投資信託の一般口座と特別口座の違いとは?確定申告と税金に注意が必要!

 

証券会社のHPを訪問し、さあ投資信託を始めようとすると「一般口座と特別口座のどちらを選択しますか?」と尋ねられます。

 

なにげなくここで一般口座や特別口座を選択する方も多いですが、実はこの質問は非常に重要な質問なのです。

 

というのも、一般口座と特別講座では税金の処理や確定申告での扱いが大きく異なるため、ここで選択を誤ると投資信託そのものが面倒なものに変わってしまう恐れがあるのです。

 

そこで今回は、こうした質問にもしっかり解答できるよう、一般口座と特別口座の違いを明確に説明し、それぞれのメリット・デメリットをまとめていきましょう!

 

一般口座と特別口座の最大の違いは税金の払い方!投資信託の税金の計算方法も解説!

 

投資信託の税金の計算方法を分かりやすく解説!

投資信託の場合には売買によって発生した利益に対して、住民税5%、所得税15%、復興特別所得税0.315%の計20.315%の税金がかかります。

 

例えば、40万円分の投資信託を購入して50万円でそれが売却できれば、利益は10万円ですので、それにかかる税金は2万3150円となります。

 

投資信託に関する税金の計算方法はそれほど難しいものではありませんが、とはいえ税金の手続はないに越したことはありませんよね。

 

「一切税金のことは考えずに投資信託をやりたい!」という方でも安心な方法が実際にありますので、これから解説していきます」。

税金の納税における一般口座と特別口座の違いとは

簡潔に申し上げると、特別口座を指定すれば証券会社や銀行がみなさんの一年間の売買の記録から、どのくらいの利益が出て、いくら税金を支払わなければいけないのかを計算し、「年間取引報告書」というものも作成してくれます。

 

また特別口座にも「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」というものがあり、ありを選択すると勝手に税金を口座から差し引いてもらえるので確定申告も必要ありません。

 

なしを選択すると先ほどの報告書をもとにして、自力で確定申告をすることになります。

 

一般口座 特別口座(源泉徴収あり) 特別口座(源泉徴収なし)
確定申告の必要 あり なし あり
投資家がやること 利益や税金の計算から、確定申告、納税に至るまでをすべて自力で行う 特になし 証券会社や銀行が作成した年間取引報告書をもとに、確定申告をする

 

ですから、投資家の負担の大きさとしては、

 

特別口座(源泉徴収あり)< 特別口座(源泉徴収なし)< 一般口座
となります。

 

一般口座は上級者向け!?一般口座のメリット・デメリット

一般口座で運用するメリット

税金の計算も確定申告も自分でやらなければいけない一般口座なんて誰が使うんだろう、と思った方も多いかもしれませんが、一般口座にもしっかりとしたメリットがあります。

 

まず、給与所得が年間2000万円以下で、投資信託による雑所得が20万円以下のサラリーマンの場合にはそもそも確定申告の必要がありません。

 

ですから税金を払いすぎることがないというのが一般口座のメリットです。

 

また未公開株を購入できる点でもかなり上級者向けではありますが、メリットがあります。

一般口座で運用するデメリット

一般口座のデメリットはやはり手間がかかるということでしょう。

 

税金の計算から納税額の割り出し、実際の確定申告をすることは初めての場合には特に時間がかかってしまいます。

 

こうした面倒があってもよいという方や、他でどうせ確定申告をするという方は一般口座もおすすめです。

 

初心者なら特別口座がおすすめ!特別口座のメリット・デメリット

特別口座で運用するメリット

特別口座のメリットはとにかく、手続きが簡単だということに尽きます。

 

また特別口座の中でも、源泉徴収の「あり」と「なし」を選択できますが、初心者の方は特に「あり」の方を選択しておくと何かと安心です。

 

「あり」を選択した場合には、いくら利益が出たとしても扶養控除から外れることはないので、専業主婦の方でも安心ですね。

特別口座で運用するデメリット

手間がかからず楽ちんな特別口座ですが一点だけデメリットがあります。

 

それは自動的に税金の支払いが行われるため、納税の義務がない20万円未満の利益の場合にも、税金が引かれてしまうのです。

 

ですから少額取引すぎるケースでは特別口座は不向きな場合もあるのです。

 

とはいえ、多少税金がかかっても確定申告で悩みたくいないといった方は、源泉徴収ありの特別口座にしておくと安心ですね。

 

おわりに

今回は投資信託を始める上で大事な選択である、一般口座と特別口座の違いについて解説していきました。

 

初心者の方であれば、とりあえずは源泉徴収ありの特別口座にしておくことをお勧めします。

 

また、上級者の方で確定申告にすでに慣れているといった方であれば、一般口座の方が税金の払いすぎも起きないのでお得になります。

 

ぜひご自身のやりやすい方を優先し、無理のない投資ライフを送ってみてはいかがでしょうか!?