4人家族の平均的な生活費・貯金額はいくら?節約するためのコツは?

貯金箱

みなさんのご家庭では、毎月生活費はいくらかかっているでしょうか。

 

「思ったように貯金が出来ていない・・」「家計を支えるためにもう少し節約を頑張らないと」と感じている方もいらっしゃると思います。

 

特に子供2人を支える4人家族のご家庭では、マイホーム購入、子供の学費・教育費、老後資金の貯蓄など、お金について考える機会が多いのではないでしょうか。

 

今回は、4人家族の毎月の「平均的な生活費・支出の内訳」と「上手な節約のコツ」をご紹介します。

 

本記事の情報をもとに、家賃や食費、水道光熱費、スマホやネット等の通信費、保険料などの固定費を見直すキッカケにしていただければ幸いです。

4人家族の平均的な生活費・支出の内訳は?

ブランコに乗る子供

平均的な生活費

 

総務省統計局家計消費状況調査によると、共働き世帯とそうでない場合とで支出額に差はありましたが、4人家族の平均的な生活費は約32万円でした。

 

下記の支出内訳にも掲載しましたが、4人家族の住居費は約9万円でしたが、都心・都心近郊の家賃相場は東京では15万円ほどなので、東京での生活費は38万円前後が相場として見たほうがいいでしょう。

 

4人家族の平均的な支出内訳

食費 8万3000円(外食費1万7000円)
住居費 9万円(東京15万円)
自動車関係費 2万9000円
水道光熱費 2万1000円
通信費 1万7000円
保険料金 1万2000円
教育費 2万6000円
その他 4万2000円
合計 32万円(東京38万円)

 

4人家族の生活費を抑える8つの節約術

ヒント・アイデア

①支出の大幅削減に住宅費削減は必須

 

CHINTAIのサイトによると、東京のファミリー向け物件だと15万円くらいが相場になります。

 

横浜市であれば10万円前後が相場になります。支出を減らすためには支出の大部分を占める家賃から見直すことをオススメします。

 

引っ越すとなれば引っ越し費用などで一時的に費用はかかってしまいますが、住宅を東京から横浜に買えるといったことでも以上のように毎月5万円ほど支出を削減できます。

 

目安として、平均的な住宅費は手取りの25%にすると良いと言われています。

 

②4人家族の外食を減らして大幅に節約

 

食費8万3000円のうち外食費が1万7000円でした。

外食費1万7000円は家族で一人当たり1000円の外食を週に一回として計算した金額と同じです。

 

家族での外食を2週間に減らせば食費は8500円節約できます。普段の外食への意識を変えることもまた手段の一つです。

 

③レンタカーでお得にカーライフ

 

マイカーはお金がかかることから最近ではカーシャアの利用が広がっています。

 

しかし、支出をより抑えるためにはカーシェアよりもレンタカーの利用を検討してみましょう。

そこで、カーシェアとレンタカーの料金を比較してみました。

 

利用時間 6時間 12時間 24時間
タイムズカーシェア(ベーシッククラス個人プラン) 4020円 6690円 8230円
ニコニコレンタカー(Kクラス一般会員) 2400円 2700円 4100円

 

 

表を見て分かる通り、レンタカーであればカーシェアの半分の料金くらいで利用できます。

 

休みの週末の2日間、車を利用するだけという場合であれば、12時間のレンタカーの利用料金で月に2万1600円ですみます。

 

自動車の利用料金でも家計の支出内訳よりも月に約7000円節約できる計算です。

 

④電力会社を乗り換えると節約できる?

 

電力会社の電気代は会社ごとに料金に大きな違いは無いようです。

 

ただ、電力自由化により、色々な業界の会社が電力の販売に参戦することができるようになりました。

 

そのため、携帯会社なら携帯の契約とのセット割引、ガス会社のガス料金とのセット割引などがあるようです。

 

⑤格安SIMに変更して携帯料金を節約

 

「格安SIMって、話では聞くけど実際どれくらい安くなるの?」 そんな風に思っている方々は多いと思います。

実際に一般の携帯電話会社の契約と格安SIMの場合の携帯料金を比較しました。

 

通信量3GB、5分以内の通話かけ放題の場合、auからau系列の格安SIM提供会社のUQmobileの格安SIMに変更したらどれくらい安くなるのでしょうか?

 

auピタットプラン(スーパーカケホ)で契約した場合、1年目月々3480円、2年目以降月々4480円でした。

 

UQmobileのおしゃべりプランSの場合、初期費用3240円、1年目月々2138円、2年目以降月々3218円でした。ただし、SIMのみ購入の場合を対象として、3000円キャッシュバックキャンペーンを行なっており、実質初期費用0円のようです。

 

格安SIMへの変更で1台あたりおおよそ月々1300円は安くなるということがわかりました。

4人家族で携帯を3台所持するとなると、月々約4000円節約できます。

 

 

⑥ポイントカードやクレジットカードのポイント還元を有効活用

 

支出のうち、住宅費以外のものをクレジットカードを利用したら、どれくらいのポイントが貯まるのでしょうか?

 

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%。還元率が高いものであれば、1%以上のものもあります。

 

支出の内訳のうち、一般的な家庭の住宅費以外の支出は23万円でした。節約をして出費を20万円にして、残りの出費をクレジットカードで払ったとします。

 

還元率0.5%のカードの場合、2000円、1%の場合、4000円のポイントがたまります。

 

カード会社によってもポイントの利用方法は異なりますが、家電量販店の商品券やTポイントカードなど通貨の代わりとなるようなものと交換できます。

 

還元率1%のクレジットカードであれば、実質的に毎月4000円の支出削減をしているのと同じだけの効果があります。

 

⑦保険の見直しで節約

 

保険は基本商品とオプションがあり、不要なオプションを外せば保険料をやすくすることができます。

4人家族であれば、一人1000円ほど節約できれば、全員で約5000円ほど節約できます。

 

ご自身やご自身の家族のライフスタイルやライフイベントを考慮して、より最適な保険にするように見直すのも良いかもしれません。

 

⑧株主優待や株主配当で節約・投資

 

株を持っていれば株主優待で商品券をもらえたり、配当金をもらうこともできます。

優待とは、株式会社が株主に給付するもので、自社製品や商品券などがあります。

配当金とは利子のようなもので、企業ごとに株価のうちの一定割合の金額が毎年給付されます。

 

以下、10万円以下で買えるお得な優待がもらえる銘柄をいくつかまとめてみました。

 

・ヤマダ電機(9831)

 

株価:532円(1株)(2019年1月19日)
最低投資額:5万3200円 (2019年1月19日)
優待:優待券(500円/枚)(100株以上)

<3月末基準>2枚   1年以上:+3枚  2年以上:+4枚
<9月末基準>4枚   1年以上:+1枚

配当金:1300円(100株あたり)

 

上の表を見ながら、簡単にヤマダ電機の株主優待について説明します。

ヤマダ電機の株は2019年1月19日現在であれば1単位100株5万3200円で購入できます。

1単位100株なので、株価が532円でも100株〜しか購入できないので、5万3200円投資しなければなりません。

 

3月末時点でヤマダ電機の株を1単位持っていると、

ヤマダ電機で利用できる商品券500円分を2枚、総額1000円分、9月末に持っていると同商品券を4枚、総額2000円分もらうことができます。また、ヤマダ電機は家電だけでなく、生活用品も販売しているので優待券が利用しやすいと思います。

 

優待とは別に、配当金という利子のようなものが毎年1300円分給付されます。

 

つまり、株を持っているだけで年間4300円分のリターンをもらえるというわけです。

実質的に利率10%近いリターンがあるとも考えられます。

さらに、2年以上長期的に株を保有していれば毎年8300円分もらえるようにもなります。

 

これは、5年間ヤマダ電機の株を保有し続ければ、5万2100円とほぼ株の購入額ほどの利益をもらえる計算です。

 

当然ながら、優待や利子とは別に保有していたヤマダ電機の株を売却すれば、売却時の株価相応の資産は返ってきます。

 

すかいらーくホールディングス(3197)

 

株価:1824円(100株)(2019年1月25日)
最低投資金額:18万2400円(2019年1月25日)
優待:株主優待カード(3000円相当)×年2回(6月、12月)(優待利回り3.28%)(100株以上保有)
配当金:3800円(100株あたり)(配当利回り2.08%)

 

すかいらーくホールディングスの株を持っていると半年に一回、すかいらーくグループのレストランで使える3000円相当の食事券のような優待をもらうことができます。この食事券を年に6000円分もらうことができます。

 

イオンモール(8905)

 

株価:1794円(2019年1月25日現在)
最低投資金額:17万9400円(100株)
優待:イオンギフトカード3000円分(2月末日)
配当金:3800円(100株あたり)(配当利回り1.95%)

自身の生活用品の購入も、他人へのギフトの購入にもイオンモールの優待は使いやすいのではないでしょうか。

節約によって、4人家族の生活費はいくら削減できる?

都会の風景

東京で支出38万円で生活している場合、節約で生活費は以下のように削減できることがわかりました。

 

支出項目 節約前 節約後 節約できた金額
食費 8万3000円(外食費1万7000円) 7万4500円 -8500円
住居費 15万円 10万円 -5万円
自動車関係費 2万9000円 2万2000円 -7000円
水道光熱費 2万1000円 2万1000円 0円
通信費 1万7000円 1万3000円 -4000円
保険料金 1万2000円 7000円 -5000円
ポイント還元 0円 -4000円 -4000円
教育費 2万6000円 2万6000円 0円
その他 4万2000円 4万2000円 0円
合計 38万円 30万1500円 -7万8500円

 

節約額は住宅費が一番大きく、節約するにあたり、住宅費の節約が一番の課題であることが分かります。引っ越すことは簡単にはできないかもしれませんが、住宅費以外にも月に約3万円、年間約36万円の節約をできることがわかりました。

 

本記事の節約方法では、教育費など生活で欠かすことのできない項目からの出費を削減していません。なるべく生活の質を落とさずに節約する方法をまとめてきました。読者の方々が生活の中で実践できる節約方法があれば幸いです。

 

30代・40代・50代の平均貯金額は?【参考】

積み上がるコイン

総務省統計局の家計調査によると各年代の平均貯蓄額は以下の表の通りでした。

30代 40代 50代
平均貯蓄額 395万円 588万円 1128万円

 

ただし、これらは独身、夫婦二人暮らし、子持ち家族全てを合算した数字となっています。

 

子供がいるご家庭の平均的な貯蓄額が知りたい方は以下の記事もご覧ください。

 

おわりに

伸びをする女性

この記事では子育て世帯を想定して、4人家族の家計における支出項目とその金額、節約の仕方をまとめ、同様の世帯の平均的な貯金額などを合わせて見てきました。

 

節約方法やお金の増やし方などの具体例も挙げましたが、この記事を読んで頂いた方の中には何かしらまだ取り組んでいない節約方法があったのではないでしょうか?

 

本サイトでは、この記事で扱ってきた節約方法のより詳しい内容やこの記事では扱わなかった税金対策などのその他多くのお金に関するトピックを扱っています。

 

本記事に興味を持って読んで頂いた方には、「お金のカタチ」の他の記事も合わせて読んでみてください。