メッシの年俸は世界一!?破格の金額を時給換算してみた!

soccer

サッカーを知っている人も知らない人でもメッシ選手の名前を聞いたことがない方はいないでしょう。

 

現代サッカーにおいて圧倒的な実績と実力を備えているのがアルゼンチン代表・リオネル・メッシ選手です。

 

世界的に有名な選手ですから当然、年俸も凄まじい金額を手にしています。

 

そこで今回は、世界を代表するサッカー選手であるリオネル・メッシ選手の年俸や時給に換算するといくら稼いでいるのか、またサッカー界の年俸ランキングも合わせて紹介します!

 

リオネル・メッシの年俸はいくら?時給計算にしてみると?

メッシ選手の年俸はサッカー界でのトップの金額であるとされています。

 

その金額は、「フットボール・リークス」という欧州サッカーメディアによると、135億円にものぼるものとされています。これはサッカー選手の年収としては世界一、スポーツ界全体でみても2018年度はメイウェザーに次ぐ第2位の金額になります!

 

 

やはり世界的なトップ選手ともなると想像もつかない金額の年俸が設定されているのですね。

 

これに加えて、メッシ選手はスポーツメーカー・飲料メーカーなどと専属のスポンサー契約を結んでいます。

 

メッシ選手が着ている物だったり飲んでいる物となると私たち消費者も大きく興味をそそられますし、広告塔としても絶大な影響力を持っています。

 

そのため、CMやポスターでもメッシ選手を目にする機会は多くあります。

 

サッカー本業での年俸に加えて、メッシ選手にはこうしたスポンサーからの契約料として年間30億円程度が支払われていると言われています。

 

ですから、本業のサッカーとスポンサー収益を合わせると、年間で165億円にものぼる収入を得ていることになりますね!

 

メッシの時給は一体いくらになるか実際に計算!

 

では、メッシ選手は時給換算するといくらくらい稼いでいるのかざっと計算して見ましょう!

 

年収165億円だとして、メッシ選手が日本のサラリーマンくらい働いているとすると時給はいくらになるのでしょう?

 

サラリーマンの年間の労働時間は、おおよそ2000時間と言われています。

 

ですから単純計算で、メッシ選手が日本のサラリーマンと同じだけ働いているとすると、時給は

 

165億円÷2000時間=825万円

 

なんとたった1時間で、日本人の平均年収を余裕で超える金額を稼いでしまうのですね。

 

では、メッシ選手は1秒でいくら稼いでいるのでしょうか?

 

時給計算ではあまり実感がわきにくいので秒給を計算してみます。

 

時給がそのまま300万円とすると、1時間は3600秒なので、

 

300万円÷3600秒≒800円

 

と計算されました。

 

つまりメッシ選手は1秒で普通のアルバイトの1時間分ほどの給与を得ているのですね。

 

そう聞くとそれほどメッシ選手の年俸が身近に感じられるのではないでしょうか!?

 

とはいえ、逆をいえば、メッシ選手の労働価値はアルバイトの3600倍ともいえるので、結局のところいかに途方もない金額かが分かりますね。

 

2018年シーズンのサッカー選手の年俸ランキングトップ10を紹介!

football

では、ここからは2018年シーズンの年俸ランキングを見ていきます。

 

ここで紹介するデータはスポーツ系メディアのSPAIAというサイトの数字に基づいています。

 

第1位 リオネル・メッシ 60億円

第1位には、先ほどからもご紹介しているように、FCバルセロナに所属するリオネル・メッシ選手がランクインしました。

 

選手キャリアとしてはバルセロナ一筋で、彼なしにバルセロナのサッカーを語ることはできないほど、なくてはならない存在です。

 

第2位 ネイマール 47億円

ブラジルのサントスFC、スペインのFCバルセロナを経て、270億円とも言われる大型の移籍金によって、フランス・リーグ1のバリ・サンジェルマンへと移籍しました。

 

年俸はメッシにつぐ第2位で、ブラジルワールドカップでは怪我に泣いたものの、リオデジャネイロ五輪では見事母国を優勝に導くなど、メッシやクリスティアーノ・ロナウドに並ぶ世界的なスターでもあります。

 

第3位 オスカル 32億円

第3位には、中国の上海上港に所属するオスカル選手がランクインしました。

 

かつてはイングランド・プレミアリーグの名門チェルシーFCやブラジル代表としても活躍しましたが、現在では中国スーパーリーグに所属しています。

 

第4位 ラベッシ 30億円

メッシと同じアルゼンチン代表としても活躍し、イタリア・セリエAのラツィオという古豪に所属していました。

 

現在では、オスカル同様中国スーパーリーグの河北華夏というクラブに所属し、破格の待遇を得ています。

 

第5位 クリスティアーノ・ロナウド 28億円

第5位にはクリスティアーノ・ロナウド選手がランクインしました。

 

世界的に有名な選手でありながら、意外にも第5位という結果も驚きですね。

 

今期は長年活躍したスペイン・リーガエスパニョーラのレアル・マドリードを離れ、イタリア・セリエAの名門ユベントスへと移籍しました。

 

第6位 フッキ 26億円

第6位にはオスカル選手同様、上海上港に所属するフッキ選手がランクインしました。

 

フッキ選手はブラジル代表としても活躍したことでも知られていますが、10代の頃にはJリーグのFC東京に在籍していたことでも有名ですよね。

第7位 キリアン・ムバッペ(エムバペ) 24億円

ロシアワールドカップでもフランス代表として優勝に貢献しました。

 

現在は、フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンに所属し、ネイマールやカバーニといったスター選手とともに活躍しています。

第7位 ヴィツェル 24億円

同率で第7位には、中国の天津権健に所属していたヴィツェル選手がランクインしました。

 

現在は欧州復帰を果たし、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントで活躍しています。

 

ロシアワールドカップでは日本代表を破ったベルギー代表のMFとしても活躍しました。

 

第9位 ポール・ポグバ 23億円

第9位はフランス代表やイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでも活躍するポール・ポグバ選手です。

 

前監督であるモウリーニョとは確執が噂されましたが、退任後には素晴らしい活躍を見せています。

 

第10位 グラツィアーノ・ペッレ 22億円

EURO2016で頭角現し、欧州のビッグクラブでの活躍が期待されましたが、ペッレ選手は移籍先として中国スーパーリーグの山東魯能を選択しました。

 

空中戦の強さが武器ですが、昨シーズンは2桁得点に到達しないなど、期待にはなかなか応えられていない状況です。

 

2019年のサッカー年俸ランキングにも注目!

 

今回はメッシ選手の年俸がいくらなのか、時給換算やそのほかのトップ選手の年俸もランキング形式で紹介しました。

 

世界最高の選手ともなると、年俸だけではなくスポンサー収入などあらゆる影響力を持つようになります。果たして次のシーズンはいくら稼ぐ選手が出てくるのでしょうか。

 

いつか日本人でもメッシ選手のような世界的なスターが出てきてほしいですね!