専業主婦に必要な夫の年収は最低500万円って本当?

親子

働き方改革が推進されていくにつれて、共働きの世帯もだんだんと増えていきました。

 

しかし、こうした時代の流れがあるからこそ、女性の中には「専業主婦になりたい!」と希望する方も多くいらっしゃるようです。

 

専業主婦になるということは、夫の収入が世帯全体の収入になるということを意味しています。

 

では、妻が専業主婦になるのは夫の年収がどのくらいあると安心なのでしょうか?

 

年収いくらの夫なら妻は専業主婦になれる?

専業主婦になるには夫の年収が500万円以上!その内訳とは

ではさっそく、専業主婦になるためには夫の年収がどのくらいあると安心なのでしょうか?

 

一般的には、最低でも年収500万円以上なければ共働きをせざるを得ない状態であると言われています。

 

子どもも一人であればなんとか節約して生活していくことができますが、二人以上になると年収500万円では教育資金が到底足りなくなってしまいます。

 

というのも、仮に額面での年収が500万円であったとしても、税金や社会保険料を差し引いた後の手取りは380万円ほどとなります。

 

よって毎月使用できる金額は、およそ31万円となり、次のような内訳で生活をしていくと、なかなか貯蓄すら危うい状況になるのです。

 

  • 家賃:8万円
  • 食費:7万円
  • 光熱費:2万円
  • 保険料:2万円
  • 交通費:1万円
  • 電話通信量:2万円
  • 交際費:3万円

 

 

上のように比較的無駄なく生活をしたとしても、一人の収入で二人分の生活を支えるには、合計で25万円の出費となり、貯蓄は6万円ほどしか作れないことになります。

 

年間では70万円ほどの貯金をすることになりますが、子供がいるケースではより厳しくなっていきます。

男性の平均年収はいくら?

男性の平均年収は国税庁の統計によると、515万円ほどですので平均的な男性であればこの水準を満たしていると考えられます。

 

しかし、年収が515万円といっても手取りは400万円ほどとなりますし、毎月の手取り換算すると32万円ほどなのでかなり厳しくなってしまいます。

 

また、老後資金の貯蓄もしなければならないとなると、ゆとりを十分に確保しつつ、専業主婦になるならば、年収は600万円〜700万円程度は欲しいところですね。

 

ただし、これらの条件は東京と地方では全く異なります。

 

都内に比べれば、地方の家賃や物価はかなり安いので、年収が同じ500万円でも生活水準は住むところによって大きく変わることに注意しましょう!

 

夫の年収が500万円未満だと専業主婦は厳しい?

「夫の年収は出世すればいつか上がっていくし、若いうちから専業主婦になりたい!」と考えている方も多いでしょう。

 

では、夫の年収が300万円〜400万円台といった500万円に満たない水準では、専業主婦になることはできないのでしょうか?

 

この場合には、確かに夫婦の収入だけではまかなっていくことは難しいでしょう。

 

ですが、親からの援助が受けられたり、すでに多額の貯蓄がある場合などであれば、夫の年収だけではないお金の入りがあるので、専業主婦になることも可能です。

 

しかし、子供ができたりマイホームの購入を検討する段階にはもっと家計は厳しくなると考えると、あまり若いうちから収入以外に頼ってしまうのは得策ではないのかもしれません。

 

では、30歳までで年収が500万円に到達できる男性はいったいどのくらいいるのでしょうか?

 

専業主婦は狭き門?30歳男性が年収500万円に到達する割合は?

 

「30歳までには結婚して家庭に入りたい!」という目標を掲げている女性が多くいらっしゃるので、ここでは30歳の男性がいったいどのくらい稼いでいるのかをチェックしていきます。

 

転職サイトDODA(デューダ)によるリサーチによれば、30歳時点での男性の年収の分布は以下のようになっているようです。

 

  • 300万円未満:11%
  • 300万円〜400万円:30%
  • 400万円〜500万円:32%
  • 500万円〜600万円:16%
  • 600万円〜700万円:7%
  • 700万円〜800万円:3%
  • 800万円〜900万円:1%
  • 900万円〜1000万円:0%
  • 1000万円以上:0%

 

 

ご覧の通り、先ほど紹介した年収が500万円のラインを30歳の段階で超えることができるのは、全体のわずか28%だけなのです。

 

また、ゆとりのある生活が送れるであろう、年収700万円の水準に至ってはたったの4%に過ぎないので、専業主婦になって、習い事に通ったり、ランチを楽しむ、なんて生活はほとんどの男性の年収では厳しいのが現実です。

 

実際、こうした年収に届かず家計も不安定になってしまう家庭も多くあります。

 

「子供のいる世帯の生活状況および保護者の就業に関する調査」によれば。専業主婦家庭の約12%が貧困層であるという結果が出ています。

 

貧困とは行かなくとも、奨学金を借りなければ高校や大学へいくことが困難であったり、そもそも進学の選択肢を持つことができないといった家庭も増えてきています。

 

夫婦生活だけでなく子供の将来を考えると、夫の収入が十分な金額で安定しないうちに専業主婦になるのはあまり現実的ではないですね。

専業主婦になりたい女性の割合は?専業主婦を希望する理由とは?

PC操作する女性

 

専業主婦の倍率は約10倍!ゆとりのある夢の専業主婦になれるのは何%?

先ほど、ゆとりのある生活に必要な年収のラインである700万円を30歳時点でクリアしているのは、たった4%しかいないということをご紹介しました。

 

では、反対に専業主婦を希望している女性は世間にどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

株式会社三菱総合研究所が平成25年に行った少子高齢社会等調査検討事業報告書(若者の意識調査編)によると、女性のうち約35%もの方が専業主婦を希望しているという結果になっています。

 

つまり3人に1人は専業主婦を希望しているという状態です。

 

すると、年収700万円以上の男性がそもそも4%しかいないにも関わらず、夢の専業主婦ライフを望んでいる女性は35%もいるという現状が垣間見ることができますね。

 

意外にも、専業主婦を希望している女性の中で、ゆとりのある生活を送ることができそうなのは10人に1人程度にしかならない狭き門なのです。

 

それでも専業主婦になりたい!女性が専業主婦を希望する理由とは?

ここまで見てきて、ドラマなどでよく目にするような余裕のある生活を専業主婦として送ることはハードルが高いことがわかったかと思います。

 

そうした状況にも関わらず、根強く女性が専業主婦を希望するのはどんな理由によるものなのでしょうか!?

 

ここでは、一般的に言われている専業主婦を希望する動機をいくつかご紹介していきます。

 

  • 親が専業主婦で幸せそうだったから
  • 外での仕事よりも掃除や洗濯・調理といった家事が好きだから
  • 子供と一緒にいる時間を大切にしたいから
  • 自分も働くと夫とのすれ違いの生活になってしまうから
  • 精神的に余裕が持てるので、夫との関係も良好に保てるから
  • そもそも仕事をするのがそれほど好きではないから

 

 

上記以外にもたくさんの理由が考えられますが、概ね夫の仕事をサポートしたり、自分には家庭での仕事の方が向いていると考えた結果、専業主婦を希望する女性が多くいるようですね。

 

また、働くこと自体は好きなので、パートや在宅ワークで家計も同時にサポートしようという女性も最近では増えてきている傾向にあります。

 

 

今回は、専業主婦として家庭に入るには夫の年収がいくら必要なのか、またそうした条件を満たしている男性が世の中にどのくらいいるのかなどを分析していきました。

 

現在の若手社員の方のご両親の世代は、まだまだ専業主婦という選択肢が一般的だったので、親に憧れて専業主婦になりたいと考えている女性も多くいらっしゃいます。

 

しかし、先ほどもご紹介したようにみなさんが夢見るような生活を送れるパートナーは実はそれほど多くはなく、かなり厳しい競争が待っているという覚悟も必要になります。

 

また、高年収で優秀な方ほど自立した女性を好むとも言われているので、専業主婦を希望しているからこそ、今頑張れることに打ち込むという姿勢が近道かもしれませんね。