薬学部の学費はいくら?授業料が安い大学ランキング(国公立・私立別)を公開!

お金と人と空

今回は、一般的に高いと言われている大学薬学部の学費に関する情報をまとめて紹介します。

 

薬学部は6年生のところがほとんどで、その分他の学部と比べると総学費は高くなります。もちろん、私立大学・国公立大学で学費が大きく変わってきますが、その金額はいくら位なのでしょうか?

 

また、国立・公立と私立のそれぞれで学費が安い大学も一覧しました。初年度納入金や授業料、6年間の総計がパッとわかるようになっていますので、ぜひご参考にしてください。

 

薬学部の学費は6年間でいくら?国立・私立・公立で徹底比較!

AとB

国公立大学の学費

国立大学

国立大学の薬学部の学費は六年間で約350万円であり、1年間あたりに直すと学費は約60万円となります。

国立大学の学費はどの大学でもほとんど同じになっています。

公立大学

6年制の薬学部を設置している公立大学は3つしかありません。

 

入学金・授業料は国立大学とほとんど変わりませんが、大学のある地方自治体に住んでいない人は住んでいる人に比べて、入学金が10~20万円ほど高くなっています。

 

具体的には、大学のある市または県に居住しているかどうかで入学金が異なります(県立なら県内、市立なら市内)。

私立大学の学費

私立大学の薬学科で6年間にかかる平均的な学費は約1144万円となっています。(参考:文部科学省 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について)

 

国立大学に比べると大学ごとに差が大きくなっていますが、1年間あたりにすると約190万円の支出となります。

 

薬学部の学費が高いのはなぜ?費用の内訳は?

はてなと二人の男性

学費が高い理由

薬学部は医学部医学科と同じように6年間通う必要があるので、単純計算をするだけでも他の学部と比べて1.5倍の学費がかかります。

 

また、薬学部には実習が多く、そのための設備も必要で、実習費・設備費などに多額のお金がかかり、教科書や専門書も高額なものが多くあります。

 

また、私立大学の薬学部は薬剤師などの国家試験合格を目指している生徒が多く、試験合格が難しそうだと判断した場合、翌年に受験を回すために留年するケースも少なくありません。

 

このように薬学部で留年してしまうと、本来かかる予定だった学費にさらに余分な学費を払う必要がでてきます。

費用の内訳

種別 費用
入学金 34.1万円
授業料 143.7万円
施設設備費 30.3万円
実験実習費 3.1万円
その他 7.8万円
初年度合計 219万円
月平均 18.25万円
次年度以降(×5) 184.9万円
在学期間合計 1143.5万円
在学期間の平均月額(72か月間) 15.8819万円

(「文部科学省 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」より

 

薬学部・学費が安い大学ランキング!国公立・私立別

家庭のお金

国公立大学

学費については、2019年度のものが出ている場合は2019年度のものを、出ていない場合には2018年度のものを参考にしています。

 

大学名 初年度納入金 2年次以降納入金 6年間総額
静岡県立大学(県内生) 68万円 54万円 352万円
岐阜薬科大学(市内生) 82万円 54万円 352万円
国立大学全般 82万円 54万円 352万円
名古屋市立大学(市内生) 90万円 54万円 360万円
名古屋市立大学(市外生) 100万円 54万円 370万円
静岡県立大学(県外生) 90万円 54万円 374万円
岐阜薬科大学(市外生) 104万円 54万円 374万円

 

私立大学

私立大学の薬学部全51校の学費データをご紹介します。

大学名 初年度納入金 2年次以降納入金 6年間総額
城西大学 263万円 209万円 939万円
金城学院大学 257万円 198万円 1008万円
星薬科大学 240万円 195万円 1113万円
日本大学 246万円 205万円 1117万円
新潟薬科大学 242万円 212万円 1132万円
立命館大学 242万円 232万円 1138万円
帝京大学 238万円 203万円 1143万円
東京理科大学 239万円 209万円 1152万円
慶応義塾大学 242万円 222万円 1158万円
東京薬科大学 234万円 195万円 1168万円
帝京平成大学 238万円 202万円 1170万円
昭和薬科大学 237万円 201万円 1170万円
愛知学院大学 236万円 222万円 1172万円
北里大学 266万円 206万円 1177万円
東邦大学 233万円 208万円 1177万円
就実大学 233万円 193万円 1181万円
明治薬科大学 233万円 201万円 1186万円
岩手医科大学 233万円 192万円 1186万円
九州保健福祉大学 197万円 211万円 1190万円
近畿大学 231万円 209万円 1190万円
徳島文理大学 薬学部 231万円 191万円 1193万円
徳島文理大学 香川薬学部 231万円 191万円 1195万円
広島国際大学 229万円 194万円 1198万円
福山大学 229万円 190万円 1199万円
摂南大学 228万円 193万円 1207万円
同志社女子大学 228万円 1208万円
兵庫医療大学 228万円 185万円 1209万円
京都薬科大学 227万円 180万円 1209万円
神戸学院大学 225万円 180万円 1215万円
東北医科薬科大学 225万円 184万円 1241万円
いわき明星大学 222万円 182 万円 1245万円
高崎健康福祉大学 221万円 192万円 1248万円
日本薬科大学 222万円 222万円 1248万円
北陸大学 220万円 198万円 1252万円
大阪大谷大学 219万円 179万円 1253万円
長崎国際大学 215万円 1253万円
姫路獨協大学 217万円 180万円 1272万円
千葉科学大学 217万円 213万円 1272万円
武庫川女子大学 208万円 200万円 1282万円
城西国際大学 1284万円
名城大学 210万円 190万円 1296万円
昭和大学 207万円 194万円 1302万円
安田女子大学 195万円 186万円 1307万円
福岡大学 207万円 210万円 1313万円
武蔵野大学 197万円 181万円 1329万円
鈴鹿医療科学大学 209万円 200万円 1352万円
崇城大学 195万円 188万円 1365万円
北海道医療大学 195万円 195万円 1402万円
第一薬科大学
国際医療福祉大学 178万円 166万円
奥羽大学 174万円 153万円
北海道薬科大学 178万円 193万円

国公立・私立の薬学部の違いは?

街並み

学生数

国公立大学の薬学部(6年制)の学生数はほとんどの大学が2桁なのに対して、私立大学の学生数(6年制)はほとんどの大学が3桁であり、学生数で違いが見られます。

 

また、国公立大学の多くは4年制の学生数の方が6年制よりも多くなっているのに対して、私立大学ではその逆となっています。

 

ここにも国家試験対策に力を入れる私立大学と研究者を輩出するために力を入れている国公立大学の特徴が表れていると言えるでしょう。

入試の難易度

一般的に国公立大学の方が偏差値は高く、合格難易度も高いです。

 

また、国公立大学の受験にはセンター試験の受験が必要なのに対して、私立大学の受験では必要がありません。

 

国公立大学では、6年制の薬学科で見ると、一番難易度が低いところでも偏差値57.5は必要(長崎大学、富山大学、徳島大学)です。

 

しかし、私立大学では偏差値が35.0の大学などもあり、学校によってバラつきがあることがわかります。

授業内容

私立大学の薬学部は国家試験の合格率を売りにしていて、6年後期など(時期は大学毎に異なります)に国家試験対策の授業を行うため、国公立大学に比べると国家試験対策に力を入れていると言えるでしょう。

 

反対に、国公立大学では国家試験対策よりも研究に力を入れているため、試験のためのサポートも少ない代わりに、国家試験に受かりそうにない学生を留年させるなどの措置が取られることも少ないようです。

 

私立薬学部を目指すのであれば、早めにお金の対策を!

空と人と家

ご紹介した通り、薬学部の学費は、国立で平均350万円、私立で1144万円となりました。

 

特に私立大学は6年合計で1,000万円を超える大学が大半です。もしお子さんが受験したいという場合は早めに受験費用・授業料の準備をしておきましょう。

 

奨学金などの利用を考えている方は以下も合わせて読んでみてください。