット等の通信費、保険料などの固定費を見直すキッカケにしていただければ幸いです。

 

4人家族の毎月の生活費と支出の内訳は?

ブランコに乗る子供

4人家族の平均的な生活費

 

総務省統計局家計消費状況調査によると、共働き世帯とそうでない場合とで支出額に差はありましたが、4人家族の平均的な生活費は約32万円でした。

 

下記の支出内訳にも掲載しましたが、4人家族の住居費は約9万円でしたが、都心・都心近郊の家賃相場は東京では15万円ほどなので、東京での生活費は38万円前後が相場として見たほうがいいでしょう。

 

4人家族の平均的な支出内訳

食費 8万3000円(外食費1万7000円)
住居費 9万円(東京15万円)
自動車関係費 2万9000円
水道光熱費 2万1000円
通信費 1万7000円
保険料金 1万2000円
教育費 2万6000円
その他 4万2000円
合計 32万円(東京38万円)

 

次は、4人家族・共働き世帯の平均年収・支出・貯蓄額を子供の世代別にみていきましょう。

4人家族の収入と貯金は平均いくら?子供の年代別まとめ

ドル紙幣

全国消費実態調査のデータをもとに共働き世帯の平均収入・生活費・貯金額の内訳を子供の就学状況別にみていきましょう。

保育園・幼稚園の子供がいる家庭

項目(万円) 金額
年間収入 6,867,000
月収 452,175
生活費 397,529
貯金額 6,922,000

 

共働き・子供二人世帯、上の子が未就学児(保育園・幼稚園生)の場合、

  • 世帯年収 687万円
  • 毎月の支出合計 39.7万円
  • 平均貯金額 692万円

という結果になりました。

小学生・中学生の子供がいる家庭

項目(万円) 金額
年間収入 7,200,000
月収 498,974
生活費 378,470
貯金額 7,077,000

共働き・子供二人世帯、上の子が小学生または中学生の場合、

  • 世帯年収 720万円
  • 毎月の支出合計 37.8万円
  • 平均貯金額 707万円

という結果になりました。

高校生の子供がいる家庭

項目(万円) 金額
年間収入 8,063,000
月収 566,559
生活費 455,558
貯金額 9,590,000

共働き・子供二人世帯、上の子が高校生の場合、

  • 世帯年収 800万円
  • 毎月の支出合計 45.5万円
  • 平均貯金額 959万円

という結果になりました。

 

小学生・中学生世帯と比べると大幅に貯金額が増えたことがわかります。

 

大学進学を控えて、子供の教育費をしっかり貯蓄しようという傾向がわかりますね。

 

大学生の子供がいる家庭

項目(万円) 金額
年間収入 8,571,000
月収 593,657
生活費 560,965
貯金額 11,594,000

共働き・子供二人世帯、上の子が専門学生・大学生・大学院生の場合、

  • 世帯年収 857万円
  • 毎月の支出合計 56万円
  • 平均貯金額 1159万円

という結果になりました。

生活費の節約は固定費〜変動費の順で見直すのがコツ!

では、いざ生活費をしようと思ったら皆さんは何から手をつけるでしょうか?

 

食費の節約、レジャー費の節約、趣味を我慢するなど色々と思いつくかもしれませんが、一度に全てを行うのは大変ですしストレスが貯まるものです。

 

まずは節約効果の高い固定費の見直しから手をつけて、その後に変動費の節約に取り組むことをおすすめします

 

固定費とは、毎月・毎年など決まった金額を支出する項目のことで、変動費とは、毎月金額が変わってくる費用のことを指します。

 

生活費における固定費とは、

  • 住居費
  • 保険料
  • スマホ・ネット代
  • 自動車維持費
  • 水道光熱費
  • 習い事費

が主な費用として挙げられます。

 

これに対して生活費の変動費とは、

  • 食費
  • 日用雑貨代
  • 洋服費
  • 交通費
  • 交際費
  • 趣味代

などがあります。

 

食費や水道光熱費、レジャー代、趣味代、飲み代などの変動費は節約に取り組みやすい一方で、毎月常に意識をしなければいけません。

 

固定費は一度見直しすれば、毎月無意識に節約効果が継続ができます

 

そのため、これから節約を始めようと考えているご家庭は、まず固定費の見直しからスタートするのがおすすめです。

 

上記のポイントをおさえた上で、それぞれの項目の節約方法を見ていきましょう。

4人家族の生活費を抑える節約術を紹介!

ヒント・アイデア

4人家族の生活費を上手に節約するための方法をご紹介します。

①ローン借り換えや引っ越しで住居費の削減

住居費は家計の支出で大きな割合を占めるので節約効果大です。

 

既にマイホームを購入して、住宅ローン返済中のご家庭はローンの借り換えによって返済金額を安くできる可能性がないか探してみましょう。

 

賃貸住宅にお住まいのご家庭は、家賃相場の安いエリアへ引っ越しをしたり、家賃交渉をしてみても良いでしょう

 

もちろん引っ越しの際は、お子さんの学校や勤務先への通勤などの問題もあると思いますので、慎重にご検討なさってください。

②保険見直しで保険料の削減

毎月かかる保険料ですが、必要な保険はその時々のライフステージによって異なります。

 

そういった方は、改めて保険見直しをして、今の暮らしにあった必要最低限保険を見定めることで無駄な保険料を削減することができるかもしれません

 

また、同じ保障でも保険会社を変えれば、保険料が安くなることもあります。

 

保険見直しをする際は、複数の保険会社の商品を取り扱っている会社やファイナンシャル・プランナーに相談してみるのがおすすめです。

 

以下の記事で無料相談できるおすすめサービスをご紹介しています。

 

 

③レンタカー・カーシェアで自動車維持費を削減

マイカーはお金がかかることから、最近ではお子さんがいるご家庭でもレンタカーやカーシェアの利用が広がっています。

 

自動車の維持費には、自動車税、自賠責保険、車検費用、駐車場代、ガソリン代、整備費など安くはないお金がかかります。

 

自動車の利用頻度にもよりますが、レンタカーやカーシェアを活用した方が安く済むご家庭もあると思いますので、一度検討してみる価値はあると思います

 

マイカー・カーシェア・レンタカーの詳しい料金比較は以下の記事が参考になります。

 

④格安スマホへの切り替えで通信費を削減

毎月1万円〜2万円の通信費がかかっているご家庭も少なくないのではないでしょうか?

 

その通信費、格安スマホ・格安SIMに切り替えることで大幅に削減できる可能性があります。

 

以下に一般の携帯電話会社の契約と格安SIMの場合の携帯料金を比較しました。

 

例として、「通信量3GB・5分以内の通話かけ放題」プランを使っている場合、auからUQmobileに変更したらどれくらい安くなるのでしょうか?

 

結果としては、

  • auの場合・・・1年目月々3480円、2年目以降月々4480円
  • UQmobileの場合・・・1年目月々2138円、2年目以降月々3218円
  • 1台あたりの節約効果・・・月々1,300円、年間14,600円
  • 4人家族の内、3人が格安スマホにした場合・・・月々3,900円、年間46,800円

 

という結果になりました。

 

現在お使いのプランによっては、さらに月々の通信料を削減することも可能ですので、スマホ代が高いと思っている方は一度格安スマホのシミュレーションをしてみるのもおすすめです。
より具体的な方法を知りたい方は以下を参考にしてみてください。

 

⑤電力会社を乗り換えて電気代の削減

毎月かかかる電気代は、電力自由化に伴い、自由に電気会社を選べるようになりました。

 

電力会社を乗り換えることで電気代を安くすることができます。

 

電気会社によっては、携帯の契約とのセット割引、ガス会社のガス料金とのセット割引などがあります。

 

色々なプランを比較して最適な会社を見つけるといいですね。

⑥公共料金の支払いをクレジットカードにする

電気代を含め、水道代やガス代の支払い方法をクレジットカード払いにしてポイントを獲得することで、口座振替や現金払いよりも実質的にお得になる可能性があります。

 

利用している会社や毎月の利用料によって、口座振替での割引制度とクレジット払いのポイント還元どちらが節約になるか異なります。

 

しかし、4人家族であれば、だいたいの場合でクレジット払いの方が節約できるので一度確認してみるといいと思います

 

お住まいのエリアによってはクレカ払いに対応していない電気会社やガス会社などもあるのでそちらは注意してください。

 

詳細は以下をどうぞ。

 

⑦外食費を減らして食費の削減

日々の食費を減らすには外食の回数を減らすのが節約金額も大きいです。

 

ちょっと普段から外食が多いなというご家庭は外食を月2回までにするなど決めて取り組んでみるといいかもしれません。

 

⑧旦那さんのお小遣いを減らす

毎月、手取りの中から決まった金額を旦那さんに渡しているご家庭も多いと思います。

 

しかし、そのお小遣いもしかしたら他のご家庭よりも多すぎるかもしれません。

 

新生銀行グループが発表した「会社員・サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンの毎月のお小遣いは39,836円でした。

 

こちらは独身・既婚合わせた金額なので、既婚者になると3万円前半〜半ばが平均となります。

 

以下で年代別の平均お小遣い金額をご紹介しています。

 

⑨子供の習い事を減らす

子供の気持ちを応援したいという思いから色々な習い事に通わせているご家庭もあると思います。

 

しかし、家計を圧迫してまで習い事をさせてしまうのは考えもの。

 

ちょっと習い事費用が高すぎると感じているご家庭は、収入に見合った範囲内に抑えましょう。

 

参考までに、文部科学省「子供の学習費調査」によると、公立に通っているお子さんで幼稚園の時で月8,000円程度、小学校で月17,000円程度が平均になっています。

 

習い事は家計の収支バランスを考えながら、選ぶことが重要です。

 

家計の悩みはプロのファイナンシャル・プランナーに相談するのが一番!

  • 毎月の家計収支がギリギリ。たまに赤字の月も。。
  • 家族のためにもっとパートの時間を増やした方がいい?
  • 貯金の必要性はわかっているけど、貯蓄に回す余裕がない・・・
  • 節約してるけど効果を実感できない。。

 

4人家族のお金の悩みは様々です。

 

これからお子さんが大きくなるにつれて受験費や食費がかかったり、同時に夫婦の老後資金も貯めなくてはいけないなど、将来の不安もありますよね。

 

どうして収支がギリギリなのか、何の対策をすればいいかわからないという方は、一度、プロのファイナンシャル・プランナーに無料の家計相談してみることをおすすめします。

 

お金のプロであるファイナンシャル・プランナーと一緒に将来必要な貯金額や貯蓄方法を考えることで、根本的な家計改善ができます。

 

FP無料相談に興味がある方は、リクルートが運営している「保険チャンネル」がおすすめです。

 

日本全国のエリアに対応しており、厳選されたFPが皆さんの家計のお悩みに答えてくれます。

 

保険と入っていますが、保険だけではなく、家計診断・教育資金・貯蓄の方法・老後資金など幅広いお金の悩みを解決できます。

 

大手リクルートが運営しているので、個人情報の保護体制も安心。もし担当FPが自分と合わない場合は担当を変更してもらうことも可能です。

 

何度相談しても費用は一切かかりませんので、気になった方は、ぜひご家族で無料相談にいってみてはいかがでしょうか。