プリスクールの費用相場は?インターナショナルスクールとの違いを分かりやすく説明

アイデア

子供の将来を考えて、プリスクールに通わせることを検討している方もいるでしょう。

実際に、小さい頃から英語を学ぶと、日本にいながらも、留学した時と同じくらいの英語力が身につくといわれています。

「でも、プリスクールって学費が高いんじゃない?」と疑問に思っている方は大勢いるはずです。そもそもプリスクールとはどういった施設なのでしょうか?インターナショナルスクールとは何が違うのでしょうか?

そこで、本記事では、プリスクールの費用や、インターナショナルスクール違いについてご紹介します。

また、本記事では、プリスクール以外にも、安くできる!子供向けのオススメ英語教育を記載しております。ぜひ参考にしてみてください。

プリスクールとは?インターナショナルスクールの違いとは?

プリスクールと、インターナショナルスクールの違いは何でしょうか?

両者の定義についてみていきましょう。

プリスクールとは、その名のとおり「学校(school)の前(pre-)」に通う保育施設です。つまり、小学校就学前までの児童が対象となっています。プリスクールでは、基本的には日本人の子ども向けの英語保育施設となっています。

そのため、保育をしてくれる先生全員が、ネイティブというわけではありません。

バイリンガルの日本人の先生や、保育の部分を補うための保育士さんがいたりと、園によってさまざまなようです。

スクール内の公用語は基本的に英語のところが多いですが、英語を教えるところではなく、英語を使って保育を行う、またはその生活環境の中で自然に英語を身につけてもらう、という目的を持っています。

一方インターナショナルスクールはもともと、外国から親の転勤などの都合で日本に来る子どもや帰国子女などのための学校だった背景があります。

そのため、昔からあるインターナショナルスクールでは外国籍の子どもが多いです。先生もネイティブで、授業内容も英語を母国語としている子供に向けて作られています。

しかし、現在では日本の子ども向けのインターナショナルスクールも増えてきて、プリスクールとの差がほとんど無くなってきていてます。

つまり、インターナショナルスクールといっても、上記のようなプリスクール寄りと昔ながらの外国人向けのインターナショナルスクールがあるのです。

この2つを見分ける方法は、「入学時期」です。プリスクール寄りのインターナショナルスクールでは、日本の学校への進学を考えて4月入学、外国人向けのインターナショナルスクールでは、海外と同じ9月入学となっています。

プリスクール、幼稚園、保育園の違いは?

幼稚園や保育園とどういった違いがあるでしょうか?

プリスクールと、幼稚園などと比べて、保育の面で不安を感じるかもしれません。

しかし、最近では、ほとんどのプリスクールで保育士資格や幼稚園教諭免許の保有が求められてきています。

下記の表は、プリスクール、幼稚園、保育園の主な違いを表にまとめたものとなっています。

施設保育対象保育時間免許
プリスクール1歳~小学校就学前まで7時30分~14時海外の幼稚園教諭または海外の保育士資格
幼稚園0~小学校就学前まで9時~14時まで幼稚園教諭
保育園3歳~小学校就学前まで7時30分~17時保育士

プリスクールの費用はいくら?

やはり、気になるのは費用ですよね。

プリスクールは保育園などと違い、通う頻度やスクールによって値段が大きく変わります!年間の費用の目安は、130~200万円ほどと見積もっておくと良いでしょう。

費用が高く通えないという家庭では週に1回、プリスクールを習い事のように利用することもあります。

下記は、2~3歳を対象にしたスクールの料金です。

入会金約4.3万円
年会費約1.3万円
4時間×週1日約2.6万円
4時間×週2日約4.5万円
4時間×週3日約6.7万円
4時間×週4日約8.6万円
4時間×週5日約10.4万円

つまり、このスクールでは週5日、お子さんを預けると年間で、約130.4万円ほどかかります。

幼稚園、保育園、プリスクールの費用を比較

プリスクールでは、授業料以外にも、入学金や設備等などがかかります。

下記の表は、幼稚園、保育園、プリスクールでの、初年度にかかる費用を比較したものとなっています。入学時にかかるお金は、制服代や、設備などが含まれています。

施設志願時入学時授業料初年度合計
保育園0円030万円30万円
幼稚園2万円20万円50万円72万円
プリスクール3万円30万円150万円183万円

やはり、プリスクールに進学した場合、保育園などと比べて何倍も費用がかかりますね!

インターナショナルスクールに進学したらいくらかかる?

プリスクールを卒業した後、そのままインターナショナルスクールに進学させたい。と考えている方もいると思います。

もし、卒業後に、インターナショナルスクールに進学した場合費用はいくらほどかかるのでしょうか?

インターナショナルスクールに進学すると、6年間の費用が1000万円以上かかるといわれています!下記は、小学校6年間でかかる費用を比較した表になります。

学校1年間の費用卒業するまでにかかる費用
公立小学校30万円180万円
私立小学校70万円420万円
インターナショナルスクール200万円1,200万円

ちなみに、インターナショナルスクールの費用の内訳は以下のようになっています。

 入学金:約20〜50万円
授業料:約100〜250万円
施設使用料:約20〜50万円
教材費:約20〜50万円
その他:10〜20万円

プリスクールの費用を安く抑える補助制度はあるの?

プリスクールの費用を安く抑える補助制度はないのでしょうか。

実は、プリスクールにも使える制度はあります。

それは、幼児教育無償化です。幼児教育無償化は、2019年10月から実施される制度です。本来は、保育園に通う家庭にのみ、保育料を負担する制度なのですが、一定条件を満たした場合、プレスクールにも適用されます。

その条件というのは認可保育所に入ることができなかった場合の代替措置として、プレスクールなどの認可外保育施設を利用するという場合です。

また、完全無償化になるわけではなく、保育所の保育料平均した金額が上限となっているようです。ちなみに全国を平均した金額は月額3.7万円ほど(3~5歳まで)となっているようです。

つまり、一定の条件を満たした場合、毎月、3,4万円ほどの補助を受けることができます。ただし、こちらの条件は厳しいのであまり現実的ではありません。

そのため、プリスクールの費用は実費で賄う必要があるでしょう。

幼児の英語教育におすすめ!安く英語を学べる方法3選

インターナショナルスクールは、費用が高くて検討中の方に安く学べる英語教育方法を紹介。

①英会話スクール

インターナショナルスクールは「高くて厳しい」という方におすすめなのが英会話スクール!

月謝は1万円前後なので、料金を抑えながらも、本格的な英語に触れることができます。

他に紹介するオンライン英会話や自宅学習と違って、英会話スクールに通学する大きなメリットの一つは、直接、本格的な英語に触れることができます。

英会話スクールの先生はネイティヴスピーカーです。ネイティブスピーカーと日常的に触れ合うことができる機会は非常に限定されています。英会話教室は誰もがネイティブスピーカーとしっかり会話することができます。

小学校に上がる頃には、英語を使ってコミュニケーションを取れるようにもなります。最近では平日は保育園に通い、休日は英会話スクールに通わせる家庭も増えてきています。

②市販教材を使って自宅で勉強

市販教材を使って、自宅で英語をマスターするという方法もあります。

「どういった市販教材を買ったらいいか分からない」という方にオススメなのが、DVD教材を使った英語学習です。

DVD教材はキャラクターやストーリー性のあるものが多く、本などに比べて飽きにくく、英語に必要な継続的な学習がしやすいです。

さらに、参考書で教えると、どのように発音するのか分からず、誤った発音を教えてしまう可能性もありますが、DVDだと実際の発音を聞くことができます。

本場のリズムやアクセントを楽しく学ぶことができる市販教材を選んであげましょう!

③子供向けオンライン英会話

オンライン英会話を使う方法もあります。

オンライン英会話は、1レッスンおよそ30分です。レッスンは、1対1で行われるので、ずっと先生と話すことが可能です。英会話教室に通うよりも圧倒的に発言の機会も多くなるので、学習スピードも上がります。

しかも、月額1万円ほどで利用できます!自宅にいながら授業を受けることができるので、忙しくて、子どもの送り迎えができないって家庭に、特におすすめです!

ということで、今回は、プリスクールの費用や、お子様用の英語学習についてお伝えしました。

今回紹介した費用はあくまでも目安です、スクールによって学費は大きく異なります。もし、入学を検討している方は、お早めにスクールHPから詳しい内容を確認してみてください!

暮らしに役立つお金の情報を毎週1回無料でお届けしています!

プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください