20代の保険料の平均はいくら?選び方のコツや安くする方法を紹介!

ビジネスマン

20代の皆さん、保険料はどれぐらい払っていますか?

 

保険料負担がしんどいという人もいれば、自分の保険が本当に充分なのか不安な人もいるでしょう。

20代といっても、独身だったり家族がいたりと様々ですので、必要な保険もその分違います。

 

そこで今回は、独身・夫婦・ファミリーの平均の保険料を紹介したうえで、それぞれの保険選びのポイントや、保険料を安くするコツを紹介します!

 

様々なライフプランがあるからこそ保険は柔軟に対応させなければいけません。ぜひ最後までご覧ください!

20代の平均的な保険料はいくら?独身・夫婦・ファミリーごとに紹介!

お金と時計

では、20代の平均的な保険料を、独身・夫婦・ファミリーの3つに分けてみていきましょう。

 

男性 女性
独身 12,871円 11,798円
夫婦 12,869円
ファミリー 13,978円

保険市場調べ

まずは独身の20代の保険料から見ていきましょう。

 

男性の方が平均して1000円ほど高い保険料を支払っていますね。

圧倒的な差というわけではないので、これといった理由はないと思いますが、強いて言うなら死亡保険料は男性の方が少し高い傾向がある、ということぐらいでしょうか。

 

その理由はいたって単純、平均寿命が女性の方が長いからです。男性の方が早く死亡保険金を払う可能性が高いため、男性の方が死亡保険料が高く設定されているんですね。

 

そして、20代夫婦とファミリーを見てみると、やはりファミリーの方が高く保険料を払っていますね。

やはり、自分、または自分たちの身に何かあった時に、子供を守るためと、様々な保険に加入するパパママは多いようです。

保険選びの際に考えるべきポイントは?独身・夫婦・家族ごとに紹介!

ヒント

では、20代が保険を選ぶ際に考えるべきポイントを紹介します。

20代独身のポイント

20代独身というと、まだまだこれからの人生がどうなるかわからない、という人も多いでしょう。

 

この時期に終身型の保険を選ぶと、自分でも予想のつかないようなライフスタイルの変化によって、その終身保険が不要なものとなってしまう可能性もあります。

 

終身保険を選ぶな、というわけでもありませんが、慎重に選びましょう。

可能なら、保険期間が決まっている定期保険を選んでおいた方が無難でしょうね。

 

加入する保険の種類としては、まだまだ体も元気な場合が多いので、高額な死亡保険はそこまで必要ではありません。

ただ、何か病気になって働けなくなってしまう可能性はゼロではないので、保険加入を検討しているのなら、医療保険を中心に加入することをお勧めします。

 

その際には、自分が病気になった際にどれだけ公的なお金がもらえるのかということも含めて検討しましょう。

20代夫婦のポイント

まず、前提として、結婚するときにお互いが加入していて保険を確認しましょう。

結婚するにあたって、必要になる保険もあれば、不要になる保険もあります。お互いの保険加入状況を理解しておくことも大切なんですよ。

 

そして、お互いの保険を確認した後は、不要な保険を解約するなり、保険金の受取人を配偶者に変更したり、必要な手続きを済ませたうえで、新たな保険について検討しましょう。

 

夫婦で必要な保険は、その夫婦のライフスタイルにより様々です。

一つ、夫婦で保険を選ぶ際に基準となるのが、お互いの仕事の種類です。

 

大きく分けて、会社員・自営業・専業主婦(主夫)とありますが、特に会社員と自営業では、社会保障制度がまるっきり違います。

病気になった時などに、どれぐらい公的なお金がもらえるかを計算したうえで、不足分を保険で補うという考えで行きましょう。

 

お勧めの保険としては、こちらも同じく医療保険かと思われます。夫婦で稼いでいる方が病気で働けなくなった時の備えは非常に重要です。

医療保険だけではなく、給料のような形で保険金が手に入る、就業不能保険を検討してみるのもいいでしょう。

20代ファミリーのポイント

最も守るべきものが多いのがファミリーです。夫婦の時とは違い、子供が一人残されてしまったら、一人では生きていけません。

そういう事情もあり、子供ができると保険に加入・見直しをする親御さんはかなり多いようですね。

 

子供ができると、将来的に必要になる資金がグッと増えます。内訳は主に教育費なのですが、万が一の備えの必要性もおのずと上がりますよね。

 

具体的には、一家の大黒柱のお父さん、またはお母さんは高額の死亡保険金があるものに加入したほうがいいでしょう。

 

ただ、子供が独立するまでずっと高額な死亡保険金が必要かといわれると、そんなことはありません。

 

子供が成長していくにしたがって、必要な教育費は下がっていきます。

ですので、多額の補償が必要な時期だけをカバーするのなら、保険金が掛け捨てとなる定期保険に加入するという選択肢もあります。

 

なお、家計に余裕があるのなら、貯金代わりとしても利用できる終身保険に加入するのでもOKです。

 

子供の教育費という面に集中するのなら、学資保険に入るという手もあります。

保険料を安くするコツを6個紹介!今より家計が楽になるかも?

計画

20代という若い方々にとって、保険料負担は軽いものではありません。

 

そこで、そんな保険料負担が軽くなるかもしれない、〇つのコツを紹介します!

① 割引制度を利用する

保険には割引制度があるものが存在することをご存知ですか?

 

割引制度がある保険だと、条件をクリアすることで保険料が割引されます。

その条件というのは様々ですが、よくあるものだと、禁煙割引と健康体割引でしょうか。

  • 禁煙割引

禁煙割引とは、その名の通り、禁煙していることで保険料が割引される制度のことです。

 

これは主に生命保険に適用される制度です。

 

禁煙割引を受けるには、禁煙してから基本的に1年間経過していることが条件ですが、会社によっては2年間としているところもあります。

  • 健康体(優良体)割引

保険において健康体というのは、一般的に「BMIが18から27の範囲であること」や、最高血圧値140mmHg未満かつ最低血圧値90mmHg未満」などの条件をクリアしている人のことを指します。

 

BMIというのは、体重と身長の関係から算出される、肥満度を表す数値です。

体重kg ÷ (身長m)²という式で求められます。

 

例えば、身長が160センチで体重が50キロならば、19.53となり、健康体といえますね。

 

 

どうしてこのような割引制度が存在するのかというと、健康な人には保険金を支払う可能性が低いからです。

 

健康な人からしても、病気をほとんどしないのに、よく保険金を受け取る人と同じ額の保険料というのは、なんとなくもったいない気がしますよね。

 

保険会社としても、健康な人が全員保険を抜けてしまったら、保険というものが成り立たないので、このような割引制度を導入しているんだと思われます。

20代といった若い人は特に健康な人が多いでしょうから、このような割引制度は積極的に利用していきたいですね。

② ネット保険を利用する

最近増えているネット保険を利用するというのも、保険料を節約する方法の一つです。

 

ネット保険は、店舗代や人件費を削っているため、保険料が安く済むことが多いです。

申し込みがオンラインで完結することも多いので、24時間365日、自分の好きなタイミングで保険に加入することができます。

 

ネット保険だけを取り扱っている会社もあれば、大手の保険会社がネット保険にも参入していることもあるので、自分のお好みのものを選びましょう。

③ 共済保険に加入する

保険料が安く、主要な保険がワンセットになっているお手頃なものがあるのをご存知ですか?

その名も共済というのですが、皆さんも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

 

共済は、民間保険会社と違って、非営利で運営されています。それもあって、お手頃な保険が提供できるんですね。

 

ただ、保険料が安いこともあって、保障金額が少なめです。お子様がいたり、一家の大黒柱が共済一本で行くのは、少し危険かもしれません。

 

独身で貯蓄に余裕があったり、通常の保険プラスワンで入る分にはおすすめできますよ。

 

どちらにせよ、20代と若く、健康な方にとっては、選択肢の1つになりうるものだと思います。

④ 掛け捨て型の保険を選択する

保険には貯蓄型の保険掛け捨て型の保険があります。

 

貯蓄型の保険は、満期を迎えると、満期保険金というものが受け取れます。満期保険金は、振り込んだ保険料の合計より多いことがあり、貯金の代わりとして利用することができます。

 

それに対し掛け捨て型の保険は、満期保険金がない代わりに、保険料が圧倒的に安いです。

子供が大きくなるまでといった、限定的な期間だけ高額な保険が欲しい場合は、うってつけの保険ですね。

 

20代というとまだ給料も低いことが多いので、掛け捨て型の保険を選択するのもアリではないでしょうか。

⑤ 特約に不要なものや被っているものがないか確かめる

医療保険などによくある特約ですが、保険の営業マンに言われるがままにつけた結果、自分でもよくわからなくなってしまった、という人もいるんじゃないでしょうか?

 

そんな特約を確認してみると、明らかに不要なものがあるかもしれません。

 

また、生命保険の医療特約や傷害特約があるにもかかわらず、同程度の医療保険や傷害保険に加入しているということもあり得ます。

 

そういったものを整理すると、グッと保険料が安くなるかもしれまんよ。

⑥ 思い切って保険自体を見直し、乗換をする

いろいろ保険料を安くする方法を紹介してきましたが、いっそのこと保険自体を見直してみるというのも、大きな手です。

 

特に20代は、ライフプランや環境の移り変わりが激しく、必要な保険もどんどん変わってきます。

同じ保険でずっと行くことが、むしろ非効率な場合もあるかもしれませんね。

 

ただ、保険を見なおすとはいっても、契約書だのなんだのよくわからないという人も大勢いらっしゃると思います。

 

そんなときは、プロに保険の見直し相談をするという手もあります。

無料で保険相談できるところもたくさんありますし、自分に合ったよいよい保険を紹介してくれることでしょう!

 

以下のページでおすすめの保険相談所を紹介していますので、是非参考にしてください!

 

 

20代の保険料は環境によってさまざま!必要な保障を見定めよう!

寄り添う男女

いかがでしたでしょうか?

 

20代の保険料や必要な保険についてわかっていただけたでしょうか?

 

自分の環境やこれからのライフプランを考慮して、無駄のない保険が選べるといいですね!