2018年おすすめの人気クレジットカードは?審査や還元率・手数料で比較


 

新生活も始まり、「お金の管理は自分でやってみよう!」「去年は散財してしまったから管理のやり方を変えてみよう!」と思っている人も多いのではないでしょうか!?

中には初めてクレジットカードを作ろうかと検討している人もいるかもしれません。

でも、調べてみるとカード会社もカードの種類もたくさんあり、どの会社のどのカードを持つのが良いのかピンとこないことが多いでしょう。

そこで今回は、おすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介し、各カードの特徴や利用するメリットを合わせて紹介していきます!

クレジットカードのおすすめランキングを発表!

 

この記事では、独自に厳選したクレジットカードをランキング形式で紹介していきます。

下の順位・カード名をクリックするとそれぞれの項目までジャンプできるので、お急ぎの方はご利用ください。

第5位 NEO MONEY

第4位 Yahoo! JAPANカード

第3位 マネパカード

第2位 EPOSカード

第1位 三井住友トラスト・カード

 

おすすめランキング第5位 NEO MONEY

海外旅行にはコレ!NEOMONEYはこちらから!!

 

年会費 無料
特徴 ・どこで引き出しても為替レートは共通

・13歳以上であれば誰でも取得できる

・海外ホテル予約サービスが利用できる

・手荷物の宅配サービス

補償内容 ・紛失や盗難時の残高補償
こんな人におすすめ! ・海外旅行や留学に行く方

・海外でついついお金を使いすぎてしまう方

 

NEOMONEYは日本円でチャージをすることで、ウォンやドル、ユーロといった計10種類の外貨で引き出すことが可能となります。

手数料

海外でATMを利用すると意外とかかってしまうのが、ATM手数料ですよね。

また、紛失や暗証番号の再発行などトラブルへの対応でもお金がかかってしまう場合が多くあります。

各種手数料をまとめてみると下のようになります。

名目 手数料
年会費 無料
カード発行手数料
チャージ手数料
海外サービス手数料 海外ATMご利用、海外ショッピングご利用時に、取引が決定した為替レートで4%
海外ATM手数料 現地通貨の引き出しや残高照会1回につき200円
口座管理手数料 無料
暗証番号変更手数料
カード再発行手数料
払い戻し手数料 500円+税

カードの利用や現地通貨の引き出しには毎回手数料がかかってしまうので、利用回数はなるべく少なく、まとまった取引を行うのがおすすめです!

各種特典サービス

NEOMONEYを利用することでいくつか受けられるサービスがあります。

まず、海外ホテルの予約サービスであるアップルワールドで予約をすると通常料金から5%割引の価格で利用することができます。

また、大きな荷物になりがちな空港と自宅の移動を助ける手荷物宅配サービスも利用できます。

成田国際空港や羽田空港(国際ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港といった国内の4つの国際線で利用できます。

往路では手荷物一つあたり100円、復路では200円、往復では300円の割引となります。

おすすめランキング第4位 Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードはこちらから!!

年会費 無料
特徴 ・カードブランドが選べる

・Tポイントが貯まる

・Apple Payの利用が可能

・ETCも支払い可能

補償内容 ・月額490円でプラチナ補償

→盗難や破損、事故など幅広く対応

こんな人におすすめ! ・Tポイントカードを利用する方

・家計の収支を一括したい方

 

Yahoo! JAPANカードの最大の特徴はポイントがザクザク貯まること!

Yahoo! JAPANカードの最大の強みは、利用額の1%がTポイントとして付与される点です。

現在加入されると、期間固定Tポイント8,000円相当が進呈される(※カード利用後、およそ2か月後の10日に付与)のでおすすめですね。

気になっている人は急いで入会しましょう!

安心のプラチナ補償!

Yahoo! JAPANカードの利用者は月額490円でプラチナ補償に加入することができます。

プラチナ補償では、以下のような充実した補償のラインナップが揃っています。

補償内容 補償金額
修理補償 ・メーカーの保証書がある場合は修理費用の100%

・メーカーの保証書がない場合には修理費用の50%

破損補償 ・購入金額の90%
盗難補償 ・購入落札額の60%
返品補償 ・購入金額の50%
旅行・イベントキャンセル補償 ・チケット購入額またはキャンセル料の全額

 

Apple PayやETCなど便利なサービスと連携!

最近では現金に変わって、電子マネーを利用する機会が増えてきました。

そうした中で人気となっているApple Payの支払いをYahoo! JAPANカードから行うことができるのです。

また、高速道路の通貨料金を支払うETCもYahoo! JAPANカードから引き落とせるので、家計の資金の出どころを一括できる

ので、収支管理が楽になりますね。

おすすめランキング第3位 マネパカード

Manepa Cardはこちらから!!

 

年会費 無料
特徴 ・手数料がクレジットカードの実質半額

・円やドル、ポンドなど6つの通貨でチャージや買い物ができる!

・申し込む際に審査が不要

補償内容 ・海外専用カードとして利用すると、紛失時には電話や連絡は一切不要!カードの会員サイトから簡単にセキュリティーロックができる!

・カードで購入した商品に欠陥や盗難被害があれば総額50万円まで補償!

こんな人におすすめ! ・海外旅行に行く方

・留学・海外出張に行く方

・外貨取引を行う方

Manepa Cardは、円やドル、ポンドなど6つの通貨で利用できるデビットカードです。

国内はもちろんのこと、海外のATMで現金を引き出すことができますが、現地のマスターカードのマークがあるお店でのお買い物や食事などでも利用ができます。

手数料

海外でクレジットカードを使うとなると、為替手数料などで1~2%程度の手数料がかかってしまうのに対し、Manepa Cardを使うことでこうしたコスト半額近くに抑えられるというメリットがあります。

マネパカードのホームページより

 

補償内容

最近では、カードを利用することで自動的に補償が付帯するサービスも増えてきました。

Manepa Cardでは、24時間365日のサポートセンターでのトラブル対応に加え、盗難・紛失にあった際には連絡時点での残高を補償するといったありがたい仕組みが設けられています。

さらに、現地トラブルでカードの利用を停止したい場合にはカードの会員サイトから簡単に利用停止ができるので、盗難後に不正利用される心配も少ないです。

また、カードショッピング保険がついており、購入した商品に不備があった場合や盗難に遭った場合には、総額50万円までの範囲で補償がなされます。

国内利用も十分お得!

ここまで海外で利用する際のManepa Cardのメリットを紹介してきましたが、国内の利用でも大きなメリットがあります。

まず、国内で利用すると利用額の0.5%がキャッシュバックされます。

そのため海外旅行だけでなく、普段使いのカードとしても便利です。

また、「海外旅行でチャージしたお金が余ってしまった」なんて時には、手数料ほぼ0円で国内で利用ができます。

おすすめランキング第2位 EPOSカード

年会費永久無料!エポスカードはこちらから!

年会費 無料
特徴 ・提携店舗やサイトで利用するとポイント最大30倍

・年間利用額に応じたボーナスポイント

・飲食店や遊園地、カラオケなどの施設で割引

補償内容 ・傷害死亡補償

・傷害治療補償

・携行品損害補償など

こんな人におすすめ! ・海外旅行に行く人

・初めてのカードを持つ学生

 

充実したポイント還元制度

EPOSカードでは貯まったポイントをプリペイドカードに移行してお買い物に使ったり、商品券やマイルに変換して利用することができます。

ネット通販や飲食店、公共料金や家賃の支払いをEPOSカードで行うことで、自然とポイントを貯めていくことができます。

特に通販サイト「たまるマーケット」を利用すると、最大ポイント額が30倍、旅行やホテルの予約を会員用サイト「エポトクプラザ」から行うことで最大6倍のポイントアップが得られます!

飲食店・レジャー施設での優待割引

EPOSカードを利用すると、ポイントが貯まるだけでなく料金の割引を行われる店舗や施設があります。

例えば、レジャー施設だと富士急ハイランドよみうりランド、映画館だとHUMAXシネマズ各店で割引特典が得られます。

またカラオケチェーンのシダックスではいつでもルーム料金が30%OFFになるので、遊びたい盛りの学生にはもってこいのカードですね。

海外旅行でも安心の保険

EPOSカードでは年会費無料にも関わらず、かなり充実した補償を受けることができます。

傷害死亡・後遺障害については最高で500万円、海外での急な病気などへの疾病補償が最高で270万円、携行品の盗難や破損については20万円までが保険でカバーできます。

また、万が一カードを紛失しても61日前まで遡り、不正使用額の全額を補償してくれるサービスもあります。

また、カードの利用のたびにメールが送信されるので、知らない間に使われていたなんてケースを未然に防ぐことができます。

おすすめランキング第1位 三井住友トラスト・カード


3種類から選べるクレジットカードはこちらから!

 

今回紹介するのは、

・三井住友トラストVISAカード

・三井住友トラストVISAレディースカード

・ロードサービスVISAカード

の3種類です。

年会費

三井住友トラストVISAカード ・初年度は無料、2年目以降は1250円+税
三井住友トラストVISAレディースカード ・初年度は無料、2年目以降は1250円+税
ロードサービスVISAカード ・初年度は無料、2年目以降はカード年会費2000円+税、ETC年会費500円+税

※2年目移行は前年度に一回以上ETC利用のご請求があれば無料となります

付帯サービス

三井住友トラストVISAカード ・海外旅行傷害保険
三井住友トラストVISAレディースカード ・海外旅行傷害保険

・国内旅行傷害保険など

ロードサービスVISAカード ・24時間年中無休のロードサービス

・自走が不能の場合の帰宅・宿泊費用を支援など

 

三井住友トラストカードの利点は、自分の利用目的に応じてカードを選ぶことができるという点です。

家族用のカードとしての利用や、男性の場合は三井住友トラストVISAカードがおすすめです!

(↓カード発行はこちらから!)

海外旅行傷害保険付きクレジットカード

また、女性の方は保険のカバー範囲が広がった三井住友トラストVISAレディースカードがおすすめです。

(↓カード発行はこちらから!)

女性専用クレジットカード!

ETCや自動車関連でのカード利用が目的なら、ロードサービスVISAカードがおすすめです!

(↓カード発行はこちらから!)

無料のロードサービス付きカードなら

 

クレジットカードとデビットカードの違いとは?

まとめ

 

クレジットカードのおすすめランキングはいかがでしたか?

自分が利用する目的や、利用金額によってどのカードがベストかは変わってきます。

また、デビットカードにするかクレジットカードにするかも悩みどころですね。

クレジットカードを利用する際には、支払いが滞らないようにすることには注意が必要です。

クレジットカードの仕組みや、利用する際の注意点は下のリンクのページに詳しく載っているので、気になる方は見てみてください!

クレジットカードの仕組み!滞納やブラックリストって?