メーカー・銘柄別、国内ビール売上ランキング!一番売れているビールは?

皆さんお酒はお好きでしょうが?

みんなで居酒屋に行けば、「とりあえずビール!」と言うように日頃からビールに馴染みのある人は多いと思います。

一口にビールと言ってもお店ごとに置いてあるビールの種類が違ったり、皆さんそれぞれで好みの銘柄があるのではないでしょうか?

今回はそんなビールの売上ランキングをメーガー別・銘柄別にまとめました!

さて、皆さんのお気にいるのメーカー・銘柄は何位なのでしょうか?!

日本で最もビールを売っているメーカートップ4!

本記事では2018年度各社発表のIRを元にビールメーカーの酒類事業における売上をランキング形式でまとめました!

ビール類として揃ったデータが集まらなかったため、今回は酒類という枠で売上をランキング形式にさせて頂きます!

ただ、「トップ4って少ないな…」と思われた方もいるのではないでしょうか?

国内のビール産業は大手4社で市場シェアの99%を占めています。

そこで、5位以下は4位までと比べて売上がとても大きく落ちてしまいます。

そのため、今回は4位までのランキングとさせて頂きます!

4位 サッポロビール(4466億円)

4位にランクインしたのはサッポロビールです!

代表的な商品に「麦とホップ」や「エビスビール」、「黒ラベル」、「極ゼロ」などがあります!

サッポロビールは何と140年以上も前に北海道・札幌で「開拓使麦酒醸造所」として始まりました。

サッポロビールは当ランキングで紹介する4大メーカーで一番古く設立された会社です。

1877年に「札幌ビール」発売開始。1889年に現在の恵比寿ガーデンプレイスの場所に醸造工場を建てると、翌年1890年から「恵比寿ビール」を発売します。

ビールではないですが、1957年には今でも馴染み深い「ポッカレモン」が発売されました。

3位 サントリービール(約5354億円)

3位にランクインしたのはサントリービールです!

人気銘柄に「金麦」、「ザ・プレミアム・モルツ」があります!

サントリーは1899年に鳥井商店として創業しました。

1920年代に日本人の口にあったウイスキーの開発に本格的に乗り出すと、1937年には本格国産ウイスキーとして「サントリーウイスキー」を発売します。

サントリーはウイスキーというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

さて、本題のビールはというと1963年に「サントリービール」として発売されました。

今では会社メッセージとして「水と生きる SUNTORY」とあるように水や環境にこだわった飲料作りでお酒だけでなく、清涼飲料水も強く売り出していますよね。

2位 キリンビール(約6820億円)

2位にランクインしたのはキリンビールです!

人気銘柄に「のどごし」「麒麟一番搾り」、「淡麗グリーンレーベル」、「キリンラガービール」があります!

ラインナップが豊富なところもキリンの特徴ですね!

キリンは1885年、横浜の山手で在留外国人たちがジャパン・ブルワリー・カンパニーを設立したことから始まりました。

1900年代に入りビール競争が激しくなると、創業状態を引き継いたまま新会社「麒麟麦酒株式会社」を設立します。

新会社ではドイツ人醸造技師によるドイツ産原料を用いたビール醸造を行うようになり、これが「キリンビール」は「本格的ドイツ風ビール」として高い評価を受けるようになりました。

これが現在のキリンの人気にも繋がっているようですね。

1位 アサヒビール(9194億円)

堂々の1位にランクインしたのはアサヒビールです!

人気銘柄に「アサヒスーパードライ」、「クリアアサヒ」などがありますね。

アサヒビールは業界1位というだけでも十分すごいですが、何と業界首位を9年連続で守っています!

アサヒグループは1889年から大阪麦酒社として始まりました。

1900年には日本初の瓶入り生ビール、1971年には日本初のアルミ缶入りビールの発売など日本のビールの歴史の中でもリーダー存在でした。

大手4社の売上の全体のうちアサヒビールは半分近くの42%のシェアを誇ります。

ビール類飲料売り上げトップ50を発表!

続いて、東洋経済オンラインより、ビール飲料の売上ランキングトップ50を発表します!

以下のランキング表に出てくるカテゴリとして「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」があります。

これらのカテゴリの分類は酒税の法律上のものです。

では、法律上ではどのような基準で以上のようなカテゴリわけが行われているのでしょうか?

3カテゴリのそれぞれの要件を簡単にご紹介します。

「ビール」は麦芽の使用量が50%以上であることが必要条件です。また、副原料として「果実」「コリアンダーなどのスパイスやハーブ」「はちみつ」「味噌」「牡蠣」「カツオ節」などの使用量が5%未満ででなければいけないようです。

ただ、正確に覚える必要はなく、麦芽の使用量が50%以上のものと思って頂ければ十分だと思います。

「発泡酒」は麦芽原料の使用量が50%未満であったり、以上でご紹介した副原料の割合が5%以上となった物を呼ぶそうです。

つまり、ビールよりも麦芽以外の原料を使った風味づけが多いというイメージで良いと思います。

また、この発泡酒という分類は日本独自のものだそうです。

「新ジャンル」は発泡酒に麦由来のスピリッツを加えたもの、もしくは糖類、ホップ、水、麦芽などこれら以外のものを原料として発行させたものを言います。

さて、本題のランキングを見ていきましょう!

ビールの商品別の売上ランキングトップ50は以下の通りです!

順位商品名メーカー名カテゴリ名購入シェア
1のどごし<生> 350mlキリンビール新ジャンル10.83%
2アサヒスーパードライ 350mlアサヒビールビール8.56%
3金麦 350mlサントリー新ジャンル7.68%
4クリアアサヒ 350mlアサヒビール新ジャンル4.87%
5キリン一番搾り 生ビール 350mlキリンビールビール4.11%
6淡麗グリーンラベル 350mlキリンビール発泡酒4.00%
7麦とホップ The gold 350mlサッポロビール新ジャンル3.87%
8金麦 糖質75%オフ 350mlサントリー新ジャンル3.84%
9のどごし<生> 500mlキリンビール新ジャンル3.56%
10淡麗 極上<生> 350mlキリンビール発泡酒3.36%
11アサヒスーパードライ 500mlアサヒビールビール2.81%
12金麦 500mlサントリー新ジャンル2.71%
13アサヒスタイルフリー 350mlアサヒビール発泡酒2.46%
14アサヒオフ 350mlアサヒビール新ジャンル2.24%
15のどごし オールライト 350mlキリンビール新ジャンル2.09%
16クリアアサヒ プライムリッチ 350mlアサヒビール新ジャンル2.01%
17淡麗グリーンラベル 500mlキリンビール発泡酒1.93%
18クリアアサヒ 500mlアサヒビール新ジャンル1.63%
19淡麗プラチナダブル 350mlキリンビール発泡酒1.49%
19エビスビール 350mlサッポロビールビール1.49%
21キリン一番搾り 生ビール 500mlキリンビールビール1.44%
22淡麗 極上<生> 500mlキリンビール発泡酒1.43%
23アサヒスタイルフリー 500mlアサヒビール発泡酒1.41%
24麦とホップ The gold 500mlサッポロビール新ジャンル1.37%
25黒ラベル 350mlサッポロビールビール1.31%
26ザ・プレミアム・モルツ 350mlサントリービール1.19%
26クリアアサヒ 糖質ゼロ 350mlアサヒビール新ジャンル1.19%
28金麦 糖質75%オフ 500mlサントリー新ジャンル1.18%
29金麦 クリアラベル 350mlサントリー新ジャンル1.05%
30ザ・モルツ 350mlサントリービール0.97%
31極ZERO(ゴクゼロ)350mlサッポロビール発泡酒0.95%
32キリンラガービール 350mlキリンビールビール0.88%
33アサヒオフ 500mlアサヒビール新ジャンル0.87%
34アサヒスーパードライ 鮮度実感パック 350mlアサヒビールビール0.84%
35濃い味 糖質0 350mlキリンビール新ジャンル0.82%
36クリアアサヒ プライムリッチ 500mlアサヒビール新ジャンル0.78%
37淡麗プラチナダブル 500mlキリンビール発泡酒0.74%
38のどごし オールライト 500mlキリンビール新ジャンル0.68%
39アサヒスーパードライ 135mlアサヒビールビール0.65%
40のどごし<生> 250mlキリンビール新ジャンル0.63%
41ホワイトベルグ 350mlサッポロビール新ジャンル0.53%
42黒ラベル 500mlサッポロビールビール0.49%
43極ZERO(ゴクゼロ) 500mlサッポロビール発泡酒0.41%
44ドラフトワン 350mlサッポロビール新ジャンル0.40%
45ザ・プレミアム・モルツ  500mlサントリービール0.39%
45エビスビール 500mlサッポロビールビール0.39%
47アサヒスーパードライ 250mlアサヒビールビール0.38%
47クリアアサヒ 糖質ゼロ 500mlアサヒビール新ジャンル0.38%
49金麦 クリアラベル 500mlサントリー新ジャンル0.37%
50アサヒスタイルフリー プリン体ゼロ 350mlアサヒビール発泡酒0.33%

どうでしたか?

皆さんのお好みの銘柄は何位だったでしょうか?

トップはキリンの「のどごし<生> 350ml」で、シェアは10%を超えてきました。

2位の「アサヒスーパードライ 350ml」が8.56%と3位の「金麦 350ml」が7.67%となっており3位までの銘柄が4位以降と差を開いていますね。

また、3位までのシェアは合計で27.07%と全体の3割近くになっています。

ビール銘柄別売上ランキング

以上のランキングは商品別のランキングであり、銘柄は同じでもお酒の量が違えばそれぞれお酒の量ごとにランクが分かれてしまっています。

そこで、今回は銘柄が同じでお酒の量が違うだけの商品は同じものとするランキングを作成しました。

順位銘柄メーカー名カテゴリ名購入シェア
1のどごし<生>キリンビール新ジャンル15.02%
2アサヒスーパードライアサヒビールビール13.24%
3金麦サントリー新ジャンル10.39%
4クリアアサヒアサヒビール新ジャンル6.5%
5淡麗グリーンラベルキリンビール発泡酒5.93%
6 キリン一番搾り 生ビールキリンビールビール5.55%
7麦とホップ The goldサッポロビール新ジャンル5.24%
8金麦 糖質75%オフサントリー新ジャンル5.02%
9淡麗 極上<生>キリンビール発泡酒4.79%
10アサヒスタイルフリーアサヒビール発泡酒3.87%
11アサヒオフアサヒビール新ジャンル3.11%
12クリアアサヒ プライムリッチアサヒビール新ジャンル2.79%
13のどごし オールライトキリンビール新ジャンル2.77%
14淡麗プラチナダブルキリンビール発泡酒2.23%
15エビスビールサッポロビールビール1.88%
16黒ラベルサッポロビールビール1.8%
17ザ・プレミアム・モルツサントリービール1.58%
18クリアアサヒ 糖質ゼロアサヒビール新ジャンル1.57%
19金麦 クリアラベルサントリー新ジャンル1.42%
20極ZERO(ゴクゼロ)サッポロビール発泡酒1.36%
21ザ・モルツサントリービール0.97%
22キリンラガービールキリンビールビール0.88%
23濃い味 糖質0キリンビール新ジャンル0.82%
24ホワイトベルグサッポロビール新ジャンル0.53%
25ドラフトワンサッポロビール新ジャンル0.40%
26アサヒスタイルフリー プリン体ゼロアサヒビール発泡酒0.33%

銘柄別で見るとトップ3の売上シェアの高さがより目立ちますね。

トップ3「のどごし<生>」「アサヒスーパードライ」「金麦」で全体のうちシェア4割近くを占めていますね。

ビールシリーズ別売上ランキング

次に、シリーズごとにランキングをまとめて見ました。

順位シリーズメーカー名カテゴリ名購入シェア
1のどごし<生>キリンビール新ジャンル17.79%
2アサヒスーパードライアサヒビールビール13.24%
3淡麗キリンビール発泡酒12.95%
4金麦サントリー新ジャンル11.81%
5クリアアサヒアサヒビール新ジャンル10.86%
6 キリン一番搾り 生ビールキリンビールビール5.55%
7麦とホップ The goldサッポロビール新ジャンル5.24%
8金麦 糖質75%オフサントリー新ジャンル5.02%
9アサヒスタイルフリーアサヒビール発泡酒3.2%
10アサヒオフアサヒビール新ジャンル3.11%
11ザ・モルツサントリービール2.55%
12エビスビールサッポロビールビール1.88%
13黒ラベルサッポロビールビール1.8%
14極ZERO(ゴクゼロ)サッポロビール発泡酒0.95%
15キリンラガービールキリンビールビール0.88%
16濃い味 糖質0キリンビール新ジャンル0.82%
17ホワイトベルグサッポロビール新ジャンル0.53%
18極ZERO(ゴクゼロ)サッポロビール発泡酒0.41%
19ドラフトワンサッポロビール新ジャンル0.40%

シリーズランキングだとトップ4までで全体シェアの過半数を獲得し、トップ5までがシェア10%をそれぞれ獲得しています。

様々な企業・業界のランキングを調べてみよう!

いかがでしたか?

国内のビールのランキングを見てきました。

あなたのおすすめビールはランクインしていましたか?

お金のカタチでは、このほかにも様々なランキング記事を掲載しているので、よろしかったらそちらもご覧ください!

暮らしに役立つお金の情報を毎週1回無料でお届けしています!

プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください