2019年12月のM&A動向|大塚家具の子会社化など大型案件多数!

2019年12月のM&A市場の動向や案件についてご紹介していきます。

 

2019年12月は大型M&Aが相次いで発生。

昭和電工が9640億円を投じて日立化成を子会社化するのをはじめ、買収金額が1000億円を超える案件は6件に上り、このうち4件が年間ランキングのトップ10入りする結果となりました。

 

本記事では、このような大型案件の詳しい内容や全体の動きを詳しく解説していきます。

 

なお、掲載する情報は、全上場企業に義務づけられた適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、ストライク(M&A Online)が集計したデータを参考にしています。

2019年12月のM&A件数、前年と変わらず

本の上で話す人々

2019年12月のM&Aの件数は前年同月と同数の77件でした。

 

年間を通じて最多だった前月(86件)に比べて9件減ったものの、月別では4番目の多さとなっています。

 

内訳は買収59件、売却18件(買収側と売却側の双方が開示したケースは買収側でカウント)。このうち売却については4月と8月の16件を超えて年間最多に。

 

また、総開示件数中、海外案件は16件(買収9件、売却7件)ありました。

2019年12月、M&A金額上位ランキング!

ランキング

2019年12月のM&A取引金額ランキング上位20社をご紹介します。

 

1,000億円超えの案件が6件にのぼるなど、大型M&Aが目立つ月になりました。

案件 金額
昭和電工、日立化成を子会社化 9640億円
アステラス製薬、遺伝子治療分野強化へ米バイオ企業のオーデンテス・セラピューティクスを子会社化 3200億円
いすゞ自動車、スウェーデンの商用車大手ボルボ傘下のUDトラックス(埼玉県上尾市)を子会社化 2500億円
富士フイルムホールディングス、日立製作所から画像診断関連事業を取得 1790億円
ユニゾホールディングス、従業員による買収(EBO)で非公開化 1745億円
HOYA、半導体製造装置メーカーのニューフレアテクノロジーをTOBで子会社化 1477億円
東和薬品、スペインの後発医薬品メーカーPensa Investmentを子会社化 389億円
ミネベアミツミ、アナログ半導体メーカーのエイブリック(千葉市)を子会社化 343億円
ソニー、子ども向けアニメ制作会社の米シルバーゲートを子会社化 213億円
アステラス製薬、がん免疫治療医薬品開発の米ザイフォス・サイエンシズを子会社化 130億円
栗田工業、精密洗浄大手の米ペンタゴン・テクノロジーズを子会社化 58.7億円
ヤマダ電機、経営再建中の大塚家具を子会社化 43.7億円
サッポロホールディングス、米飲料統括持ち株会社カントリーピュアフーズを現地社に譲渡 40億円
長谷工コーポレーション、細田工務店をTOBで子会社化 24.3億円
コマニー、間仕切り製造の中国子会社を現地社に譲渡 16.8億円
新田ゼラチン、コラーゲンケーシングの米子会社を現地社に譲渡 14.5億円
Eストアー、ECサイト構築ソフト開発のコマースニジュウイチ(東京都港区)を子会社化 13億円
ミンカブ・ジ・インフォノイド、システム開発のProp Tech plus(東京都港区)を子会社化 12.9億円
GA technologies、高級賃貸サービスサイト運営のモダンスタンダード(東京都港区)を子会社化 10億円

注目の大型M&A案件をピックアップ!

ファイティングポーズをとるビジネスマン

令和元年12月の注目M&Aをご紹介していきます。

日立、「日立化成」など売却へ

昭和電工は、日立製作所傘下で東証1部上場の日立化成をTOB(株式公開買い付け)によって完全子会社化すると発表しました。2020年2月からTOB開始を予定。

 

最大9640億円に上る買収金額は日本企業がかかわる2019年のM&Aとして2番目の規模で、豪ビール大手を約1兆2000億円で買収するアサヒグループホールディングスの案件に次ぐ大型案件です。

 

日立化成は1962年に日立から分離独立し、日立グループでかつて日立金属、日立電線(現日立金属)と並んで“御三家”の一角をなした名門。

 

子会社化後、昭和電工の連結売上高は1兆7000億円規模(現在約1兆円)となり、三菱ケミカルホールディングス、住友化学に続く化学業界3位に躍進します

いすゞ、ボルボ参加のUDトラックス買収

いすゞはスウェーデンの商用車大手ボルボとの業務提携に合わせ、ボルボ子会社のUDトラックス(旧日産ディーゼル工業、埼玉県上尾市)を買収することを決めました。

 

買収金額は今後詰めるが、UDトラックスの事業価値について2500億円程度と見積もっています。

ユニゾ、変則的TOB

注目を集めたのが不動産・ホテル業のユニゾホールディングス。従業員による買収(EBO=エンプロイー・バイアウト)を実施して非公開化すると発表しました。

 

従業員と米投資ファンドのローン・スターが出資する新会社がユニゾにTOBを行い、全株取得を目指す内容で、12月24日から買い付けがスタート。

 

ユニゾに関しては別の米投資会社によるTOBが8月から現在も進行中ですが、ユニゾはこのTOBに反対しており、対抗措置を打ち出した形です。

 

TOBは上場企業の買収などを行う方法として広く用いられていますが、その際、当該企業の経営陣による買収(MBO=マネジメントバイアウト)というケースがあるものの、従業員による買収は上場企業として前例がないとみられています。

ヤマダ電機、大塚家具を子会社化

上場企業の経営権の掌握を目指す動きはほかにもあります。

 

ヤマダ電機は経営再建中の大塚家具を12月30日付で子会社化しました。

 

第三者割当増資を約44億円で引き受け、51%強の株式を取得。ヤマダはリフォームやインテリアなどの売場を充実した「家電住まいる館」の展開を推し進めています。

年明け初、2020年1月のM&A動向にも注目

ポイント

2019年最後の12月には昭和電工、アステラス製薬、いすゞ自動車をはじめ、巨額のM&Aを実施する事例が相次ぎました。

 

昭和電工が化学業界3位に躍進するなど、M&Aを皮切りに業界の勢力図も大きく変わってくることが予想されます。

 

2019年に盛り上がりをみせたM&A市場ですが、2020年も活況は続くのか。来月のM&A動向も目が離せません。