柳田悠岐の年俸推移!球団史上最高額獲得までの道のりとは

バッター

2018年、2度目の首位打者と最高出塁率を達成しさらには自身初となる100打点をあげた柳田悠岐選手!

 

しかも2019年の契約更新では球団史上最高額の年俸を達成!

 

今回は18シーズン素晴らしい活躍を納めた柳田悠岐選手の年俸の推移についてプロ一年目から紹介します。

 

また、セ・リーグ、パ・リーグ全体の年俸ランキングも合わせて記載しております。柳田選手はいったいいくら貰っているのでしょうか?

柳田悠岐の年俸推移をプロ入りから現在まで一挙紹介!

野球スタジアム

 

柳田選手は、広島経済大学に在籍時に、ドラフト2位でソフトバンクから指名されました。当時の契約金は7000万円、年俸は1200万円でした。

 

そんな柳田選手の年俸の推移は以下のようになっています。

年度 入団 年俸
2019 9年目 5億7000万円
2018 8年目 5億円
2017 7年目 2億6000万円
2016 6年目 2億7000万円
2015 5年目 9000万円
2014 4年目 3200万円
2013 3年目 1800万円
2012 2年目 1200万円
2011 1年目 1200万円

柳田選手の今期の年俸は5億7000万円で、歴代球団史上最高額を更新しました!

 

これまでのソフトバンクの球団最高額は、平成唯一の三冠王を達成し、NPB史上初3年連続120打点達成した松中信彦選手、日本代表で4番を務めメジャーで活躍した城島健司選手の5億円です。

 

野球界を代表する二人の記録を超えた事からも、柳田選手のすごさが伝わりますね。

 

今季は球団史上最高額5.7億円!セ・パ全体でのランキングは?

ベースボール球場

2019年プロ野球(NPB)年俸ランキングTOP10

球団史上最高額に達した柳田選手ですが、セ・パ全体では何位なのでしょうか?

 

2019年セ・リーグ、パ・リーグを合わせた年俸ランキングTOP10を表にまとめて紹介します。同率6位の選手が5人いる為、6位から紹介になります。

順位 選手名 所属チーム 年俸
6位 松田宣浩 福岡ソフトバンクホークス 4億円
6位 内川聖一 福岡ソフトバンクホークス 4億円
6位 糸井嘉男 阪神タイガース 4億円
6位 鳥谷敬 阪神タイガース 4億円
6位 筒香嘉智 横浜DeNAベイスターズ 4億円
5位 山田哲人 東京ヤクルトスワローズ 4億3000万円
4位 丸住浩 読売ジャイアンツ 4億5000万円
3位 坂本勇人 読売ジャイアンツ 5億円
2位 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス 5億7000万円
1位 菅野智之 読売ジャイアンツ 6億5000万円

 たくさんのスター選手を抑え、ソフトバンクからは3名もの選手がランクイン!そして柳田選手は2位です!

歴代プロ野球年俸ランキングTOP10

現在の年俸ランキングについて紹介しましたが、歴代で最も稼いだ日本プロ野球選手は誰なのでしょうか!?

それでは、早速ランキングをみていきましょう!

順位 選手名 当時の所属チーム 年俸
10位 城島健司 ソフトバンク 5億円
10位 中村紀洋 横浜 5億円
10位 松中信彦 ソフトバンク 5億円
10位 ダルビッシュ有 日本ハム 5億円
10位 杉内俊哉 巨人 5億円
10位 坂本勇人 巨人 5億円
9位 イチロー オリックス 5億3000万円
8位 金本知憲 阪神 5億5000万円
7位 柳田悠岐 ソフトバンク 5億7000万円
4位 阿部慎之助 巨人 6億円
4位 黒田博樹 広島 6億円
4位 金子千尋 オリックス 6億円
3位 松井秀喜 巨人 6億1000万円
1位 佐々木主浩 横浜 6億5000万円
1位 菅野智之 巨人 6億5000万円

 

柳田選手は歴代7位ですが、2019年の契約更改により歴代TOP10に名を連ねた選手が3名もいます!大型契約が続いたことがわかりますね!

 

柳田悠岐のこれまでの活躍・成績は?

バッティング

高校時代からプロ入り5年目まで

柳田選手は広島商高校出身です。現在では年間30本塁打を打つ柳田選手ですが、高校時代は今と違い、体が細く高校時代の通算本塁打は11本でした。

 

チームも甲子園に出場することがきず、野球は高校で辞めようと考えていたそうです。

 

しかし、当時の監督に後押しされその後広島経済大学へ進学。大学進学後は、1年生の秋からレギュラーとして活躍し、広島六大学野球リーグで首位打者とベストナインを獲得。

 

その後は2010年のドラフト会議で2巡氏名を受けるのですが、当時のソフトバンクは、当初ドラフト2巡目に、西武ライオンズの秋山翔吾選手を氏名する予定だったそうです。

 

しかし王貞治球団会長から氏名候補の中で『誰が一番打球を飛ばすのか?』という問いかけに「柳田です」と答えた結果、急遽、2位指名を秋山から柳田に変えることになりました。

 

プロ一年目は開幕一軍で迎えることはできませんでしたが、一軍出場は果たし、3年目にはシーズン初の二桁本塁打を達成!そこからは毎年二桁本塁打を記録しています。

 

そして2014年には念願の打率3割ごえを迎え、そして2015シーズンには流行語にもなった、トリプルスリーを記録し、日本トップクラスの打者になりました!

年俸億越え!プロ入り6年目から現在まで

トリプルスリーを達成した6年目からは年俸が億越え。その後も17年のオフでは、柳田選手の活躍ぶりをみて球団から『ずっとホークスでプレーしてほしい』と、3年総額12億円プラス出来高の複数契約を提案。そしてそれに合意しました。

 

柳田選手もソフトバンクに対してこのようにコメントしています。

無名の選手を2位で指名してくれた。バットにボールが当たらない選手を1軍で使ってくれた。感謝してもしきれない。(契約を結んだ)3年間、しっかりとホークスのために、全部日本一になるために頑張る。

 

その後2018年には、もう一度優勝するために選手会長も勤め、打率.352で首位打者に輝き、自身初となる100打点もマーク。本塁打も36本放つ好成績を残し、有言実行しました。

 

はたして今シーズンの柳田選手はどうなるのでしょうか?活躍によっては年俸もさらに高くなるかもしれませんね。2019年も柳田選手の活躍に目が離せません!