債務整理専門の弁護士が解説!初めて弁護士を利用する時の心構え

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉1

敷居が高くてなんとなく相談しにくい。。弁護士に対してこうしたイメージを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも自分の頭の中が整理されていない、無料相談に何を準備していけばいいか分からない等、初めての法律相談は戸惑うことが多いですよね。

そこで、今回は、債務整理・過払い金請求などの専門家である増山先生に、初めて弁護士を利用する際の心構えや、弁護士の選び方などを教えていただきました。

弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士 増山 晋哉 先生

大阪府豊中市出身。同志社大学法学部、神戸大学法科大学院卒業。平成21年9月司法試験合格。平成22年12月弁護士登録。

複数の弁護士事務所にて、債務整理事件、交通事故事件、個別労働紛争事件、などを担当した後、平成29年2月に磯上通法律事務所として独立開業。

平成30年2月、事務所移転に伴い、弁護士法人きわみ事務所へ商号変更。現在は、主に債務整理、過払い金請求などの解決に取り組んでいる。

弁護士の無料相談を有効活用するポイントとは

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉2

弁護士法人きわみ事務所の得意領域を教えてください。

債務整理や過払い金請求など、主に個人の借金問題に関する事案が多いですね。

あとは交通事故案件や債権回収、相続なども取り扱っています。

債務整理の場合の具体的なサポート内容は?

債務整理は、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの手続きがあって、ご相談者の方のご状況によっていずれかの手続きを行います。

任意整理は、裁判所を通さずに貸金業者等と返済金額や期間の条件などを話し合い、元金返済を約束する代わりに今後の利息を0円にしてもらうという手続きを行います。

自己破産は裁判所を通して行う手続きで、抱えていた債務の免責を受けられます。ただ、借金の理由がギャンブルや浪費といった場合は自己破産が認められないケースもあります

個人再生も自己破産と同じく裁判所を通しますが、任意整理と自己破産の間のようなイメージです。借金額を最大10分の1に減らすことができ、自己破産とは違い住宅を手放す必要がない点がメリットですね。

事案によって様々ですが、ざっくり分けると裁判所を通すか通さないかで手続きの期間は大きく変わってきます。

裁判所を通さないケースでは半年位で終わることもありますし、逆に裁判所を通す手続きだとトータル1年を超えることもあります。

弁護士の無料相談を利用するにあたって、何か準備などは必要でしょうか。

絶対にやらなきゃいけないというわけではありませんが、債務整理や過払い金請求に関していうと、ご自身の状況を客観的にまとめた資料があると解決までのスピードが早いです。

例えば、借金の借り入れ額はいくらか、何社から借りているのか。過去に借金を整理したことはあるのか、時系列でどのような借金履歴があるのか、なぜ借り入れしたのか、などですね。

状況が明確になっていれば、私たちとしても解決策を提示しやすいです。

多くの弁護士事務所では初回無料相談を行なっていますが、状況が曖昧だと、せっかくの無料相談を無駄にしてしまいます。

無料相談の時間を有効活用するという意味でもぜひ準備していただけると解決までのスピードが早いです。

感情的にならず、冷静に落とし所を検討することも大切

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉3

初めて弁護士を選ぶ際に覚えておいた方がいいことはありますか。

やはり相性は大事かなと思います。

これは、担当してくれる弁護士だけではなく、事務所との相性もあると思います。

というのも、実際に手続きが進んでいくと担当弁護士だけではなく、手続き関連で事務所の事務スタッフと電話で話す機会も多くあります。

その時に弁護士だけではなく、事務所としてきちんと話を聞いてもらえるかどうか、という点は大切だと思います。

また、弁護士費用も自由化されて事務所によってまちまちなので、怖がらずに費用面も質問して、少しでも懸念点があれば理解できるまで何度も聞くことも重要です。

弁護士に依頼する際に心がけておいた方がいいことを教えてください。

これは債務整理など借金問題に限らず他の案件にもいえる話ですが、自分の中での落とし所を決めておくことは時間的な面からもコスト的な面からも大切です。

弁護士に相談する時には多くの方が感情的になっていることも多いので、「絶対に裁判で相手を負かせたい」っていうこともあると思います。

ですが、裁判を通すと解決までの時間も長くなるので費用面でもどうしても高くなってしまう。

そのため、交渉や示談でも納得できるケースもあるのでは?と一旦冷静に考えてみることも重要です。

過去のことに感情的に固執するのではなく、前向きに考えて、自分はどこで納得できるのかを考えてもらえるといいかなと思います。

何を相談すればいいのか分からない、というご相談でも構いません

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉4

増山先生が弁護士としてやり甲斐に感じるのはどのような時ですか?

当事務所にご相談に来る方は借金など金銭関係の悩みを抱えた方々で、目の前の生活費に困っている方や、高い金利で苦しんでいる方が少なくありません。

なかなか人に相談できないような深刻な事情を抱え、なんとかこの状況を乗り越えようとして問い合わせをくださっているので、最後に「ありがとう」「助かりました」と言われた時はやはり嬉しいですね。

過去に遠方の方から過払い金請求のご相談があったことがあるんですが、その時はかなり大きな金額を取り戻すことができて、わざわざ事務所までお越しいただいて、お礼の品をいただいたこともあります。

最後に読者の方々に一言アドバイスをお願いします。

弁護士というと敷居が高いと感じる方も多いと思いますが、ぜひ気軽に相談しにきてもらいたいと思います。

地域に根ざした弁護士事務所がいいなら、近くの事務所を探して実際に会いに行くのもいいですし、最近では新型コロナの影響で無料相談自体をオンラインで実施する事務所も増えてきています

当事務所もオンラインでの無料相談をしておりますので、拠点は大阪と東京だけですが全国各地からの相談に対応可能です。

ご自身がどういった課題を抱えているかさえはっきりしていれば、何を相談すればいいのか分からない、というご相談でも構いません。

深刻な状況になる前に早めに相談いただけると解決手段も多く提示できます。当事務所に限らず、お困りの場合は早めに専門家に相談してみてください。

弁護士法人きわみ事務所

HP:https://kiwami-kabarai.com/

東京オフィス:東京都千代田区神田富山町5-1 神田ビジネスキューブ5階

大阪オフィス:大阪府大阪市北区東天満1-10-14 MF南森町2ビル11階

電話番号:0120-763-038

暮らしに役立つお金の情報を毎週1回無料でお届けしています!

プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください