たばこが値上げ!2020年10月増税後の銘柄別価格一覧まとめ

たばこ 値上げ 増税

2020年10月1日からたばこが値上げします!

この度のたばこ増税に伴い、JT(日本たばこ産業)、FM(フィリップ・モリス)、BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)の主要たばこメーカー各社が値上げを発表しました。

今回は、 メビウスやマルボロ、セブンスターなど主要銘柄や、IQOS(アイコス)、glo(グロー)、Ploom(プルーム)など電子タバコの改定価格を一覧でまとめます。

また、後半では、たばこ税の仕組みや日本と海外のたばこ税について解説をしています。

ご自身の愛煙している銘柄の値段とともに、たばこと税金の関係についてもチェックしてみてください。

たばこメーカー各社が値上げを発表!メビウスやマルボロ、アイコスの価格はどうなる?

たばこ3大メーカー各社の主要銘柄の価格をまとめます。

JT(日本たばこ産業) 40円〜50円の値上げ

JTでは、紙巻きたばこ136銘柄、葉巻きたばこ16銘柄、パイプたばこ3銘柄、刻みたばこ3銘柄、かぎたばこ18銘柄、加熱式たばこ48銘柄の合計224銘柄を値上げします。

【主な紙たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
ナチュラル アメリカン スピリット(アメスピ)530円570円
セブンスター510円560円
ピース510円560円
メビウス(旧マイルドセブン)490円540円
ピアニッシモ490円540円
ウィンストン450円500円
キャメル400円450円

【主な加熱式たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
メビウス・プルーム・テック490円540円
メビウス・プルーム・テック・プラス500円550円
メビウス・プルーム・エス490円540円
キャメル・プルーム・エス460円500円

【主な葉巻たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
キャメル・シガー360円400円
わかば・シガー360円410円
エコー・シガー350円400円

フィリップ・モリス 30円〜50円の値上げ

フィリップ・モリスでは、紙巻たばこ77銘柄、葉巻きたばこ(リトルシガー)3銘柄、加熱式たばこ101銘柄の値上げをします。

【主な加熱式たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
マールボロ・ヒートスティック・レギュラー520円550円
マールボロ・ヒートスティック・メンソール520円550円
マールボロ・ヒートスティック・ディメンションズ・ノア530円560円
ヒーツ・ディープ・ブロンズ470円500円
ヒーツ・バランスド・イエロー470円500円

【主な紙巻たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
マールボロ・ブラック・メンソール・1・ボックス520円570円
マールボロ・ブラック・メンソール・8・ボックス520円570円
マールボロ・ゴールド(金マル)520円570円
マールボロ・アイス・ブラストシリーズ520円570円
マールボロ(赤マル)520円570円
ラーク100ボックス460円500円
ラークKSボックス460円500円
ラーク・アイス・ミント460円500円
ラーク・ウルトラ・メンソール460円500円
パーラメントKSボックス500円540円
パーラメント100ボックス540円580円
バージニア・エス・ソフィア490円530円
バージニア・エス・アイスパール490円530円

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ) 20円〜40円の値上げ

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンでは、紙巻たばこ57銘柄、葉巻きたばこ12銘柄、加熱式たばこ63銘柄の合計132銘柄を値上げします。

【主な葉巻たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
ケント主要銘柄460円500円
クール主要銘柄490円530円
ラッキー・ストライク主要銘柄520円560円
ケント・エス・シリーズ440円480円

【主な加熱式たばこの改定価格】

銘柄改定前改定後
ケント・ネオスティック460円480円
ネオ500円520円
ネオ・ポッド500円520円

そもそもたばこに含まれている税金の割合はどれくらい?

度々の増税で愛煙家から批判の声もあがっていますが、そもそもたばこ税の負担割合はどれくらいなのでしょうか。

たばこは税負担の重い商品の1つ。税負担はなんと6割!

1箱490円のたばこに含まれているたばこ税の税額は以下の通りとなります。(令和2年4月時点)

  • たばこ税(国税)・・・116.04円
  • たばこ特別税(国税)・・・16.40円
  • 道府県たばこ税(地方税)・・・18.60円
  • 市町村たばこ税(地方税)・・・113.84円
  • たばこ税の合計・・・264.88円
  • たばこ税の負担割合・・・54.1%
  • 消費税・・・44.54円
  • たばこ税と消費税の合計・・・309.42円
  • たばこに占める税金(消費税+たばこ税)の負担割合・・・63.1%

たばこの税負担はなんと6割にものぼることがわかります。

63%という税負担は、他の高税率物品と比べても最も高い水準であることが以下の表からわかります。

【物品の税負担比較】

品目税負担
たばこ63.1%
ビール48.4%
ウイスキー28.6%
ガソリン47.3%
灯油12.0%

たばこ税の収入は年間2兆円!?

たばこ税は国と地方を合わせると年間2兆円を超える貴重な財源となっています。

2018年度の国税の歳入内訳によると、歳入合計64.2兆円のうち、国税であるたばこ税・たばこ特別税は約1.5%の9,861億円を占めます。

これは、酒税が1兆2,751億円、相続税が2兆3,333億円ということを踏まえると、金額的なインパクトの大きさがわかると思います。

日本と世界各国のタバコ税を比較してみた

日本と海外のたばこの税負担を比べると、日本の税負担は決して海外と比べて高いわけではないことが分かります。

たばこ税負担率
日本54.1%
アメリカ・ニューヨーク50.1%
イギリス63.1%
フランス64.6%
ドイツ59.1%
台湾42.4%
タイ61.5%
韓国52.9%

ただし、値段については各国で千差万別。ヨーロッパでは、たばこ1箱1,000円以上する国も珍しくないようです。それと比べると日本のたばこの値段は極端に高いというわけではなさそうですね。

2021年10月にたばこは更に値上げへ!

2018年度の税制改正大綱で決まったたばこ税の増税。(改正案は以下で詳しく解説しています)

厚生労働省によると、この度の2020年10月の増税に加えて、2021年10月にも1本あたり1円の増税が行われる予定です。

平成元年に1箱220円だったマイルドセブン(現メビウス)が今回の増税をうけて、540円に値上げ。

全国たばこ喫煙者調査によると、こうした度重なる増税に伴って、成人の喫煙率は男女合計で1989年36.1%から2018年には17.9%と半減しました。

喫煙スペースの削減や増税など、今回の増税、値上げをうけて喫煙率がどのように変化するか注目しても面白いかもしれませんね。

暮らしに役立つお金の情報を毎週1回無料でお届けしています!

プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください