競輪獲得賞金ランキング!レース別の優勝賞金や平均年収を発表

競輪選手

年末行われたGPで三谷選手が優勝し1億円を獲得するなど、今話題の競輪。

この記事では競輪の獲得賞金ランキングを紹介します!2018年の獲得賞金1位は誰の手に?

また本記事では女子競輪の獲得賞金について、競輪選手の平均年収についてもご紹介しています。

2018年男子・競輪獲得賞金ランキング!

2018年度の獲得賞金ランキングは以下の通りです。

順位名前期別都道府県級班獲得賞金
1位三谷 竜生101奈良SS255,313,000 円
2位脇本 雄太94福井SS148,773,000 円
3位浅井 康太90三重SS140,962,000 円
4位平原 康多87埼玉SS105,246,400 円
5位村上 義弘73京都SS87,907,000 円
6位村上 博幸86京都SS63,277,600 円
7位新田 祐大90福島SS57,783,800 円
8位清水 裕友105山口SS57,714,000 円
9位武田 豊樹88茨城SS57,194,300 円
10位原田 研太朗98徳島S149,800,500 円
11位古性 優作100大阪S147,752,000 円
12位山田 英明89佐賀S146,216,000 円
13位渡邉 一成88福島S145,796,000 円
14位菅田 壱道91宮城S144,889,800 円
15位香川 雄介76香川S144,304,200 円
16位松浦 悠士98広島S144,286,800 円
17位佐藤 慎太郎78福島S142,542,500 円
18位中川 誠一郎85熊本S142,251,000 円
19位中村 浩士79千葉S141,475,500 円
20位木暮 安由92群馬S140,571,000 円
21位和田 健太郎87千葉S140,404,000 円
22位山崎 賢人111長崎S239,406,800 円
23位郡司 浩平99神奈川S138,088,500 円
24位諸橋 愛79新潟S138,032,200 円
25位吉澤 純平101茨城S138,020,500 円
26位柴崎 淳91三重S135,478,000 円
27位椎木尾 拓哉93和歌山S135,204,800 円
28位和田 圭92宮城S135,179,400 円
29位山中 秀将95千葉S135,021,400 円
30位渡邉 雄太105静岡S134,696,100 円

『KEIRINグランプリ2018』を優勝するなど2018年、2度のGI制覇した三谷 竜生選手が賞金ランキング一位に輝きました。

ちなみに優勝賞金の1億160万円の使いみちを問われると「物欲がないので決めてない。何か記念になるものを買いたい」と答えたそうです。

そんな三谷選手ですが、今年行われた12Rスタールビー賞で左肩鎖関節脱臼(全治6週間の怪我)をしてしまいました。しかし、先日行われてた復帰戦では2着でゴールするなど、怪我の影響を感じさせない走りを披露!2019年も三谷選手の活躍から目が話せませんね。

2018年ガールズケイリン獲得賞金ランキング!

続いて2018年ガールズ競輪の獲得賞金をTOP20からご紹介します!

順位選手名都道府県級班獲得賞金
1位児玉 碧衣108福岡L127,184,000 円
2位石井 寛子104東京L115,800,000 円
3位石井 貴子106千葉L115,431,000 円
4位高木 真備106東京L114,056,000 円
5位尾崎 睦108神奈川L113,483,700 円
6位鈴木 美教112静岡L113,308,000 円
7位奥井 迪106東京L112,869,000 円
8位長澤 彩106愛知L112,802,000 円
9位山原 さくら104高知L112,663,000 円
10位梶田 舞104栃木L111,967,000 円
11位小林 莉子102東京L111,858,500 円
12位梅川 風子112東京L111,492,000 円
13位細田 愛未108埼玉L111,330,700 円
14位荒牧 聖未102栃木L110,507,600 円
15位内村 舞織112福岡L18,888,000 円
16位東口 純108石川L18,777,600 円
17位石井 貴子104東京L18,677,000 円
18位坂口 楓華112京都L18,646,000 円
19位小坂 知子104岐阜L18,605,000 円
20位大久保 花梨112福岡L18,578,000 円

年末に行われたガールズケイリン総決算レース、「オッズパーク杯ガールズグランプリ2018」で優勝した児玉 碧衣選手がガールズケイリンの優勝賞金1位を獲得しました!

しかも児玉選手は23歳で、デビューしてから三年しか立っていません。今後のガールズケイリン界を引っぱっていく選手になるでしょう!

歴代最高額を稼いだ競輪選手は?歴代ランキングTOP10

下記の表は、歴代年間での最高額を稼いだ競輪選手TOP10をご紹介します。

順位選手名都道府県賞金額
1位三谷竜生奈良101期2018年255,313,000 円
2位山田裕仁岐阜61期2002年244,348,500円
3位村上博幸京都86期2010年237,938,200円
4位神山雄一郎栃木61期1997年228,571,400円
5位海老根恵太千葉86期2009年224,791,000円
6位山田裕仁岐阜61期2003年215,344,600円
7位伏見俊昭福島75期2001年203,315,600円
8位山口幸二岐阜62期2011年197,653,511円
9位有坂直樹秋田64期2006年191,489,111円
10位吉岡稔真福岡65期1992年190,028,133円

歴代1位は、2018年度賞金王の三谷竜生選手!

歴代1位の要因の一つとして、競輪の賞金額の増加があげられます。

今年のKEIRINグランプリ(以下、GP)の優勝賞金は1億円160万円でした!2004年から1億円と設定され、今年はさらに160万円アップし、過去最高額を記録。

年間獲得賞金額の歴代2位は2002年の山田裕仁選手のの当時のGP優勝賞金は7千万円で現在より3千万円ほど少ないのです。

賞金額のアップの要因は競輪人気がさらに増してきているからだと言われています、今年も獲得金額を更新して欲しいです。

グランプリの優勝賞金は1億円!?グレード別優勝賞金額まとめ

競輪のレースは6つのグレードに別れていて、グレードが高いほど賞金額も上がります。

各グレードごとに出場出来る階級が定められているため、選手はより多くの賞金を獲得するために一つでも上の階級を目指します。

ここではグレード別の賞金について説明します。

GP

優勝書金額:1億160万円

主なレース:KERINグランプリ

レースのTOPが毎年12月30日の行われるKERINグランプリです。

KEIRINグランプリは同年のGIを優勝した選手と年間の獲得賞金ランキング上位者の合わせて9人により争われ、優勝者には約1億円の賞金が出ます。また同時にこの9名が翌年のS級S班となります。

G1

優勝書金額:2500~6000万円

主なレース:読売新聞社杯 全日本選抜競輪 日本選手権競輪 オールスター競輪

GPに次いでグレードの高いレースG1。、優勝者には1000万円を越える賞金とKEIRINグランプリへの出場権が与えられます。
出場出来るのS級選手のみとなり、ハイレベルな争いが繰り広げられています。年6回開催されます。

G2

優勝書金額:325~1940万円

主なレース:共同通信社杯 サマーナイトフェスティバル ヤンググランプリ ウィナーズカップ

特別選抜予選がなく、全選手が予選からスタートとなるためS級の選手全てに平等なチャンスが与えられる共同通信社杯や、デビュー3年以内の競走得点上位9名が出場出来るヤンググランプリなど、実力ある選手の為のレースです。

G3

優勝書金額:215~360万円

主なレース:国際自転車トラック競技支援競輪

G3は、各競輪場が開設日などを記念して、原則年1回開催(4日制)するオールS級選手によるレースです。

大会名に、◯◯周年記念◯◯◯杯などとつけている大会が多いです。また近年ではトラック競技を支援する目的のレースも増えてきています。

F1

優勝賞金:約110~162万円(S級)/約34~38万円(A級)

S級選手とA1班とA2班が出場します。S級選手とA級選手が同じレースに出ることはありません。

ガールズケイリンが開催される場合はS級戦5レース、A級戦が5レース、ガールズ戦2レース、の計12レースでの開催となっています。ちなみにF1のFは「fundamental」という意味だそうです。

F2

優勝賞金:約35万円(A1・A2)/約13.7万円(A3)

各競輪場で開催されるオールA級選手によるレース で、1年を通じて開催が最も多いレースです。
1日10レース開催されています。

競輪選手の収入源と年収額

ここまで競輪の賞金についてお話しましたが、競輪選手は大会の賞金以外にも、「出走手当」というものをもらっています。

出走手当とは、成績に限らず一回の競輪開催で出場するだけで支給される手当の事です。競輪選手の主な収入源はレースの賞金と出走手当です。

支給額は20万円前後で、年間出場回数に換算すると、30回で500~600万円になります。つまり、最低年収500万円が保証されていることになります。この金額に賞金が加算されるので、かなりの高額収入を得ることができます。

また競輪選手は、成績によって「S級」と「A級」の階級に区別されています。さらに班別に分けられ、それぞれのランクが決まります。トップクラスはS級S班、次いでS級1班から2班、A級1班から3班まで、全6段階となります。

ランク別に年収の平均が変わります。トップクラスのS級1班の平均年収は3,000万円前後、A級1班は1,100万円前後、最下位のA級3班で800万円前後です。

中でもS級S班は、「KEIRINグランプリ」の出場資格を得た9名のみに認められるランクで、その平均年収は1億円前後となります。

しかも最近ではケイリンの人気がさらに出てきています。競輪選手の年収はこれからますます高額になっていくのではないでしょうか?2019年も目が離せませんね。

お金のカタチではその他の公営ギャンブルに関する記事の掲載していますので、興味がある方はそちらもご覧ください!