電力自由化はいつから?メリットやデメリット・仕組みは?

現在、電力が自由化されていることはご存知ですか?

ひとり暮らしをしている人はどの電力会社を選択するかで迷った人も多いかもしれません。

今回は電力自由化の目的やメリットを解説していきます!

電力自由化について

自由に契約ができる?

電力自由化は、2016年4月から始まりました。

今までは地域ごとの電力会社が独占し、電力をどこで買うかを選ぶことはできませんでした。

しかし、電力自由化によりどこで電力を買っても良いということになりました。

つまりどの電力会社とも自由に契約が結べるようになったということです。

自由化の経緯

1993年のエネルギー―に関する規制緩和の提言により国内での電力自由化への流れが強まりました。

1995年には電気事業法が改正され、電力会社に電力を供給する独立系発電事業者の参入が可能になり電力自由化へ前進しました。

そして1999年の電気事業法の改正により電力自由化が一部認められました。

 

このような状況下で起こったのが2011年3月11日の東日本大震災です。

原発事故や計画停電などにより国民はエネルギー政策への関心が高まっていきました。

その後、議論が行われ、2014年の法律改正で電力自由化に向けた取り組みが本格的にスタートしたのです。

目的

安定した電力の供給!

従来は地域ごとで一つの電力会社が事業を独占していました。

そのため、万が一災害やトラブルがあると、電力供給がストップしてしまいます。

そこで電力の供給源を分散する目的で電力を自由化しました。

また、再生可能エネルギーなど、多数の事業者が参入したほうが安定供給という目的を果たせやすいと考えられます。

電気料金の高騰を防ぐ!

今までの電気料金は許可制になっており電力会社の申請通りになっていました。

電力料金は価格が上がりやすく下がりづらい形態がとられていました。

そのため、電力自由化で新規参入を許し競争させることで、電気料金を抑制しようと考えられたのです。

市場の展開!

再生可能エネルギーなどの新エネルギーの開発などの様々な研究を各事業がやりやすくなります。

多くの事業者が電力事業に参入するチャンスが広がったと言えます。

また、エネルギー関連の新たな分野が生まれることで、市場が拡大していく可能性もありますね。

メリット

自分に合った選択ができる!

購入先の選択肢が増えたことで、自分に合った電力会社の料金プランを選べるようになりました。

電力会社が増え、消費者が購入先を自由に選べば競争が起こり、企業は料金の値下げや新たなプランを作るようになります。

そのため、各会社は顧客獲得のために様々なプランを設けています。

 

例えば、

  • ポイントサービスで値引き
  • ガスとセットで安くする
  • 原発ゼロのエネルギーを購入できる

 

などが挙げられます。

また、電力会社だけでなく、ガスやガソリンを販売する業者、通信会社なども、セットで利用することでサービスするといったプランもあります。

安くなる!?

購入可能な電力会社は地域によって異なり、また人それぞれに合ったプランがあるため、適切なプランを選択すれば従来より安くすることができるでしょう!

各電力会社のホームページで料金シミュレーションができます。

世帯構成や住まいの場所によってシミュレーションができるので今の電気プランが合っているのかを確認してみるのも良いかもしれません。

様々なニーズに対応!

再生可能エネルギーで発電した電気や二酸化炭素の排出量が少ない電気、など環境に配慮した電気を使いたい人のニーズに答えることができます。

また、昼間はあまり使わない人や夜にたくさん使う人など多様化するニーズに対応できるようになります。

デメリット

安定供給がされない!?

電力自由化により技術のノウハウが未熟な事業が参入してくる可能性が考えられます。

管理がおろそかになってしまい「大規模停電」が増えるのではないかという懸念もあります。

 

しかし、このような懸念に対して、政府は安定供給のためのルールを作っています。

それは、仮に新電力がトラブルなどで電力を供給できない場合に陥った場合、既存の電力会社が補うというものです。

 

そもそも、新電力と契約しても送電線は今までのものを使用し、送電線は既存の電力会社が管理してるので、電力が不足した場合は不足分を補う義務があるのです。

このように不測の事態に備えて、様々な法整備がされているので、電力供給について不安に思うことはないのではないかと思います。

値上がりの可能性!?

これはすでに電力自由化が進んでいる外国での例ですが、大停電や値上がりという問題がありました。

電力会社が十分な電力を確保できなかったり、発電に必要な燃料費の高騰や再生可能エネルギ買取コストの増大が原因です。

何があるかはわかりませんが、こちらに関しても過度に不安に思うことはないのではないかと思います。

まとめ

 

今回は電力自由化について解説しました。

電力自由化によって、需要者は選択権が広がり、供給者は事業機会や競争が増加しました。

需要者にとっても様々な恩恵を受けることができます

今使っている電気プランが最適かどうか調べてみると良いかもしれませんね!