アメリカでの働きがいのある企業ランキング!


 

アメリカと言えばグローバル大企業がひしめいている国です。

アップル、グーグル、アマゾンなど私たちの毎日の生活にとっても欠かせないサービス・製品を提供しています。

そんなアメリカの会社で社員からもっとも評価の高い企業がどこか知っていますか?

この記事ではアメリカの社員口コミサイト「glassdoor」をもとに社員からからの口コミが最も高い企業についてまとめました。

社員による口コミなので給料だけでなく、福利厚生や社風など様々な点を総合したランキングになっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アメリカで口コミ評価が高い企業TOP10

 

口コミサイト「glassdoor」の「2018 BEST PLACE TO WORK」からTOP10企業を紹介します。

さっそくランキングを見ていきましょう。

なおアメリカは企業内でも職種によって給与水準が違うので、平均給料は口コミの中で回答数が最も多かったポジションの給料を採用しました。

第10位 Ultimate Software(アルティメット・ソフトウェア)

本社:フロリダ州ウェストン

創立:1990年

業種:ソフトウェア&ネットワークソリューション

平均給料(ソフトウェアエンジニア):94,103ドル(約1000万円)

どんな会社?:人材管理向けクラウドシステムをを提供する企業

企業内の人材開発や人事、福利厚生、出退勤システムなどを効率化。

 

第10位には企業向けのソフトウェア企業アルティメット・ソフトウェアが入りました。

口コミを見るとワークライフバランスの良さや社員第一の文化があるそうです。

 

第9位 St. Jude Children’s Research Hospital(セント・ジュード小児研究病院)

本社:テネシー州メンフィス

創立:1962年

業種:研究機関

平均給料(ポスドク):55,065ドル(約600万円)

業務内容:子供を対象とした研究機関。小児がんなど難病の治療を専門に研究を行っている。

 

第9位にはセント・ジュード小児研究病院がランクインしました。

ガンなど子供の難病の治療法研究に取り組んで病院だそうです。

ワークライフバランスが整っていて、福利厚生がよく、生活コストが安いなどのメリットが挙げられています。

職場にジムもあるそうです。

第8位 World Wide Technology

本社:ミズーリ州メアリーランドハイツ

創立:1990年

業種:コンピューターハードウェア&ソフトウェア

平均給料(プロジェクトマネージャー):70,274ドル(約770万円)

業務内容:企業向けにサプライチェーンの効率化などのソリューションを提供する企業

 

第8位にはITテクノロジー企業のWWTがランクインしました。

こちらも主に企業向けのソリューションを提供しているのであまり有名ではないかもしれません。

口コミとしてはワークライフバランスの良さとチームのサポートが挙げられています。

また、コアバリューがしっかりしていて経営がぶれないことも評価されているようです。

第7位 HubSpot(ハブスポット)

本社:マサチューセッツ州ケンブリッジ

創立:2006年

業種:コンピューターハードウェア&ソフトウェア

平均給料(ソフトウェアエンジニア):107,178ドル(約1200万円)

業務内容:企業に対して顧客管理やマーケティングツールを提供する企業です。

 

第7位にはハブスポットが入りました。こちらも企業向けにクラウドを使ったパッケージサービスを提供しています。

口コミをみるとワークライフバランスの良さが多く挙げられていました。

在宅勤務も全く問題なく承認されるそうです。

フリースナック、ビール、ジムなどなんでもオフィス内にあるそうです。

第6位 lululemon(ルルレモン・アスレティカ)

本社:ブリティッシュコロンビア州バンクーバー(カナダ)

創立:1998年

平均給料(インストラクター):時給13ドル(1400円)

業務内容:ヨガなどフィットネスウェアの世界的人気ブランド

 

第6位にはフィットネスウェアブランドのルルレモンがランクインしました。

ワークライフバランスが良い、無料のジムでの講習が受けられるそうです。

また自社製品を半額で買えるそうです。

 

働きがいのある企業トップ5!

どうでしょうか?

ここまでは名前を聞いたことがない企業が多かったかもしれません。

いよいよトップ5の発表です。

日本人にとっても馴染みのある企業が登場してきます!

第5位 Google

本社:カリフォルニア州マウンテンビュー

創立:1998年

業種:インターネット

平均給料(ソフトウェアエンジニア):167,810ドル(約1800万円)

業務内容:検索サイトなど様々なウェブサービスの開発

 

第5位には検索エンジンを開発運営しているグーグルがランクインしました。

ワークライフバランスがいいそうです。

ご飯が無料で食べ放題、ジム使い放題だそうです。

第4位 In-N-OutBurger(イン・アンド・アウト・バーガー)

本社:カリフォルニア州アーバイン

創立;1948年

業種:ファーストフード

平均給料(スタッフ):時給12ドル(約1300円)

業務内容:250店舗を展開する大人気ハンバーガー店

 

第4位にはハンバーガーショップのイン・アンド・アウト・バーガーがランクインしました。

口コミを見るとアルバイトの時給がとてもいいそうです。

あとハンバーガーもまかないで無料で食べれるそうです。

第3位 Boston Consulting Group(ボストンコンサルティンググループ)

本社:マサチューセッツ州ボストン

創立:1963年

業種:コンサルティング

平均給料(コンサルタント):171,890ドル(約1900万円)

業務内容:グローバル戦略コンサルティング企業。企業の経営戦略のアドバイザー

 

第3位にはコンサルティング会社のボストンコンサルティンググループがランクインしました。

口コミを見るとチームワークが素晴らしく、仕事が面白く、賢い人が多く、急成長できる職場だそうです。

MBB(マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベイン・アンド・カンパニー)と呼ばれるトップのコンサル会社の中で一番ワークライフバランスがいいそうです。

第2位 Bain & Company(ベイン・アンド・カンパニー)

本社:マサチューセッツ州ボストン

創立:1973年

業種:コンサルティング

平均給料(コンサルタント):174,334ドル(約1900万円)

業務内容:グローバルリーディングコンサルティングカンパニー。経営者と働く。

 

第二位にはコンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーがランクインしました。

口コミを見るとワークライフバランスに配慮するようにマネジメントが行われているそうです。

また、どんなキャリアでも急成長できる職場だそうです。

第1位 Facebook(フェイスブック)

本社:カリフォルニア州メンローパーク

創立:2004年

業種:インターネット

平均給料(ソフトウェアエンジニア):195,055ドル(約2100万円)

業務内容:Facebookを運営

 

栄えある第一位にランクインしたのはSNSサービスを展開するFacebookでした。

口コミを見ると食べきれないぐらいの無料の食べ物があるそうです。

ワークライフバランスもいいそうです。

 

社員の評価が高い企業ランキング・決め手は給料?成長性?

評価される企業の共通点は?

 

アメリカの口コミサイトから2018年一番働きがいのある場所を以上紹介してきました。

これらの企業にどのような共通点があるのか見てみましょう。

ワークライフバランス

全ての企業について共通して言えたのはワークライフバランスがしっかりしているということでした。(少なくともワークライフバランスを改善しようと努力している)

アメリカ人が非常にワークライフバランスを重視していることが見て取れます。

高い給料

給料もとても大事な要素です。

口コミでも基本的に同じ業界、同じポジションの人よりは多く給料を貰っているという回答が目立ちました。

給料が多ければ多いほどいいわけではありませんが、かなり重要な要素だということが分かります。

手厚い福利厚生

上位にランクしていた企業はいずれも社内の食堂が無料だったりジムが無料でした。

またオフィスも新しくきれいなことがプラスポイントみたいです。

毎日働いていてメリットを感じられる福利厚生は必須だということが分かります。

まとめ

 

以上アメリカでの働きがいのある企業ランキングでした。

日本でも口コミサイトが同じようなランキングを出していますが、比べてみると日本とアメリカの違いがかなり浮き彫りになります。

興味のある人は以下の記事もぜひ見てみてください!

 

社員の評価が高い企業ランキング・決め手は給料?成長性?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう