ホームセキュリティ比較ランキング!人気5社の料金まとめ

住まい

子供の安全や火災・水漏れ予防、空き巣被害、高齢者やペットの見守りなど、自宅の防犯対策が気になっている方は多いのではないでしょうか。

今回は、防犯対策におすすめのホームセキュリティサービスを徹底比較して紹介します。ここでは、各警備会社のマンション・一戸建ての料金プラン、買取・レンタル別の費用、特徴をまとめました。

一見、高額な費用がかかりそうなホームセキュリティサービスですが、実は月額数千円からリーズナブルに利用できます!

結婚・出産・住宅購入、親との同居、子供の就職などで防犯対策を強化したい方はぜひ本記事を参考にして、24時間265日、安心した生活を送ってください。

安心・安全な暮らしを実現!人気ホームセキュリティサービスまとめ

自宅を丸ごと警備してくれるホームセキュリティサービス。

大手警備会社が提供しているホームセキュリティサービスは、家全体にセンサーを設置することで、留守中に侵入者が入った時や火災を検知した時にガードマンが駆けつけてくれます。

また、1人で留守番中に異常が起きた際、すぐに通報するための緊急通報の機能もあります。自宅で急に病気・怪我をした時なども安心ですね。

まずはおすすめの人気ホームセキュリティサービスを一挙紹介します。

《ホームセキュリティサービス人気ランキング!》

次からそれぞれのサービスの具体的な料金プランなどをご説明していきます!

1位 SECOM(セコム)



ホームセキュリティ業界最大手のセコムは、契約数も日本一を誇ります。

全国拠点2,800ヶ所以上持っており、近くの拠点から24時間365日現場へ駆けつけてくれるのは安心ですね。

業界大手ということもあり、「料金が高いのでは?」と感じる方も多いようですが、実は、マンション・戸建て共にレンタルでは月額費用「4,600円〜5,900円」、買取では「3,000円〜4,500円」と非常にリーズナルブルな価格になっています。

また、契約前には、プロの防犯アドバイザーが自宅の防犯性診断・アドバイスをしてくれたり、セキュリティ機器の設置方法から使い方までわかりやすく説明してくれるので、安心して利用することができます。

工事料金や保証金はかかりますが、月額数千円で安心を買えるのは心強いですね。

《料金プラン例》

プランマンション戸建て
レンタル月額費用4,600円5,900円
レンタル初期費用工事料:30,000円

保証金:20,000円

工事量:49,000円

保証金:20,000円

買取月額費用3,000円4,500円
買取初期費用システム料金:165,300円システム料金:294,000円

SECOM(セコム)の評判・口コミ

【使ってみた感想】

  • ボタン一つでセキュリティ機能のON、OFFができるので非常に快適です。外出先から帰ってきたときも、玄関を開けると開錠操作をするよう音声で知らせてくれるのがありがたいです。私が在宅時に家族が間違ってセキュリティをONにして出かけてしまい、誤作動したことがありました。その時もすぐにセコムから電話があり、対応を教えていただけました。対応は落ち着いていて、とても安心できました。警備の人は定期的に町の見回りをされているそうです。(40代/チコさん)
  • 誤作動で警報が鳴った時もすぐにお電話を下さり、当日すぐに点検に来てくださいました。スタッフさんの対応も丁寧で、説明も分かりやすく、何かあればいつでもご連絡くださいと言ってくださり、とても安心感がありました。(30代/めいさん)
  • 費用だけ見れば他にもっと安いところもあったが、サービス内容や網羅しているエリア、対応の迅速さを総合的に判断して決めた。人数がいるのですぐに駆け付けてくれる可能性が高いと感じました。実際に使った事はまだないが、定期的にコンタクトを取ってくれるので、何かあった時に安心できると思っている。(30代/かかかさん)

【どんな家庭に『SECOM(セコム)』がおすすめか】

  • 家族が多い、少ないにかかわらず、入っていると安心です。特に留守がちな家、高齢者だけの家は加入をお勧めします。スタッフの対応が早いので非常に安心して暮らせるようになります。(40代/チコさん)
  • わが家は家族の生活スタイルがバラバラで家を空けることも多く、留守中に何かあったらという不安が少しでも解消されることがありがたいので、長く家を空ける機会が多い方、またはよくお出掛けをされる方などにはおすすめだと思います。(30代/めいさん)
  • 家にいる滞在時間が少ない人、出張が多い人にオススメです。安全警備は間違いないので誰でも気になる方はつけた方が安心です。何度も家に出たり入ったりする人は、ロックしたり解除したりするのが少し面倒かもしれません。(20代/keitaさん)
  • 共働きで子供がいる家庭におすすめします。侵入者の感知をしたらすぐ家に駆けつけてくれるので子供が小さく留守番する機会が多い家におすすめです。ボタンを押すだけで通報になるので、子供にきちんと教えておけばしっかり簡単に機能できます。(20代/チコさん)


2位 ALSOK(アルソック)



有名スポーツ選手のCMでお馴染みのALSOK(アルソック)は、セコムについで業界2位を誇るホームセキュリティ業者です。

一般家庭向けの防犯対対策から賃貸住宅向けサービス、高齢者向け通報システムまで利用者のニーズに合わせた多様なサービスを提供しています。

アルソックの最大の特徴は、リーズナブルな料金体系!初期費用0円からはじめられる0スタートプランはお手頃価格で多くの家庭で利用されています。

ゼロスタートプランは、通常ホームセキュリティ導入時にかかる機器費や工事費、保証金が一切かかりません。

その分、月額費用は若干高くなりますが、「初期費用はかけたくない・・!」という方には、非常におすすめのサービスです。

また、警備員の待機所は全国2,100ヶ所以上!いざという時に近くに待機所がある点も安心ですね。

《料金プラン例》

プランマンション戸建て
レンタル月額費用5,420円6,870円
レンタル初期費用工事費:35,000円工事費:53,000円
買取月額費用3,000円3,500円
買取初期費用工事費:35,000円

機器費:139,800円

工事費:53,000円

機器費:194,600円

0スタートプランマンション戸建て
月額費用6,010円7,760円
初期費用無料無料

ALSOK(アルソック)の評判・口コミ

【使ってみた感想】

  • 玄関のドア意外にも窓は全てセキュリティが、かかっているので安心感が違います。費用も他社に比べて安く大手ならではの保証もしっかりしていると感じます。問題が起こった時に駆けつけてくれるガードマンの到着も非常に早く助かりました。(30代/すずさん)
  • 休日でも連絡がすぐついて、大きな事案でなくてもすぐに駆けつけて対応してくれたのが良かった。居住しているマンションの駐車場に他の車が停まっていてどこの車かも分からず困った時も、ALSOKに連絡したらすぐ来てくれてその車の持ち主を特定、連絡して動かせてもらえて助かった。(50代/okaaさん)
  • 同業他社と比べてリーズナブルな値段設定が魅力的だった。ロックをして外出するのを忘れてしまったとき、ホームセキュリティが作動し、大きな警報音が鳴り響いてしまったようでした。そのときも、すぐに駆けつけてきてくれて、もしかしたら家の中で倒れているのかもしれないと、ドアを壊したりせず、まずは警察を呼んで対応してくれたことがありがたかったです。(30代/ゆいさん)
  • 定期的に状況を伺ってくれたり、近所の不審な状況があったら教えてくれたりしたので大変安心感がありました。アルソックのシールを玄関に貼っておくだけでも大きな効果があったかもしれません。(50代/せいざいさん)
  • 月の料金がそこまで高くなく、何かあるとすぐに駆けつけてくれる安心感があるからです。以前間違えて非常ボタンを押してしまった時も、嫌な顔せずに対応してもらえて嬉しかったです。拠点も多いので、呼び出してからすぐに来てくれるのもありがたいです。(20代/みやこさん)

【どんな家庭に『ALSOK(アルソック)』がおすすめか】

  • 小さい子どもがいる家庭やご高齢の方が居る家は付けとく方が安心だとは思います。また共働きで家を留守にする時間が長い家も狙われやすいらしいのでオススメです。セキュリティが万全だと居空き対策にもなるので安心だと思います。(30代/すずさん)
  • 一人暮らしの高齢者などのご家庭が挙げられます。とにかくすぐに駆けつけてきてくれる安心感が大きいからです。また空き巣や泥棒といった被害だけでなく、押し売りなどしつこい訪問販売にも対応してくれるところが嬉しいポイントです。(30代/ゆいさん)
  • 子どもがいる共働き家庭におすすめします。学校から帰ってきたあとしばらくの間子どもたちだけで家で過ごさせるのは、犯罪に巻き込まれたり、火事を起こしてしまうかもしれないと不安だと思います。もしそのようなことが起こっても、ボタン一つでアルソックが駆けつけてくれるので安心感があります。(20代/みやこさん)

3位 セントラル警備保障

セントラル警備保障は、業界3位のシェアを誇ります。

契約プランは、24時間365日留守中や在宅時の緊急事態までフルサポートしてくれるフルオンラインプランや外出・在宅でパトロール隊の対応が異なる在宅オンラインプラン、異常事態が起きた際に要請出動を頼むかどうかを選べる要請出動プランなどがあります。

下記には、色の間取りに合わせた料金例をご紹介します。

《料金プラン例》

プラン1LDK4LDK
レンタル月額費用4,800円6,000円
レンタル初期費用工事費:30,000円

保証金:20,000円

工事費:42,400円

保証金:20,000円

買取月額費用3,300円3,300円
買取初期費用機器費:122,000円

工事費:30,000円

機器費:204,500円

工事費:42,400円

セントラル警備保障の評判・口コミ

【使ってみた感想】

  • 思っていたよりも費用が安く、期待に見合った金額で助かります。キーを預けてあるので異常があったときすぐに駆け付けてくれるというのが頼もしいです。契約で腑に落ちないところがあり色々と聞いてしまいましたが、嫌な顔をせずに親身に対応してくれたスタッフの方にも感謝しています。(30代/ひろさん)
  • 価格に対して満足度が高いです。『セントラル警備保障』のプランはわりと事細かく別れていて、使用者が自分に合ったものを選びやすいのが魅力です。そして、そのホームセキュリティの使いやすさも好印象です。リモコンひとつで操作できるのは、気軽で良いと思います。(30代/きゅーすけさん)
  • 月額費用が安いにもかかわらず、充分満足できるプランがあります。問い合わせ時の対応説明も丁寧で明瞭明確でした。幸いまだ緊急事態時でのおせわになっておりませんが、「見守られている」感はあります。不在時でも出先から自宅の状態を把握できるシステムも便利だと思っています。(30代/てつこさん)

【どんな家庭に『セントラル警備保障』がおすすめか】

  • 共働きで子供だけで留守番させなければいけないご家庭や、ご主人の帰りが遅い方にもおすすめです。在宅警戒だけではなく、外出時もセットしておけばいつでも見守っていてくれます。設置がとても簡単だったので賃貸の方にも。(30代/ひろさん)
  • 年配の方が居る家庭に、私は特にオススメしたいです。ワンタッチのリモコン操作で行える点がお年寄り向けと言えるからです。付帯するサービスとして、無料の健康相談の電話サービスがあるのも魅力です。(30代/きゅーすけさん)
  • 留守中だけでなく在宅中の見守りも行っているので、高齢者や子供のいる在宅率の高い一般的な家庭にも向いていると思います。(40代/横溝正史ミステリ大賞さん)
  • ファミリー層にオススメします。お子様が1人で留守番する際も、万が一不審者が侵入した場合はボタン一つで駆けつけてくれるので安心です。また家族全員で長期旅行などで家を開ける際にも設定が出来るので安心して家を開けることが出来ます。(30代/まみむめももこさん)

4位 関電SOS

関電SOSは、関西(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県)エリアでホームセキュリティサービスを提供する地域密着型の会社です。

関西電力グループと警備会社・東洋テックが連携し、立ち上がった会社です。

近畿エリアでホームセキュリティを検討されている方には特におすすめ。防犯や不審者侵入の非常事態に備えた基本サービスにくわえ、防犯強化・火災・救急通報などのオプションプランがあります。

《料金プラン例》

プランベーシックプラン
レンタル月額費用5,400円
レンタル初期費用無料
買取月額費用2,900円
買取初期費用167,000円

上記のベーシックプランに加えて、各種センサー設置、SOS救急ボタンなどのオプションをシチュエーションに合わせて追加していくシステムになっています。

5位 全日警

全日警は、2006年からハッピーガードと呼ばれるご家庭向けのホームセキュリティサービスを提供しはじめました。

ライフスタイルや必要な保障に合わせた4パターンのプランからご自身にあったものを選ぶことができます。

簡素なプランからしっかりした対策をされており、シンプルでわかりやすいプランが特徴的です。

全国234ヶ所に拠点を持ち、防犯・火災・救急・監視などの基本サービスがらいます。

《料金プラン例》

プランかんたんプランおでかけプラン
レンタル月額費用2,900円4,100円
レンタル初期費用工事費:30,000円

保証金:20,000円

工事費:36,000円

保証金:20,000円

買取月額費用1,800円2,200円
買取初期費用工事費:30,000円

機器売渡料金:67,000円

工事費:36,000円

機器売渡料金:114,000円

プランいつでもプランみまもりプラン
レンタル月額費用6,500円5,300円
レンタル初期費用工事費:84,000円

保証金:20,000円

工事費:50,000円

保証金:20,000円

買取月額費用3,200円3,200円
買取初期費用工事費:84,000円

機器売渡料金202,000円

工事費:50,000円

機器売渡料金:129,000円

全日警のプランは、「かんたんプラン」「おでかけプラン」「いつでもプラン」「みまもりプラン」の4パターンがあります。

それぞれのプラン内容は下記の通りです。

  • かんたんプラン・・・緊急時の警備に限定したシンプルプラン。非常ボタンを押すと警備会社へ通報がいきます。
  • おでかけプラン・・・外出中の不審者の防犯に対応したプラン。
  • いつでもプラン・・・外出中および在宅中の防犯対策に対応したプラン。
  • みまもりプラン・・・一人暮らしのシニア向けプラン。

全日警の評判・口コミ

【使ってみた感想】

  • 仕事で家を空けることが多かったので、外出中の侵入に備えたプランにしました。何か心配事があって相談しても駆けつけてくれる対応が早いですし、逆に向こうも定期的に気にして連絡をくださる親切な対応が良いと感じました。(30代/そーすけさん)
  • 見積もりのために家に来ていただいたのですが、営業担当さんの説明が丁寧で不安な点をかみ砕いて教えていただけました。帰宅時に操作が分からず、緊急事態として通報されてしまったことがありました。その際もすぐに対応していただき、誤報だと伝えた際も本人確認などが念入りにあって、万一のことが起こっても安心できると感じました。専用操作盤も最初こそ操作に手間取りましたが、慣れると高齢者でも使いやすい仕様となっていて安心しています。(30代/なるせさん)

【どんな家庭に『全日警』がおすすめか】

  • 様々なプランが用意されていますので、幅広い年齢や家庭の状況に対応していただけます。オプションのプランもあり、一人暮らしやご高齢の方は特にお勧めです。何より、スタッフの教育がいきわたっていて、対応は抜群にいいので、そういうところも参考にして欲しいです。(30代/そーすけさん)
  • 一人暮らしをされているご高齢の方には特におすすめです。実際に使う際の操作も簡単ですし、セキュリティを入れることで本人も不安を軽減することができているようです。また、離れている家族もセキュリティがあることで安心できます。(30代/なるせさん)

【番外編】大手警備7社の資料を一括請求!ズバットホームセキュリティ



ホームセキュリティサービスは、求める保障や自宅の間取りに応じて、プランが変わったり、オプションがついたりするので、利用前に無料見積もりをしてみるのがおすすめです。

しかし、自分の場合だとどのホームセキュリティサービスが一番安いのかわからない!という方もいると思います。

そんな方は、大手警備会社7社のホームセキュリティサービス資料を一括請求できるズバットホームセキュリティを利用してみてはいかがでしょうか。

各社を比較することでご家庭にあったぴったりのプランが見つかると思いますよ。

一戸建て・マンションの防犯対策はなぜ必要?ホームセキュリティサービスの重要性とは

警視庁の犯罪統計データによると、侵入窃盗犯罪の内、一戸建てやマンションを対象とした「空き巣」「忍び込み」「居空き」などの犯罪は、なんと5割を占めます

ホームセキュリティ-1

参考:警視庁「平成30年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況)

住宅対象侵入窃盗の侵入口は、割合が多い順に以下の通りとなります。

  • 表出入り口・・・38.7%
  • 縁側・ベランダの窓・・・25.4%
  • 居室の窓・・・21.4%
  • その他の窓・・・10,0%

住宅を対象とした侵入・窃盗の内、もっとも多いのは空き巣で全体の40%を占めます。

これは就寝時を狙って侵入する忍び込みや昼寝中やテレビを見ている時など在宅中のすきまを狙って侵入する居空きと比べても高い数字です。

侵入手段としては、

  • 無締り・・・鍵の掛け忘れによる侵入手段
  • ガラス破り・・・窓ガラスを割ったり、こじ破る手段
  • 施錠開け・・・ドア錠を特殊工具を使って開錠する手段
  • ドア錠破り・・・ドアの隙間をバールなどで破壊する手段

等があります。

空き巣の場合、一戸建て住宅では、「ガラス破り」、中高層住宅(4階以上の住宅)では「無締り」が多く見られます。

以上のデータから、住宅の防犯対策の重要性がわかると思います。

そもそもホームセキュリティサービスの内容って?

ホームセキュリティのサービス内容をご説明すると大きく以下の3つに分けられます。

  1. 異常の感知・・・空き巣など侵入者の感知、火災の感知、在宅中の病気や怪我などの非常ボタンでの通報、ガス漏れ監視、老人の一人暮らしなどの安否見守り
  2. 緊急時の駆けつけ・・・ルートを事前に検証し、最適なルートで警備員が急行
  3. 補償制度・・・空き巣や火災被害がおきた時の補償制度。セコムの場合、現金・貴金属が50万円、家財200万円までの盗難保険、最大100万円まで支払われる災害見舞金が自動付保されます。

補償制度の免責金額など、詳しい条件は各警備会社に問い合わせてみてください。

また、他にも設置機器の電池切れや故障は、自動的に検知され、無償で電池交換・修理してくれるサービスもあります。

一般的には、基本プランに各種オプションプランを追加していく内容になっているので、家族構成や防犯対策したい内容など加味して必要なプランを検討してみましょう。

ホームセキュリティサービスの種類が多すぎる!選び方のポイント

いざホームセキュリティサービスを選ぼうとした時に迷うのが、どのホームセキュリティサービスにすればいいのか、ということではないでしょうか。

ここではサービスを導入する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

  1. レンタルか買取か
  2. サービスの利用期間はどれくらいか
  3. 解約金はかかるか
  4. 最寄りの発進拠点が家から近いか

それぞれ詳しく解説します。

ポイント①:レンタルか買取か

警備会社各社のホームセキュリティサービスは、基本的に「レンタル」と「買取」の2つのプランがあります。

簡単に特徴と違いを説明すると、

  • 初期費用が安く済む代わりに月額費用が高くなるのが「レンタルプラン」
  • 初期費用は高いが代わりに月額費用が安くなるのが「買取プラン」

です。

どちらのプランを選ぶかによって、警備の質が落ちるわけではないので、ご家庭の予算に合ったプランを検討してください。

ポイント②:サービスの利用期間はどれくらいか

買取プランとレンタルプラン、どちらの方が総額の支払いを安く済ませることができるか、という問題は、「サービスを何年利用するか」がポイントです。

細かい数字は、警備会社ごとに異なりますが、目安としてだいたい10年前後利用するのであれば、買取プランの方が安くなるケースが多いようです。

そのため、将来的に住宅を購入しようと検討している新婚世帯や近々家の売却を考えているシニア世代などでは、期間によってはレンタルプランの方が合っている可能性があります。

ポイント③:解約金はかかるか

また、サービス利用期間にも関係しますが、警備会社によって短期間での解約に違約金が発生してくるケースがあります。

例えば、セコムの場合は、初期契約期間が5年間で、それまでに解約をすると違約金が発生します。

違約金の金額は、契約時に決まることが多いので、こちらも注目してみてみると良いと思います。

ポイント④:最寄りの発進拠点が家から近いか

最後のポイントは、自宅から最寄りの発進拠点までの距離です。

どれだけ料金が安いプランでも、その警備会社の最寄りの発進拠点が自宅から30分かかるようでは、いざという時の警備としては不安が残ります。

もちろん、発進拠点が遠いところよりも近い方が万が一の時も安心です。

ホームセキュリティというと、セコムやアルソックの名前が出てくる方も多いと思いますが、これらの2社は、全国にガードマンの待機拠点を2,000ヶ所以上保有しています。

自宅から一番近い待機所は、Googleマップなどで警備会社名を調べたり、実際に問い合わせして確認してみましょう。

何から選べばいいかわからないという方は、まずはセコムとアルソックの大手2社の資料請求をしてみるのがおすすめです。

ホームセキュリティで家庭の安全を守ろう!

今回は、警備会社各社のホームセキュリティサービスを料金・特徴面から比較してみました。

お子さんが生まれたタイミングや高齢の親が一人暮らしを始める時など、ホームセキュリティはとても心強いものだと思います。

以前は、高額だったホームセキュリティもテクノロジーの発展などで月額数千円から利用できるリーズナブルなものになっています。

何か起こる前に、万が一に備えて早めに対策をしてみてください。

導入の際には、ご家族で必要な機能や求める条件を相談して、最低なプランを決めると良いですね!