メルカリで高く早く売れる!今日からできるの5つのコツを紹介!

男女ペア

メルカリで出品したはいいものの、なかなか売れない、もっと高く売りたいと考えてる人は多いかと思います。

なかなか始めたての時には出品をするのに手一杯で、早く高く売れる工夫をする余裕はないかもしれません。

 

しかし、それほど手間なく今日からでもできる工夫の仕方がメルカリにはたくさんあります。

今回はその中でも効果が絶大で、かつ手軽にできるものを5つ紹介していきます!

その1:価格設定を上手に行なって高く販売!

まずは商品の販売の肝となる、値段の設定の仕方からチェックしていきましょう!

値下げはいつでもできる!初めは強気の価格設定をしよう!

メルカリではいいね機能を利用して、購入したい商品をマーキングしておくことができます。

初めのうちは、「欲しいけど少し考えてから決めたいから、とりあえずいいねだけしておこう」というユーザーも多くいます。

 

仮にいいねがついた後に、値上げをしてしまうと商品が売れるどころかいいねを外されてしまうこともあります。

しかし、あらかじめ高く価格をつけてしまえば、いいねがついた後に価格を低くつけても、ユーザーにとっては悪い印象は与えず、かつ足踏みしていたユーザーの購買意欲を掻き立てることもできるのです。

 

相場の価格は同じ商品名を検索すると、販売中の他のユーザーがいくらで出品しているのか、すでにsold outしている商品はいくらで売れたのかなどを知ることができます。

商品の状態にもよりますが、基本的には他のユーザーが売却できた価格の中で高いものに沿った値段をつけると良いでしょう。

送料は出品者負担と購入者負担のどちらにするべき!?

メルカリでは、商品の価格に送料を含めるか含めないかを出品者が決定することができます。

基本的には送料は“出品者負担”にしておくのがおすすめです!

 

というのも、購入した後にどのくらいの送料がかかるのかがわからない状況では、なかなか商品を買ってもらうことはできません。

「送料込みにすると値段が高く見えて損なのでは!?」と考える人もいらっしゃるかもしれませんが、「送料別」という単語を見て結局購入してもらえないのでは意味がありません。

多くの出品者が送料込みで運営しているので、購入者が慣れている出品者負担の方が購入には踏み切られやすくなっていると言えるでしょう。

その2:商品の紹介を充実させて購買意欲と信頼性をUP!

続いて、商品の紹介文の書き方を紹介します。

ここを充実させることで、商品の状態が購入者にとってイメージしやすいものになり、より早く購入されるようになるでしょう。

検索されやすいハッシュタグをつける!

いくら良い商品を出品していても、検索されなければ購入されることはありません。

商品の基本的な情報はもちろんのこと、ハッシュタグ(#)を利用して検索される回数を増やしましょう!

 

洋服であれば、メンズorレディース、サイズやブランド名、販売年などを記載するのに加えて、”古着”や”ヴィンテージ”、”おしゃれ”などのワードも入れたいですね。

どのくらい使用したのか・どこに傷があるのかは具体的に記載する!

商品を出品する際には、「この商品を自分が買うのであれば、どんなことが気になるだろうか?」と考えてみてください。

 

例えば、本や教科書であれば書き込みがどのくらいあるのかが気になるでしょう。

CDや DVDであれば、ディスクにどのくらい傷がついているのか、正常に再生できるのかは必ず明記しましょう。

 

ここで嘘を書いてしまうと、購入者からの評価で悪いものがついてしまいます。

逆に誠実に記載することで、満点の評価を受けることができ、他のユーザーからの信用も獲得できるようになるので、しっかりとありのままの商品の状態を記載しましょう!

値下げ交渉はしたくない場合には、商品紹介に明記!

メルカリで出品した場合に悩みのタネになりやすいのは、他のユーザーから価格交渉をされることです。

もし1500円で出品した場合には、「1200円でどうですか?」とチャット形式で質問が来ることがあります。

 

こうしたやりとりが面倒な場合には、あらかじめ「値下げ交渉はご遠慮ください」と商品紹介の欄に記載しておきましょう。

 

その3:見栄えが大切!写真は綺麗で明るく撮影する!

続いては、出品する際の写真の使い方に関して解説していきます。

写真は5枚まで使用可能!表面だけでなく背面や中身も撮影しよう!

そもそも、メルカリの出品では写真の使用が5枚まで可能となっています。(2019年7月時点)

ほとんどのユーザーは写真は1枚のみで出品していることも多いですが、次のようなジャンルの商品であれば複数枚写真を載せるのが良いでしょう!

 

  • 参考書やテキスト:表紙と書き込みがあるページ
  • 漫画:表紙と側面(日焼けの状態の確認のため)
  • CDや DVD:ジャケットとディスク
  • 洋服や靴:なるべくあらゆる方面から撮影する

暗いところでの撮影はNG!明るいところで見やすい写真を!

写真を撮影する場合に気をつけるべきなのが、照明の明るさです。

暗いところでの写真となると、綺麗に映らなかったり、なんとなく良いものには見えにくくなってしまいます。

 

せっかく出品するならば、パッと見た時に「買いたい!」と思われるような綺麗な写真を心がけましょう!

洋服や家具など見た目が重要なものは画像編集を活用しよう!

ものによっては綺麗に撮影しても、実際に目で見るのと色合いが変わってしまいことがありますよね。

過度な加工は厳禁ですが、見た目と違う写真になってしまう場合には、色合いなどを調整してリアルに近づけるのはユーザーのことを考えても良いものと言えますね。

その4:思わずクリックしたくなるようなタイトルづけを意識する!

PCで作業中

商品が購入されるまでには、そもそも自分の商品をクリックしてもらう必要があります。

そこで大事なのが、商品の印象に大きく関わる”タイトル”の付け方です。

 

初めての方にはなかなか厳しいかもしれませんが、ここでは簡単にできる購買意欲を刺激する商品のタイトルについて紹介していきます!

「タイムセール!」や「値下げ中!」などのインパクトのある単語を利用する!

まず簡単にできる工夫が、「タイムセール実施中!」や「大幅値下げ中!」といったインパクトのある単語をタイトルに入れるという方法です。

 

先ほど値段は高めに設定し、後から値下げをしていけば良いという話をしましたね。

そうした値下げのタイミングでぜひやっていただきたい方法が、上記のようなインパクトのある単語にタイトルを編集することです。

元からチェックしてくれているユーザー以外の方からすると、この商品が値下げされているかどうかはわかりません。

 

値下げをしたのならばしっかりと、今がお買い得であることをアピールしましょう!

数字を活用して情報に明確さを生み出す!

値下げをする際には、いつまでにいくら安くなっているのかを書きたいところです。

タイトルだけに限らず、商品の紹介の部分に、「○月○日の○時までタイムセール中!」と明記しておくことで、いつもタイムセールの触れ込みをしているわけではなく、本当に安くなっているということをアピールすることができます。

 

 

その5:ターゲット層にあった出品タイミングを心がける!

商品には売れやすいタイミングと売れにくいタイミングがあります。

メルカリでは、商品の並べ替えの方法として「新しい順番に並び替える」という選択が可能なので、需要がグッと上がるタイミングで出品することで多くのユーザーの目に触れることができるようになります。

 

例えば、資格試験に関する参考書であれば資格試験の試験日の2ヶ月前あたりから需要が急増します。

簿記や宅建などは受験者もかなり多いので、もしテキストなどを持っている場合には目安となる勉強期間を受験日から逆算したタイミングが売り時と言えます。

また大学受験の参考書なども同じことが言えますね。

受験生が勉強を開始する夏場になると購入者が多くなる傾向にあります。

 

CDなどはそのアーティストのライブの開催が決まるタイミングで需要が大きくなります。

DVDは映画の続編などに関するニュースが出る時がおすすめです!