40歳~44歳の平均年収はいくら?業種別・男女別まとめ


 

40歳~44歳の日本人の平均年収はいくらでしょうか?

40代前半は会社の中で管理職に昇進し、現場からマネジメントに移っている人も多いと思います。

プライベートでは子供が進学し教育費が増えていく時期でしょう。

そんな人生で一番円熟した時期の年収はどうなっているのでしょうか?

この記事では40歳~44歳の平均年収と業種別の年収、そして40歳時点で一番給料の高い企業についてまとめました。

40~44歳の平均年収

 

毎年発表される国税庁の「民間給与実態調査」では20歳から70歳まで年齢別に5歳ごとの階級に分けて平均年収を出しています。

この記事では平成28年度の資料をもとにそれぞれの数字を調査しました。

 

まず40~44歳の平均年収について見ていきましょう。

平均年収は以下のようになっています。

 

40~44歳の平均年収:460万円

男性の平均年収:563万円

女性の平均年収:302万円

 

平均年収は460万円でした。

男性の平均は563万円、女性の302万円と男女の差も大きくなっています。

これは女性が家庭や子育てを優先する傾向があるためです。

以下は年齢別の年収推移です。

国税庁の資料より作成

 

グラフを見ると男性は年齢が高くなるにつれて給料も増えていくことが分かります。

一方で女性は給料がほとんど変わらないか若干減少していくことが分かります。

 

みなさんは平均よりも多く貰っていますか?

貰っていなかったとしても心配する必要はありません。

実は業種によっても平均年収というのは大きく異なるからです。

 

日本の平均年収はいくら?男女格差・正社員と非正規の格差

業種別平均年収

 

次に見ていきたいのは業種別の平均年収です。

もし業界全体の平均が引くければ頑張っても給料は上がりにくいものです。

自分の働いている業界は給料の高い方でしょうか?低い方でしょうか?

それでは見ていきましょう。

 

業種別40代前半の平均給与

 業種 給与所得者数 平均給与
電気・ガス・水道業 3.1万人 774万円
金融業・保険業 17.5万人 655万円
情報通信業(IT産業) 26万人 623万円
製造業 142万人 522万円
学術研究・技術サービス・教育・学習支援業 28.9万人 509万円
建設業 61.7万人 507万円
不動産業 13.1万人 491万円
複合サービス事業(郵便・農協) 11.7万人 477万円
運輸業 41.7万人 443万円
卸売業・小売業 113万人 417万円
サービス業 86.9万人 395万円
医療・福祉 88.5万人 387万円
農林水産業 5.1万人 377万円
飲食サービス業・宿泊業 23.8万人 291万円

 

どうでしょうか?

一番年収が高かったのは「電気・ガス・水道業」で平均給与は774万円でした。

インフラ系の企業は大きな会社が多く、業績も安定しているので年収が高くなっていますね。

こうした会社は潰れる可能性もほとんどないのでかなりの優良業界なのではないでしょうか?(原発が爆発した東京電力ですら潰れません)

 

ランキングを見ると金融やIT業界が続いていきます。

どれも給料の高いイメージのある業界ですね。

 

一方で最下位は「飲食サービス・宿泊業」の291万円でした。

飲食や宿泊業といったらとても給料が低くキツイイメージがありますが、数字でも裏付けられました。

そのほかにも下位の業種は農業や福祉業などやはり仕事が大変で収入が少ないイメージの業種が並んでいます。

下位の業種の企業で働いている人は違う業種に転職すれば収入を上げることができるかもしれません。

40歳推計年収ランキングTOP15

 

最後に同世代で一番給料を貰っている人について見てみましょう。

経済紙の「東洋経済」が40歳時点の推定収入ランキングを発表しています。

どんな会社が給料をたくさんもらえるのか見てみましょう。

なお対象は上場している企業に限られます。

 

順位 会社名 40歳時点の推定年収 業種
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2271万円 M&A仲介
2位 GCA 2247万円 M&A仲介
3位 キーエンス 2023万円 製造業
4位 ストライク 1771万円 M&A仲介
5位 日本M&Aセンター 1537万円 M&A仲介
6位 ヒューリック 1410万円 デベロッパー
7位 伊藤忠商事 1339万円 商社
8位 朝日放送 1317万円 メディア
9位 三菱商事 1314万円 商社
10位 ファナック 1262万円 製造業
11位 電通 1239万円 広告
12位 ドリームインキュベータ 1197万円 コンサルタント
13位 丸紅 1184万円 商社
14位 住友商事 1179万円 商社
15位 三菱地所 1174万円 商社

 

どうでしょうか?

1位に輝いたのは「M&Aキャピタルパートナーズ」で40歳時の推定年収はなんと2271万円!!

飲食・宿泊業で働く人の約8倍の金額です。

M&AキャピタルパートナーズはM&Aと呼ばれる企業買収のアドバイスや仲介をメインに行っている会社でランキングの上位5社の内4社がこのM&A事業を行っています。

近年は中小企業を中心に後継者不足が深刻化ししているため事業継承を伴うM&Aが急増しています。

これらの会社はそうした流れに乗って急成長しているのです。

 

それ以外で見てみると平均年収日本一の企業としてたびたび取り上げられるセンサー等を製造販売している「キーエンス」が3位にランクインしています。

製造業としては10位に産業ロボット等を製造する「ファナック」もランクインしています。

これらの企業では高付加価値な製品を開発して販売しているため利益率が非常に高いことが特徴です。

また、商社やコンサル、広告代理店や不動産など収入の高いイメージのある企業が軒並みランクインしていることが分かります。

ランキング下位の企業でも1000万円を大きく超える年収となっています。

こんな企業に勤めている方はどんな暮らしをしているのでしょうか?

子供がこんな企業で働いてくれたらうれしいものですね。

 

年収別の手取り給料まとめ・手取りを増やすためには?

まとめ

 

40代前半の会社員の平均年収についてまとめました。

みなさんはどう感じましたか?

他人と比較ばかりするのは決していいことではないかもしれませんが、知識として知っておくのに損はないでしょう。

自分の収入と支出のバランスををよく見直して、計画的に貯蓄をし老後に備えましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう