医学部の学費はいくら?国公立と私立ではどのくらい違う?


文部科学省の大学支援事業をめぐり、東京医科大学に便宜を図る見返りに、受験した息子を合格させてもらったとして受託収賄容疑で前科学技術・学術政策局長が逮捕され、話題になっていますね。

官僚が裏口入学を使ってでも息子を入学させたいと思う医学部ですが、実際の価値はどのくらいのものなのでしょうか?

現在、日本では医学部を出ずには医師免許を取得できないので、これは医者という職業の価値に直結しているといえるでしょう。

今回は、学費という点から、医学部を読み解いて行こうと思います。

大学生の奨学金の種類や違いを解説・返済金額の平均は? 

国立は一律53万円!私立大学は?

医学部を目指す受験生がまず目指すのが国立大学医学部合格だと思います。それもそのはず、国立大学は一律授業料53万5800円と後述の私立大学と比べれば破格の安さです。

 

公立大学は授業料は一律であるものの、その都道府県出身か否かで入学金が変動します。

大学名 授業料(年額) 入学金
京都府立医科大学 535,800円 282,000円(府民) 493,000円(府外者)
奈良県立医科大学 535,800円 282,000円(県民) 802,000円(県外者)
和歌山県立医科大学 535,800円 282,000円(県民) 752,000円(県外者)
福島県立医科大学 535,800円 282,000円(県民) 846,000円(県外者)
札幌医科大学 535,800円 282,000円(市民) 282,000円(市外者)
横浜市立大学 573,000円 141,000円(市民) 282,000円(市外者)
名古屋市立大学 535,800円 232,000円(市民) 332,000円(市外者)
大阪市立大学 535,800円 222,000円(市民) 382,000円(市外者)

医学部偏差値比較ランキングより

 

しかし、私立の医学部に比べればどれも安い!ということができる範囲でしょう。

 

さて、本題の私立医学部の学費を見ていきましょう!

私立医学部授業料ランキング

順位 大学名 学費6年総額 初年度学費(万円)
1 国際医療福祉大学 1850 450
2 順天堂大学 2080 290
3 慶応義塾大学 2199 383
4 日本医科大学 2200 450
4 昭和大学 2200 450
6 東京慈恵会医科大学 2250 350
7 自治医科大学 2260(実質負担額は0円) 500(実質負担額は0円)
8 東邦大学 2580 480
9 関西医科大学 2770 570
10 東京医科大学 2940 740
11 藤田保健衛生大学 2980 630
12 産業医科大学 3049(実質負担額は1130万円) 591(実質負担額は211万円)
13 大阪医科大学 3141 648
14 日本大学 3310 635
15 東京女子医科大学 3334 930
16 岩手医科大学 3400 900
16 東北医科薬科大学 3400 500
18 愛知医科大学 3420 820
19 聖マリアンナ医科大学 3440 690
20 東海大学 3500 640
21 近畿大学 3583 680
22 久留米大学 3620 920
23 獨協医科大学 3660 960
24 兵庫医科大学 3700 850
24 埼玉医科大学 3700※3 825
26 帝京大学 3750 892
27 杏林大学 3755 1005
28 福岡大学 3774 963
29 北里大学 3890 900
30 金沢医科大学 3950 1100
31 川崎医科大学 4550 1050

医学部偏差値比較ランキングより

 

やはり私立の医学部は安くても約2000万、高いところだと4000万円越えの学費となっております。

また、特徴的なのが、学費が安いところは偏差値が高く、学費が高いところが偏差値が低いという傾向があることです。

実力があればあるほど学費を抑えられるということですね!

お金に余裕がなかったら子供を医学部には行かせられないの??

もちろん、普通の家庭でも、子供を医学部に行かせることは可能ですが、あまりお金がない場合は「国公立限定」などと条件を付けて行ってもらうことが多いでしょう。

その場合は合格すればいいものの、国公立の試験は基本的に、多くとも前期、中期、後期の三回程度しかなく、落ちたら浪人か医学部以外の学部に進学してもらうよりほかなくなってしまいます。

それは結構リスキーで子どもの負担が大きくなりがちです。

そんな時に考えられる手段は

奨学金を借りる

・成績優秀者の学費免除を狙う

・医学部限定の奨学金、貸与を狙う

・地域枠の奨学金を使う

などがあります。医学部はお金の負担が大きいものの、勉強でも忙しくアルバイトなどでは補うとこが難しいため、特に奨学金周りは充実しています。

お金がないから医学部は無理だ……とあきらめてしまう前に一度じっくりと調べてみることをお勧めします!

 

予想外の出費も!?

ただ、医学部はやはり勉強も忙しく、進級判定が厳しいところが多いといわれています。

例えば必須科目1つ落とすだけでも留年になるなど、他学部と比較すると非常に厳しい進級制度が設けられていたりもします。

 

特に2年次からは基礎医学の勉強量が多くなり、進級判定が厳しい私立の医学部では2年次だけでも数十名が留年することも珍しくありません。

2年次以外でも、客観的臨床能力試験(OSCE)を受験する4年次、および国家試験を控える6年次は、試験に受からないと見込まれる学生は、合格率を下げないため、学校側が進級させないなどすることがあるため、留年率が高くなる傾向があります。

 

国立大学医学部であれば学費が安いため、留年はショックが大きいですが、1年や2年留年したとしても金銭的なダメージは少ないです。

しかし、私立大学医学部となれば一年社会に出るのが遅れるという損害だけではなく、年間500万円ほどの学費がのしかかってきます。

私立大学医学部に合格できたのに、留年を機に退学してしまう学生もいるほどです。

やはり、人の命を預かる職業である以上、進学には大きな覚悟が必要ですね!

河合・東進・駿台の浪人生の学費を比較!医学部はいくら? 

まとめ

いかがだったでしょうか?

もし、お子様や兄弟など、身近な人が「医者になりたい」と言い出したら、勉強の話だけではなく、お金の話も早いうちに腰を据えてしておいたほうがいいでしょう。

それが、入試合格では終わらない、医師への道の大きな手助けとなることでしょう。

ジェネリック医薬品はなぜ安い?デメリットはあるの? 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう