母子家庭がもらえる奨学金!給付型と貸与型の違いとは?

ノート

母子家庭の多くでは、教育資金の準備ができずに奨学金を受け取って学校に通わざるを得ないケースが多くあります。

その反面、奨学金を巡っては卒業後の返済で苦しむ人が増えているなど、受け取った後の心配や不安が多く残っています。

 

しかし、奨学金の中にも返済が必要ないものや母子家庭だからこそ好条件で借りることができるものがあります。

今回は母子家庭世帯を対象に、オススメの奨学金について詳しく紹介していくとともに、奨学金の基本である給付型と貸与型の違いを解説していきます。

 

奨学金は2種類!給付型と貸与型って何が違うの!?

メモ帳

奨学金は大きく2つの種類に分かれています。

一つが「給付型奨学金」で、もう一つが「貸与型奨学金」と呼ばれるものです。

 

ここからは、それぞれの特徴や注意点などを詳しく紹介していきます。

給付型の奨学金とは

給付型奨学金の最大の特徴は、「返済の義務がない」ということです。

奨学金を利用することで大学や専門学校に通えるようになるのは良いですが、卒業後に返済にかなり苦労してしまうというニュースはしばしば報道されていますよね。

日本でメジャーな奨学金はこれから紹介する貸与型奨学金ではあるものの、返済が不要な給付型奨学金であれば、上記のようなトラブルや返済の過酷さをなくすことができます。

 

しかし、返す必要のない奨学金ですから、お金を出す側もしっかりと学校で学ぶ意欲のある学生にお金を出そうとします。

そのため、一般的には貸与型の奨学金よりも応募条件のハードルは高く設定されていることが多くあります。

 

また、支給される金額も貸与型奨学金に比べるとやや少額となっており、給付型奨学金のみで生活費や住居費、学費を全てまかなうことは厳しくなってしまいます。

貸与型の奨学金とは

貸与型奨学金とは給付型奨学金とは異なり、「将来的に返済する義務のある奨学金」となっています。

貸与型奨学金の中にもいくつか種類があり、利息があるものと利息のないもの、の2つがあります。

 

一般的には、利息がない奨学金の方が受給するための基準は高くなっています。

給付型奨学金に比べると、まとまったお金を調達しやすい反面、卒業後には奨学金の返済に追われてしまい、やりたいことがなかなかできなかったり、経済的に苦しくなってしまうなどの可能性は認識しておく必要があります。

 

母子家庭がもらえる奨学金を紹介!金額や対象となる学校は?

カフェ

ここからは、母子家庭の方が進学をする際に受けられる奨学金をいくつか紹介していきます。

毎月に支給額や対象となる学校の区分などを紹介していくので、ご自身に合ったものを探してみてください。

母子家庭がもらえる給付型奨学金

  • 全国母子寡婦福祉団体協議会 「ひとり親家庭支援奨学金制度」

 

この奨学金の対象となるのは、中学3年生や高校生、高等専門学校に通う学生です。

応募者の資格としては、母子家庭や父子家庭といったひとり親世帯であること経済的に厳しい状況であること品行が良く真面目な学生であることなどとされています。

 

月額の支給金額は3万円ずつで、この奨学金の大きな特徴は他の奨学金との併用ができるという点です。

この奨学金だけでは生活したり、授業料を完全にまかなうことは難しいですが、併用することができれば、経済的にはかなり楽になりますね。

 

ただし、これだけ好条件の奨学金なので選ばれるためには高い競争を勝ち抜く必要があります。

年にもよりますが、各都道府県から1名程度となっているので、真面目で勉強に励みたいという強い意志を持っている学生さんには大変オススメです。

 

  • 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)

日本学生支援機構の奨学金は日本でもっとも有名な奨学金ですよね。

貸与型の奨学金もありますが、実は給付型の奨学金も用意されています。

 

条件としては、住民税非課税世帯や生活保護世帯、または児童養護施設などのサポートが必要な学生とされており、支給額は月額2万円〜4万円となっています。

また、下宿をして自宅外から学校に通う場合にはプラス1万円が毎月支給されます。

 

  • 朝日奨学会奨学金制度

朝日奨学会の奨学金制度では、朝と夕方の新聞配達業務や集金などの仕事をすることで、入学金や授業料、施設費や運営費などを負担してくれる奨学金です。

また、それらにかかった費用が最低支給額を下回った場合には、卒業後にまとまったお金として支給してもらうことができます。

 

応募資格は成績や学校のレベルを問わず、基本的には誰でも受給できるというのが嬉しい点です。

また、優秀者には卒業旅行や図書カードなどもプレゼントしてくれるなど、コツコツ働いて教育資金を工面したいという学生さんにはぴったりの奨学金です。

 

  • 公益財団法人 電通育英会

指定の公立高校から、対象となる大学や大学院へ進学した学生を対象に支給される奨学金です。

 

大学生の場合には月額6万円、大学院生の場合には月8万円が支給され、当然返済の義務もありません。

また、学生のキャリア形成に役立つような講演会や、留学支援なども行なっているので、ハイレベルな大学を目指す学生の方はぜひチェックしておきたい奨学金の一つです。

 

母子家庭がもらえる貸与型奨学金

  • 一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会 「母子節寡婦福祉資金」

 

こちらは、高校三年生から一年生、および中学三年生を対象に毎月3万円程度を支給する奨学金です。

応募条件としては、学校の出席率が80%以上であること、受給期間中の30日以上の連続した休学や欠席は支給停止になるなどかなり厳しい条件が設けられています。

また、留年などをしてしまうと支給期間は延長されないため、経済的な負担は大きくなってしまいます。

 

しかし、地元の役所で簡単に手続きができることから、しっかりと学校に通うことのできるお子さんであればかなり受けやすい奨学金となっています。

 

  • 社会福祉協議会

 

各都道府県には社会福祉協議会という窓口があり、そこでは低所得世帯に対して教育資金の支援を行なっています。

「他の奨学金を申請したけれど落ちてしまった」「奨学金の支給までにお金がないと生活できない」などの臨時に事態に備えて支給がなされるのがこの奨学金です。

 

大学入学には月額6万5,000円が基本的には支給されますが、どうしても足りない場合には最大で9万7,500円まで増額ができます。

返済期間は14年間で、無利子での返済となります。

 

ただし、上記の母子父子寡婦福祉資金を利用する場合にはそちらが優先されるので、あくまで臨時のケースという認識を持っておきましょう。