生命保険は見直すとお得!?メリットやデメリット・おすすめのタイミングは?

 

みなさんはご自身が加入されている生命保険についてどのくらい理解していますか!?

 

多くの方はずっと昔に加入したからどういった内容かは覚えていないというケースがほとんどでしょう。

 

実は生命保険の場合には保険内容の見直しをすることで、保険料を安く抑えられることがあるのです。

 

最近では保険の見直しはテレビCMなどで耳にするようになりましたが、実際に行っている人はそれほど多くはありません。

 

今回は、保険の見直しとは一体どんなものなのか、おこなうメリットやデメリットは何なのかなどを分かりやすく解説していきます!

 

そもそも生命保険ってどんなもの!?

 

みなさんも「保険」というものにはかなり聞き覚えやなじみがありますよね。

 

保険というのは万が一の場合に備えて、少額ずつを保険会社に納めておくことで多額の出費を抑えられる仕組みのことを言います。

 

そのなかで、モノにかかる保険を損害保険、ヒトにかかる保険を生命保険とおおまかに分けられます。

 

日本では、生命保険には終身保険・定期保険・養老保険・医療保険・がん保険・介護保険等、保障内容や範囲に応じたあらゆる種類の保険が提供されています。

 

生命保険は「相互扶助」いう精神に立脚して成り立っています。

 

当然、保険料を納めている人の中には病気になってしまい、保険金を受け取ることができる人もいれば、保険に入っていたが結局何の病気もしなかったという人もいらっしゃいます。

 

ですので、生命保険ではあくまで”安心を買おうという姿勢”、つまり儲けようと考えて加入することはお勧めできません。

 

生命保険の見直しとは!?どんなことをするの?ベストなタイミングは?

 

保険の見直しとは!?具体的にどんなことをするの?

「保険はマイホームの次に高い買い物」とも言われています。

 

月々の支払い自体は数千円であっても、何年何十年と続くとかなりおおきな金額になっていきます。

 

加入した際にはその保険がベストであると判断しても、年齢を重ねるごとに保障内容を増やしたい、反対にこ保障は不要だから保険料を下げたい、と考える方もいらっしゃいます。

 

そうした現状の保険プランに過不足を感じている方におすすめなのが保険の見直しなのです。

 

保険の見直しでは、新たな保険に入り直したり、契約内容の見直しや変更を行います。

 

ではこうした保険の見直しをするのはどういったタイミングがおすすめなのかを解説していきます!

保険の見直しをするタイミングは!?

普段生活をしていてなかなか保険のことを考える機会はありませんよね。

 

それはごく当たり前のことで、実際に保険の見直しをするタイミングをするのにお勧めのタイミングとしては重大なライフイベントのタイミングであるといわれています。

 

重大なライフイベントとは具体的には結婚や出産、マイホームの購入、定年退職などです。

 

特に結婚によって家族が増えたり、出産を通して子供が誕生すると、自らの責任が大きくなることから保険内容をより強固にする場合が多いです。

 

また老後の場合には、死亡保障が少なくなったりそもそも子供が自立をしていて必要性が薄いのであれば、死亡保障ではなく、医療保障を手厚くプランニングすることが多いです。

 

小学校6年間でかかる費用はいくら?私立と公立で学費を比較!

2018.11.14

生命保険の見直しのメリットとデメリット!

 

メリット

保険の見直しのメリットは大きくわけて以下の2つあります。

 

  1. 保険料をおさえられる
  2. 自分にあった必要な保障内容を組むことができる

 

まずは1つ目の保険料について。

 

さきほども述べたように、必ずしも現在入っている保険の保障がすべて必要であるとは限りません。

 

つまり必要のない部分の保障にも保険料を支払っていることがあるのです。

 

ですので、こうした不要な保障内容をカットできれば、保険料を今よりも安く抑えられるのです。

デメリット

ここまで見てきて、保険の見直しはいいところ尽くしに感じられたかもしれませんが、実際にはそうとも言い切れません。

 

というのも、しっかりとした判断力を持っていなければ返って損をするような保険プランを受け入れることになってしまうからです。

 

保険会社にも乗換や契約変更を提案するにあたって狙いがありますから、それをしっかりと見抜けないと損をすることもあります。

 

例えば、保険を手厚くしようとした結果、余計な保障内容をつけられ、保険料が高く設定されてしまうというケースが考えられます。

 

自分にとって何が必要なのかを明確に持っていないと、過不足のある保険に加入しかねないのでしっかりと消費者も勉強が必要です。

 

おわりに

 

 

今回は生命保険の見直しとはいったいどういったものなのか、メリットやデメリット、見直すタイミングとして適正なのはいつかなどを解説していきました。

 

ライフイベントに応じて何を大切にするかは変わっていきますので、その時々に応じた最適な保険内容を考えていくことが大切です。

 

お金のカタチでは民間の金融機関の保険だけでなく、社会保険などの公的保険の解説もしているので、ぜひご覧ください!

 

社会保険とは?種類や都道府県別料率・計算方法を紹介

2018.05.15