洋服代は月にいくらが適切!?上手な4つの節約術を紹介!

みなさんは毎月どのくらい新しい服や靴を買いますか?

最近では、ボタン一つで洋服を注文し、次の日には自宅に商品が届いてしまうほど便利な時代になりました。

 

その反面、便利で快適に買い物が可能になったことで、ついついお財布の紐が緩くなっている方も多いのではないでしょうか!?

洋服のお買い物はいい気分転換にもなりますが、タンスの中には1度も着ないまま放置されているものも少なくないでしょう。

そこで今回は、毎月の洋服にかける費用はどのくらいが適切なのか、服飾代を節約するにはどうすると良いのかを詳しく解説していきます!

 

1ヶ月の洋服代の平均額はいくら!?性別・年収ごとに紹介!

世の中の人がどのくらい衣服代にお金を充てているのかはなかなかわかりませんよね。

賢く家計をやりくりするためには、自分が人と比べて服をあまり買っていないのか、はたまた人よりも買いすぎているのかを知っておく必要があります。

 

そこで今回は、総務省が実施した家計調査(2017年)を参考に、世帯状況や男女別などで1ヶ月あたりの洋服費用について紹介していきます!

 

まず、今回の統計での全世帯平均の月あたり洋服購入金額は9,129円となりました。

世帯人数は2.33人となっているので、一人分に換算すると3,918円ということになっています。

ですから、9,129円という数字よりは、一人当たり4,000円前後であるというところを目安にしてここから考えていくと良いでしょう。

 

もう少しわかりやすいように、単身世帯での服飾費用の状況を見ていきます。

先ほどのデータでは小さなお子様や高齢者の方も多く含まれていたため、単身世帯に限定すると次のような結果が得られました。

 

単身世帯の種類 1世帯あたりの服飾費用(1ヶ月あたり)
男女合計 5,661円
男性 4,358円
女性 6,957円

 

データとしても、やはり女性の方が洋服や靴などにかける費用は多めとなっていますね。

男性と女性では、1ヶ月で2,500円も金額が乖離しているのはかなり驚きかと思います。

 

また、性別とともに年収の大きさも、毎月かける洋服代には影響しています。

 

年収 1世帯あたりの月の洋服代 一人当たりの月の洋服代
〜238万円 3,799円 2,945円
238万円〜354万円 5,484円 2,886円
354万円〜496万円 7,784円 3,326円
496万円〜727万円 10,602円 3,669円
727万円〜 17,978円 5,516円

 

データとしてもわかるように、年収が高くなれば高くなるほど、毎月衣服に充てることのできる金額は増えていきますね。

 

これらのデータをまとめると、基本的には男性であれば4,000円〜5,000円、女性であれば6,000円〜7,000円が日本における1ヶ月の洋服代の平均と言えるでしょう!

年収が世間一般よりも高い場合にはこれより多めに服飾代を設定しても良いですし、年収が低めの場合の場合には少し洋服は我慢すると良いでしょう。

 

洋服代・衣服費用は収入の何%がベストなの!?

洋服にかける費用は、生活をしていく上で必ず必要となるものではありませんが、やはりおしゃれをすることによって気分転換になったり、モチベーションの向上にも繋がるため、ある程度は必要でしょう。

また、ファッションが趣味という人にとっては、生活必需品の次にお金をかけたい項目が衣類である場合も少なくはありませんね。

 

では、衣服にかける費用は収入のうちどのくらいの割合であることが望ましいのでしょうか!?

もちろん「いくらまでには必ず収めなければいけない!」「○%を超えた洋服代は家計を崩壊させる!」といったものではなく、あくまで目安としてみてください。

 

一般的には、毎月の収入のうち2%~4%ほどを洋服などの衣類の購入に充てることが適切なお金のやりくりとされています。

ファッションが好きという方の場合には、もう少しお金をかけてもう良いでしょうし、服には全く興味がないという方の場合には、もっと使うお金は少なくてもOKです!

 

また、これらの目安は必ずしも毎月守っておく必要はありません。

季節の変わり目やバーゲンなどがある月には衣類にかけるお金はどっと増えていくでしょうし、そうしたイベントのない月には全く洋服を買わないという時があっても全く問題ありません。

 

年間を通して、先ほど紹介した水準に収まるように、しっかりと家計簿などで項目別に使用金額をチェックしておくと良いでしょう!

では、ここからは洋服にお金をかけすぎていたり、これから節約していきたいという方を対象に、洋服代を簡単に節約できるコツを5つ紹介していきます!

 

今日から実践できる!洋服・衣類にかかるお金を節約する5つのコツ!

応援

買った時には気に入っていたり、安いと思って飛びついて買ったけれども、結局それほど着ることのなかった服はありませんか!?

その時の気分によって、洋服をいいなと思ったり、欲しいと思って購入してしまった結果、お金を無駄にしてしまうことは人間の性なので、ある程度は仕方のないことだと言えます。

 

しかし、いくつかのポイントを押さえておくと、衝動買いをして無駄遣いに繋がったり、高く洋服を買ってしまうことを防ぐことが可能になります。

 

その1:流行ものすぎるものは購入しない!

ファッションにはその年やシーズンの流行のデザインや色味などがつきものです。

ファッションに敏感な人であれば流行やトレンドは押さえておきたいところかもしれませんが、それほど興味がなかったり、流行に疎い方であれば、中途半端に流行のファッションを追うのは禁物です。

 

流行はいつか過ぎ去っていくものなので、次の年やシーズンまで継続して着続けられるかどうかが洋服代の節約ではかなり重要な観点になりますね。

1シーズンしか着られない服と2シーズン着られる服を同じ価格で買ったとしても、後者の方が実際には半額近い家計への負担で済みます。

 

その2:複数のサイトや店舗で価格を比較する!

最近では、お店に直接出向かなくともインターネットで簡単に洋服を購入できるようになりました。

幅広い選択肢の中から、どこで何を購入するかを選ぶことができるようになっているため、しっかりとこのチャンスを利用しましょう。

 

具体的には、①店舗②ZOZOTOWNなどのECサイト③メルカリなどのフリマアプリ、の3つで同じ商品を検索したりみにいったりして、どこで買うのが一番安いのかをチェックしておくと良いですね。

①と②は多くの方がすでに実践されているかと思いますが、メルカリなどのフリマアプリは最近ではユーザー数が大幅に増加し、取扱商品もどんどん増えてきています。

 

フリマアプリとは言え、商品の状態を未使用のものに限定して検索することもできますので、「人が使ったものには抵抗がある」「中古品はなんとなくイメージが良くない」という方であったもそれほどネックにはならないかと思います。

 

その3:家族と洋服を共有する!

お金のない学生さんなどは特に、お金はかけずにいろんなコーディネートを楽しみたいと考えていらっしゃるかと思います。

もし同性のご兄弟やご姉妹がいらっしゃるのであれば、洋服を共有するというのがオススメの方法です。

 

一人で2パターンのコーディネートを購入するよりも、2人で1種類ずつコーディネートを持ち寄ったほうがお互い金銭的な負担は少なくて済みますね。

友人と洋服の共有をされる方がたまにいらっしゃいますが、それはなかなかオススメできません。

 

汚れや破損、返却するタイミングなどを巡ってトラブルになることが予想されますので、あくまで家族などの確実に信頼できる人に限定しておくのがよいでしょう。

 

その4:いらなくなった洋服を売ったり回収に出してお金をGETする!

いらなくなった服がタンスの肥やしになっているのは、本当にもったいない状況です。

丸1年着ていない服などは、なかなか今後着る機会が巡ってくるとは思えないので、思い切って処理してしまいましょう。

 

保存状態が良かったり、有名なブランドのものでしたらメルカリなどのフリマアプリで出品するもよし、あまりに安物で売りに出しても売れなさそうなものであれば、古着回収サービスに出すとよいでしょう。

例えば、H&Mでは古着を回収に出すと店舗で使うことのできる500円クーポンがもらえるので、ただゴミに出してしまうよりはずっとお得になりますね。