小学校6年間でかかる費用はいくら?私立と公立で学費を比較!

子供と夫婦

これから小学校に上がるお子さんをお持ちの方々は、お子さんをどこの小学校に通わせるのか、通わせるとなると学費はどれくらいになるのかなど、不安が尽きませんよね。

子どもに質の高い教育を受けさせたい、そのためには私立小学校に通わせたいし習い事もさせてあげたい、でも教育費がどれくらいかかるのか分からない…というお気持ちがあると思います。

なんと公立小学校と私立小学校では6年間で学費が400万円近く異なるのです!

もちろん両者にメリット・デメリットがありますが、どうしてそれほど異なるのか内訳を見ていくとともに、学校以外にもお金のかかる習い事の相場についても解説していきます!

私立小学校と公立小学校の学費を比較!

*以下、文部科学省のデータを参考にしています。

公立小学校の年間の学費は!?

平成28年度の、公立小学校1年間・子供1人あたりの平均学費は約10万円という結果が発表されています。

学費の構成は学校教育費(約6万円)と学校給食費(約4万円)となっています。

公立小学校とはいえ、年に10万円の支出は大きいですよね。

ただ、私立小学校に比べるとまだまだ可愛いものです。

私立小学校の年間の学費は!?

一方、私立小学校1年間・1人当たりの平均学費は約91万円となっています。

細かい内訳は、学校教育費(約87万円)と学校給食費(約4万円)です。

私立と公立では圧倒的に学校教育費が異なります。

確かに、私立小学校の校庭は芝生だったり、校舎が綺麗だったりとお金がかかっているところも多いですよね。

こうした教育環境の差が学費に大きく影響しています。

年間で81万円違う!

学校設備のみならず、やはり私立小学校は教育の質が高いのか、その分の学校教育費が高くなっていますね。

一方、給食費は私立と公立で大きな差はないようです。

まとめると、私立小学校に通わせるとすると、6年間で約486万円も公立小学校よりも高い学費を払うことになります。

年間で80万円近い教育費は一般家庭の平均年収の20%近くと考えると、なかなか私立小学校は誰でも行けるところではないことは歴然ですね。

小学生に人気の習い事とその費用は?

習い事はどれくらいさせる!?

教育費を考えるにあたって、欠かせないのが習い事ですよね。

これについても文部科学省のデータがあるので見てみましょう!

公立小学校に通う子ども1年間・1人当たりの平均習い事費用は約21万円

です。

一方、私立小学校に通う子供は約61万円です。

ここでも、公立と私立では大きな差が生じていますね。

お子さんには良い教育を受けさせたい気持ちは皆さん共通でしょうが、やはり収入によってどれくらい習い事費用にあてるかに違いがありそうです。

また、周りの子供さんの習い事にも左右されるため、お嬢様学校などに入ると必然的にお金のかかる習い事をするようになる環境的な要因もありそうです。

習い事は手取り収入の5%が目安!

お子さんに良い習い事をさせたくて家計にとって無理をしてしまうと、将来必要な学費や急な出費に対応できなくなってしまう可能性があります。

それでは元も子もありませんよね。

では、目安として習い事費用はどれくらいが理想なのでしょうか?

一般的には、

世帯収入の7~8割である手取り収入の5%が理想とされています

例えば、年収が400万円の場合は手取り収入が320万円程度、目安の習い事費用は1年あたり16万円となります。そうすると単純計算で1か月あたり1万3千円ですね。

小学生に人気の習い事とその費用は?

では、皆さんは具体的にどんな習い事をしているのでしょうか。

小学生になったら子供に通わせたい習い事」アンケート(出典:KIDSNA)によると、以下のような結果になりました。

小学生になったら子供に通わせたい習い事ランキング!
1位ーピアノ
2位ー英語・プログラミング
3位ーそろばん・習字
4位ーダンス
5位ー水泳

子供の感性や才能を育てるような習い事をさせたいと考える親御さんが多いのでしょうか。

英語やプログラミングなど、時代の流れとして必要なスキルを身につけさせたいという方も増えています。

習い事の王道のピアノなどは自宅にピアノを買ったりすると、かなりお金がかかってきそうですね。

最近ではスポーツなどよりも、英語やプログラミングなどの将来役に立つことが上位にきていることから、親御さんの教育熱心な様子が伺えますね。

皆さん、お子さんの興味に合った習い事を、家計と相談しながらやらせてあげているようです。

[kanren postid=”3900″]

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私立と公立でどちらの小学校に通わせるのか、どんな習い事をどれくらいさせるのか、教育に関して考えることはたくさんありますよね。

家計と相談しつつ、そういった悩みを解決するのにこの記事を役立てていただければと思います。

子供を大学まで通わせる費用の概算が以下のリンクで解説してあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

[kanren postid=”4920″]