大学別平均年収ランキング!東大や早慶・医学部は?


 

日本ではまだまだ「学歴社会」という風潮が根強く残り、就職活動ではもちろんのことクイズ番組でもたびたび出身大学対抗の企画なんかが行われていたりと、出身大学はその後の人生において大きなウエイトを占めています。

できることなら良い大学に行って、高い年収を稼げるようになりたいというのは誰もが願うことだと思います。

今回は、卒業生の平均年収が高いトップ50の大学を紹介していき、ランキングの考察も合わせて行っていきたいと思います。

出身大学別年収ランキングトップ50を紹介!

 

多くの人は偏差値が高い大学ほど平均年収が高いから、東大が第1位だろうと予想しているのではないでしょうか。

ですが、今回紹介するランキングでは意外で面白い結果となっています。

今回使用するデータは、「20代の”はたらき”データベース キャリアコンパス by DODA」による全300校出身大学データから引用しています。

この調査では、2011年1月~2012年12月31日の期間に、DODA転職支援サービスにご登録したホワイトカラー系職種の男女(21~59歳・約100,000件)のデータをもとに集計を行なっているそうです。

 

では、早速ランキングを見てみましょう!

今回は文系と理系の両方の学部のある総合大学を、文系か理系の片方しかない単科大学をで示していきます。

順位 大学名 平均年収
1 京都薬科大学  815万円
2 岐阜薬科大学 772万円
3 明治薬科大学 732万円
4 東京大学 729万円
5 一橋大学 700万円
6 東京工業大学 696万円
7 東京薬科大学 689万円
8 京都大学 677万円
9 神戸薬科大学 668万円
10 東北薬科大学 640万円
11 慶應義塾大学 632万円
12 昭和大学 630万円
12 星薬科大学 630万円
14 東北大学 623万円
15 大阪薬科大学 613万円
16 名古屋大学 600万円
17 大阪大学 599万円
18 共立薬科大学 591万円
19 神戸大学 590万円
19 北海道大学 590万円
21 電気通信大学 589万円
22 神戸商科大学 575万円
23 横浜国立大学 573万円
23 神戸商船大学 573万円
23 北海道薬科大学 573万円
26 早稲田大学 572万円
27 九州大学 569万円
28 防衛大学校 568万円
28 科学技術大学 568万円
30 豊橋技術科学大学 565万円
31 名古屋工業大学 564万円
32 東京理科大学 563万円
33 奈良県立商科大学 560万円
34 上智大学 555万円
35 中部工業大学 552万円
36 横浜市立大学 550万円
37 大阪府立大学 546万円
38 東京農業工業大学 540万円
38 東京海洋大学 540万円
40 中央大学 531万円
40 武蔵工業大学 531万円
42 埼玉大学 530万円
43 筑波大学 527万円
43 芝浦工業大学 527万円
45 千葉大学 524万円
45  明治大学 524万円
47 同志社大学 522万円
48 九州芸術工科大学 517万円
49 東京外国語大学 515万円
50 東京電機大学 514万円

「国内・海外全160校 出身大学別年収ランキング」より

 

ちなみに海外の大学出身者の平均年収はどんな感じか見てみましょう!

順位 大学名 平均年収
1 コーネル大学 1919万円
2 ハーバード大学 1730万円
3 マサチューセッツ工科大学 1570万円
4 シカゴ大学 1367万円
5 デューク大学 1317万円
6 ミシガン大学 1253万円
7 カーネギーメロン大学 1234万円
8 ジョージタウン大学 1100万円
9 ジョージ・ワシントン大学 983万円
10 ケース・ウエスタン・リザーブ大学 981万円

 

海外の名門大学卒ともなると平均年収が1000万円を超えてきますね。

ただ、海外の大学に通っているから年収が高くなるというよりは、将来的に高い年収を得るような優秀な人材が海外の大学に行っているものと考えるのが自然な気はしますね。

「誰でも海外の大学に留学すればたくさん稼げる!」なんて甘いことは決してないので、注意しておきましょう!

 

年収800万の手取りはいくら?所得税・住民税の計算方法

東大よりも薬科大の方が平均年収は高いのはなぜ!?

 

先ほどのランキングを見て驚くのが、東大よりも京都薬科大学・岐阜薬科大学・明治薬科大学の3校の方が上位にランクインしているという点です。

これには薬科大学ならではの理由があるのです。

薬科大学は医学部と同様に6年制のカリキュラムが組まれている場合がほとんどです。

これによって専門的な知識をしっかりと身につけたりできることになります。

また、薬学部は製薬会社などでの新薬の研究や、メーカーでの商品開発など比較的年収の高くなりやすい業種への就職に強いことから、文系学部もある東大より平均年収は高くなっています。

年収500万の手取りはいくら?所得税と住民税の計算方法

やはりいい大学を出た方が年収は高くなる?

 

先ほどのランキングから、やはり東大や一橋大学、慶應義塾大学など難関大学は上位にランクインしていることがわかりました。

ですが、こうした大学に入ることができたからと言って、高い年収が確約されているということは全くありません。

就職活動では、同じ大学のOBやサークルなどのつながりから情報が得られやすいことはあっても、採用にダイレクトに繋がるケースというのはそれほど多くはないと言われています。

 

ですから、今回のランキングに入っていない大学の方や、そう言った大学を志望している方でも、大学生活中に何か自信を持ってアピールすることができるものを作れば、目標とする企業に入ることができる可能性はあります。

また就職のことだけ考えて大学に行くのは少しもったいないので、大学選びはあくまで自分のやりたいこと・学びたい分野を第一に行ってみると良いのではないかと思います!

年収1000万の手取りはいくら?所得税と住民税の計算方法

まとめ

 

出身大学別平均年収ランキングはいかがでしたか?

皆さんの出身大学はランクインしていたでしょうか?

今回は大学別に平均年収の違いを見ていきましたが、下のリンクでは高卒と大卒での生涯年収の比較・検証を行っているので、興味を持ってくださった方はぜひご覧ください!

高卒と大卒の生涯賃金を比較・初任給や平均年収は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう