年収800万の会社員がふるさと納税で貰える商品を紹介!


もし2,000円で普段食べられないような高級な肉や魚が食べられるとしたら嬉しいですよね。

じつはふるさと納税を利用すればそういった美味しいものを食べられるのです。

 

聞いたことはあるけど利用したことはないという方がほとんどではないでしょうか。

実際にふるさと納税を利用したことがある人は1割程度という調査もあるみたいです。

 

そしてふるさと納税は年収などの条件によって使える金額の限度額が異なってきます。
そこで今回は年収800万円の人がどれくらいふるさと納税を活用できるのかまとめてみました。

 

ぜひこの機会にふるさと納税について知って利用してみましょう!

ふるさと納税とは?

25d21ccb89bc32213359a8fe1fe74be6_m

ふるさと納税って聞いたことあるけどそもそも何なの?と思っている方もいるのではないでしょうか。

じつはふるさと納税は、税金という訳ではなく全国各地の自治体への「寄付」という扱いになるのです。

寄付の場合だと確定申告することで寄付金の一部が所得税、住民税から控除されるかと思います。

しかしふるさと納税では2000円の自己負担以外の全額が所得税、住民税の対象になります。

ふるさと納税ができた背景

ふるさと納税が誕生した背景には一体どのような事情があったのでしょうか。
この制度が生まれたのには日本社会のあり方が変化したことが挙げられます。

 

昨今の日本では就職や大学進学をきっかけに上京する人はとても多いかと思います。

都会に移り住んできて働く人は、その地域で税金を納めることとなります。
そうして地方から人が離れていくと税収は減り、都会との税収格差が生まれてしまいますよね。

 

そこで都会に移り住んだ人でも「ふるさと」に納税できるようにと、議論を経て全国各地に納税できるよう発足したのがこのふるさと納税というわけです。

ふるさと納税の詳しい説明は下の記事をご覧ください。

ふるさと納税とは?所得税・住民税が控除できるお得な制度

ふるさと納税のお得なポイント

66236f999eab447abbaf602c76e0b2bc_m

 

最近CMなんかでふるさと納税が取り上げられているのを目にする機会はありませんか?
なぜ今ふるさと納税が人気になっているかというと、利用者にとって得になっている制度だからです。

 

では何がお得なのでしょうか。

1. いろいろな地域を応援&特産品ゲット!

ふるさと納税といったらやっぱりこの特産品ですよね。
寄付先の自治体からお礼の品として、各地域の特産品などが送られます。
高すぎて普段は手が出ないような高級食材なんかもふるさと納税を利用すればゲットできるのです

 

肉や魚など高級な特産品にどうしても目が行きがちですが、食材以外にもたくさんの返礼品があることをご存知でしたか?
その中には宿泊施設などの旅行券や伝統工芸品、さらに地元企業とのタイアップ商品など、その地域に関するありとあらゆる商品を受け取ることができるのです。
一方で慈善活動への寄付なんかも実はふるさと納税を利用すればできちゃうんです。

 

ふるさと納税についてはポータルサイトがいくつかあり、そこで返礼品などを見ることができます。
この特産品ってここの地域が発祥だったんだ、なんてことも探しているうちに発見できるのではないでしょうか。

2. ふるさと納税を使って所得税と住民税を節税できる!

2000円で色々なものが取り寄せられるというのは、ふるさと納税が2000円以外の全額を所得税と住民税から控除できるからなんです。

節税分の内訳について下の図を見ていただくとなんとなくわかると思いますが、
所得税は控除分が還付され、住民税は翌年度分の住民税から減額される仕組みになっています。

ふるさと納税の控除イメージ

ふるさと納税イメージ

引用:総務省

所得税よりも住民税のほうが減額分が大きくなっています。

3. 面倒な確定申告が不要に

ふるさと納税を以前から利用している方なら、その申請を面倒だと感じたことはありませんか?
しかし2015年に制度が変わって、それまでよりも使いやすくなりました。
制度が変わる以前は、寄付金の控除の利用には確定申告が必要でしたが、変更後にはそれが条件付きで免除となりました。

 

条件:寄付する自治体が5つ以内

 

この条件を満たしている人は、「ワンストップ特例申請書」というものを自治体に提出するだけで控除を受けられるようになりました。

ふるさと納税 仕組み

総務省

図を見てイメージできましたか?
これによって面倒だった確定申告は免除され利用しやすくなったのです。

年収800万円の人がふるさと納税で使える金額は?

 

ふるさと納税には控除される金額、すなわち寄付できる金額に限度があると冒頭にお伝えしました。

その限度額は年収であったり家族構成、その他の控除の利用状況によって異なってきます。

では年収800万円の人の限度額はいくらなのでしょうか。
目安として以下の金額を参考にしてみてください。

  • 独身:131,000円
  • 夫婦のみ:120,000円
  • 夫婦と子(16歳以上19歳未満):111,000円

あくまでこれは目安となります。
住宅ローン控除や医療費控除など各々の状況によって変わるためです。

ポータルサイトなどでは、より詳細の条件からその人の限度額を算出することができるので、一度やってみてはいかがでしょうか。

年収600万の会社員がふるさと納税で貰える商品を紹介!

限度額内の寄付金で貰えるオススメの返礼品

 

年収800万円の人の寄付金の限度額は、独身であれば131,000円夫婦で120,000円夫婦と子の場合111,000円になるとお伝えしてきました。

ではそれだけの限度額内ではどんな返礼品をゲットできるのでしょうか。

 

やはりお肉は返礼品の中でも特に人気があります。
そこで今回は全国物産展で常に上位の人気を誇る北海道に着目してみましょう。

十勝地方の北部に位置し大自然豊かな上士幌町のふるさと納税返礼品についていくつかまとめてみました。
広大な土地が育む美味必見です!

  • 十勝ハーブ牛1年お楽しみコース(寄付金額: 150,000円)

上士幌町ふるさと納税特設サイトより

  • 十勝ハーブ牛サーロインブロック(寄付金額: 100,000円)

上士幌町ふるさと納税特設サイトより

  • 十勝ハーブ牛プレミアムスープカレー(寄付金額: 20,000円)

上士幌町ふるさと納税特設サイトより

  • アイス工房ドリームのバラエティセット(寄付金額: 10,000円)

上士幌町ふるさと納税特設サイトより

 

いかがでしょうか。
魅力的な返礼品があったのではないでしょうか。

限度額内であれば自分の好きなように返礼品を組み合わせて利用することもできるので、うまくやればたくさんゲットできるかもしれませんね。

食べ物だけでなく工芸品や体験型の返礼品も

上士幌町でも食材を中心にご紹介してきましたが、ふるさと納税はその他にも数多くの返礼品が設けられています。

自治体にもよるのですが、家電や伝統工芸品であったり宿泊施設、ゴルフや温泉といったイベントなどなど個性あふれる返礼品が全国各地にあります。

そこで例として沖縄県今帰仁村のふるさと納税を見てみましょう。

沖縄県今帰仁村

  • 無人の浜へカヤックツアー&ランチ(6人まで) (寄付金額:150,000円以上)

沖縄県今帰仁村ふるさと納税サイトより

  • 人気ゲストハウス&人気居酒屋セットプラン(寄付金額:100,000円)

沖縄県今帰仁村ふるさと納税サイトより

  • 琉球泡盛「童神44度」1800ml(寄付金額:30,000円)

沖縄県今帰仁村ふるさと納税サイトより

 

いくつか見てどうでしょうか。

たまにはこうした贅沢も良いかなって思った方もいるのではないでしょうか。

やはりいざ自分で買おうと思ったら躊躇してしまうものでも、ふるさと納税でなら欲しくなりますよね。

 

これらすべてが2000円だと考えたらどうでしょう。お安く感じませんか?

調べていくと、本当にたくさんの自治体が地元企業と協力したりして魅力あふれる返礼品を設けています。
ぜひ新たな発見してみてはいかがでしょうか。

 

下の記事でも様々な返礼品についてご紹介していますの、もしよかったらご参照ください。

ふるさと納税上位市町村の返礼品を紹介!意外なモノも!?

まとめ

be9d11d75c481b862f1970557f057fb0_m

今回は年収800万円の会社員のふるさと納税寄付額と貰える返礼品について解説しました。

 

最近全国で返礼品競争が起こっていて、本来の目的からかけ離れてしまっている現状がありました。
そこで総務省では家電や金券など「換金性の高いもの」を控えるよう各自治体に通達しているのでそういったものを控えている自治体も増え始めました。
お求めの際はなるべく早く申し込みたいところです。

 

何度も言いましたが、ふるさと納税は2,000円の負担で何万円もの特産品をもらえるとてもお得な制度です。

まだ利用したことがないという方は是非とも試してみましょう!

 

ふるさと納税についてぜひ以下の記事もご覧ください。

ふるさと納税で一番寄付が多い市町村は?現状と問題点

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう