上場企業出身の税理士が解説!失敗しない税理士の選び方とは?

「お金のカタチ」インタビュー つじ税務会計事務所

つじ税務会計事務所 代表税理士 辻 進一郎(つじ しんいちろう)氏

神奈川県川崎市出身。中央大学商学部在学中に、ゼミの教授から税理士の仕事について教えてもらい、興味を持つ。

卒業後は地元の金融機関に入社したものの、個人の力で社会に貢献したいという気持ちから、税理士として独立を決意し退職。

神奈川県の会計事務所で約7年働きながら、税理士試験に合格。税務の周辺業務に関する知識を幅広くつけるため、FP技能士2級の資格も同時期に取得。

その後、クライアント側の目線を養うために、一部上場の建設会社と商社にて勤務を経験。約8年の間、経理部の税務担当として従事した後、つじ税務会計事務所を独立開業し現在に至る。

上場企業の成功メソッドを活用した税務サポートとは?

つじ税務会計事務所 辻 進一郎 氏

つじ税務会計事務所の特徴や強みを教えてください。

まず、私は会計事務所・事業会社の双方で同じくらい働いてきたので、税理士側と経営者側どちらの目線からでもお話ができます。また、そこでの経験をお客様の税務会計サポートを通じて活かせるところが強みです。

 

事業会社の中でも、私はあえて一部上場企業2社を経験させていただきました。これには理由があって、経理部として会社の中で働くことで、一部上場に至るまでに成長してきた理由を知りたいと思ったからです。

 

私が思うに、上場している会社というのは、経営が上手くいっていないとそこまで大きくなれていない訳で、そこには総じて成功している秘訣があるはずなんですよね。

 

私は2社の経理部として税務・会計に関する業務を行っていたのですが、どちらの企業でも「月次会議」という毎月の振り返りを欠かさず行っていました。

 

そこでは、社長だけでなく各部門長が集まり、毎月の売上や利益、目標達成・未達の要因から年間目標に対する現状まで、綿密に話をしていました。

 

ですから、上場企業ほどのクオリティーでなくとも、社長と私の間で月次会議を行い、毎月の振り返りを行っています。中でも、そこで使う月次報告書は、お客様にとって分かりやすく必要な情報を提供できるよう、お客様ごとにオリジナルで作成しています。

 

税理士の中でも、毎月ここまでこまかくお客様と話しているところは少ないようです。おかげさまで、最近ではこのような取り組みが金融機関からも一定の評価をいただくようになり、借り入れの際もスムーズに話が進むようになったとお喜びのご報告をいただいております。

特にお取引の多い業界はありますか?また、お客様からどのようなご相談が多いですか?

基本的に業界は幅広く対応していますが、ありがたいことに、開業当初は前職からのご紹介をいただいたこともあって、商社関連のお客様は少し多いですね。

 

お客様からのご相談内容としては、成長に向けた事業拡大に伴う、お金に関する内容が多いです。

 

例えばどこかに出店したい、仕事が増えてきたのでもっと人を増やしていきたい、といった目標をお持ちでいらっしゃるものの、資金が足りない。そういったお悩みに対し、状況に応じて銀行からの借り入れを行うための計画を立て、月次会議を通じて資金繰りのプランについてお客様と共有しています。

 

私自身もお客様の未来について一緒に考えることが好きなので、お客様の目標を達成するための計画作りや、そこに到達するまでのサポートを得意としています。

 

とはいえ、私は何でも話せる間柄を目指しているので、その他でも色々お話を聞かせていただいています。

 

経営者様は、なかなか周りに相談できる人がいらっしゃらないと思います。従業員に関するお悩みやプライベートなお悩みまで、色々と窓口になれるよう全力でサポートさせていただけるよう取り組んでいます。

経営者と税理士の関係は、〇〇と似てる?税理士選びで重視すべきポイントとは?

つじ税務会計事務所 代表税理士 辻 進一郎 氏

自分に合った税理士を選ぶためには何が重要ですか?

税理士は、基本的に顧問契約という形で半永続的に長い期間お付き合いをしますよね。また、経営数値や会社の内部状況を税理士にさらけ出すことにもなります。

 

そういう意味では、私は経営者様と顧問税理士の関係は、夫婦関係に近いと思っています。

 

どんなに美人でお金持ちだったとしても、一緒にいて疲れてしまうような人とは結婚しても上手く行きませんよね?

 

税理士選びにおいても一緒で、最初に話をした時点でウマが合わずに話が進まなかったり、問題点ばかり言われて萎縮してしまったりする、「一緒にいて疲れる」税理士では、どんなに評判が良かったとしても、経営者様の本質的なお悩みが引き出せず、良きパートナーにはならない可能性が高いです。

 

得意としている事業領域や顧問料、税理士事務所の看板などに左右され過ぎず、経営者様がお持ちになった第一印象や感覚を大事にしていただけたらと思います

 

それから、税理士側からアクションを起こせる「提案型」の税理士を選ぶこともポイントです。

 

社長の悩みに対して答えを出せなかったり、聞かないと答えを用意してくれなかったりする税理士は、お客様に対して誠心誠意尽くしてくれていないと思います。

 

もちろん税理士側の提案内容も大事ですが、まずは提案してくれる姿勢を持った方かどうかを見てみると良いと思います。

最後に、経営者の方々に一言お願います。

経営者の皆様には、もっと税理士を有効活用していただきたいと思っています。

 

経理業務は、営業とはあまり関係のないところの業務になりますよね。その仕事を税理士にお任せして、ご自身が夢を叶えるための時間に集中していただく方が、業務効率的にも気持ち的にもメリットがあるはずです。

 

そのような形で上手く仕事を進めていくためには、一緒に添い遂げられるパートナーとなり得る税理士を見つけることが大事です。

 

税理士に仕事をお願いしたいと思っていらっしゃる方や、現在契約している税理士にご満足いただけていない方は、ぜひ一度他の税理士とお話しをされてみてはいかがでしょうか。

 

 

つじ税務会計事務所の詳しい情報はこちら↓

つじ税務会計事務所

住所:〒272-0021 千葉県市川市八幡2-2-4 さいとうビル4F

TEL:047-316-0609

FAX:047-316-0870

代表:辻 進一郎

HP:http://www.tsuji-tax.com