帝王切開に健康保険は適用される?民間保険に加入した方がいい?

子供と夫婦

日本では高齢出産などを理由に帝王切開をするお母さんが増えていて、今や妊婦さんのうち、5人に1人が帝王切開で出産をしてるという状況です。

 

そんな帝王切開ですが、特に初めての出産が帝王切開というお母さんは、何かと不安も多いでしょう。

特に帝王切開の費用は、悩みの種の一つですよね。

 

普通の妊娠・出産には保険が適用されませんが、帝王切開には適用されるのでしょうか?

保険が適用されれば、自己負担額は3割となり、家計にやさしくなりますよね。

 

そこで今回は、帝王切開の費用が健康保険に適用されるのかということと、帝王切開に際して、民間の医療保険に加入すべきかどうかを徹底解説していきます!

 

帝王切開をするつもりでなくても、急に帝王切開に変更になることもあるので、出産を控えたお母さんや、妊娠を考えている方は必見です!

 

POINT!

  • 帝王切開が保険の対象になるのか紹介!
  • 帝王切開に際して、民間の医療保険に入るべきか解説!

 

帝王切開は健康保険の対象になる?貰える給付金や手当はある?

アイデア

帝王切開は保険の対象!ただし、適用範囲は要確認

妊娠や出産は、病気やケガではありません。

ですので、本来は妊娠や出産には健康保険が適用されませんが、帝王切開は、分類としては異常分娩となり健康保険が適用されます。

 

帝王切開にかかった費用のうち、一部が自己負担3割となり、残りの7割は健康保険で賄われます。

 

一部と書いたように、帝王切開にかかった費用のすべての健康保険が適用されるわけではないので注意しましょう。一般的に手術代や投薬代は健康保険が適用されますが、入院中の食事や差額ベッド代は全額自己負担となります。

健康保険に加入していると貰える手当・給付金

健康保険に加入していることで、帝王切開に際してもらえる公的な手当・補助金は、主に出産手当一時金高額療養費です。

出産育児一時金

出産育児一時金とは、健康保険が効かない出産費用の負担を軽減を目的とした制度です。

 

出産育児一時金は、自然分娩であっても、帝王切開などの異常分娩であっても支給されます。

 

また、残念ながら死産・流産となってしまった方も、妊娠4ヶ月以降であれば支給対象です。

 

赤ちゃん一人につき出産費用として、一律42万円支給されますが、産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産すると、40万4000円の支給に減額されます。

 

これは出産費用が42万円(または40万4000円)未満であっても、満額支給されます。

 

高額療養費制度

高額療養費制度とは、健康保険が適用される費用のうちの自己負担費用が、一定の上限を超えた時、その超えた分が支給されるという制度です。

 

注意が必要なのが、高額療養費制度は、健康保険が適用される費用のみに適応されるということですので、普通の妊娠・出産は対象外というところですね。

 

ただ、帝王切開や切迫早産などの異常分娩は治療が必要とみなされ、その費用が高額療養費制度の対象になります。

 

高額療養費制度の対象となる、一定の金額は以下の通りです。

自己負担限度額については、69歳以下と70歳以上で変わるのですが、今回は出産に関してですので、69歳以下の場合を解説します。

所得区分 1か月の自己負担限度額
年収約1,160万円以上

=標準報酬月額:83万円以上

自己負担額:252,600円+(医療費ー842,000円)×1%
年収約770万~1,160万円

=標準報酬月額:53万~79万円

自己負担額:167,400円+(医療費ー558,000円)×1%
年収約370万~770万円

=標準報酬月額:28万~50万円

自己負担額:80,100円+(医療費ー267,000円)×1%
年収約370万円未満

=標準報酬月額:26万以下

自己負担額:57,600円
住民税非課税者 35,400円

厚生労働省のホームページより作成

自己負担額が上の自己負担限度額を超えている方は高額療養費制度の対象となります。

また、帝王切開をすることが決まっているのなら、早めの申請をお勧めします。

 

帝王切開にかかる費用はいくら位?

歩く二人のアイコンと矢印

帝王切開の手術自体の費用は、一律で22万2000円です(32週未満の早産の場合は24万2000円)

 

そして、帝王切開の手術費用自体は健康保険が適用され、自己負担額は3割の6万6600円です(32週未満の早産の場合は7万2600円)

 

そこに自己負担となる差額ベッド代や食事代、あるいは分娩介助や新生児の保育・検査費用などがかかります。

 

帝王切開にかかる費用は、医療機関によって異なりますが、合計しておよそ40万円から100万円といわれています。

 

ちなみに自然分娩の平均費用は42万円ほどですので、それに比べると帝王切開の費用は高額ですね。

 

帝王切開に備えて民間保険に入るべき?注意点はある?

赤ちゃんとお母さん

健康保険のみでもそれなりの保障はされますが、出産時は何が起きるかわかりません。自然分娩のつもりでいても、急に帝王切開になることもあります。

 

また、出産前でも。妊娠悪阻(つわり)や切迫早産など、緊急で医療費がかかる場合があります。

 

民間保険に加入していれば万が一の時の経済的な負担は軽減されるので、公的保険以外の保険加入を検討してみても良いと思います。

 

ここでは妊娠・出産に向けて民間保険に加入する場合の注意点をご説明します。

妊婦は保険加入を断られるケースもある

これから出産を希望される方は、妊娠前できるだけ早いうちから、民間保険の検討をし始めることをお勧めします。

 

 

なぜなら、妊娠が発覚してから保険に申し込もうとすると、加入を断られるか、もし加入できても「部位不担保」といって、過去に経験のある病気や部位については、一定期間入院や手術をしても保障されないという条件を付けられることがほとんどだからです。

 

妊娠・出産は、妊娠高血圧症候群や切迫流産、切迫早産、前置胎盤、そして帝王切開と、さまざまなリスクが高まりますので、仕方がないことなのかもしれません。

 

ただ、保険によっては帝王切開に対応していたり、妊婦の方向けの保険もあります。

 

では、帝王切開にも対応している保険で、保険料と給付金の具体例を見てみましょう。

 

新ABCおかあさん保険Ⅱの場合

保険料
  • 20歳~24歳:1660円/月
  • 25歳~29歳:1920円/月
  • 30歳~34歳:2220円/月
保険への加入期限
  • 妊娠19週目まで
入院給付金
  • 5000円/1日(最大30日)
帝王切開などの手術給付金
  • 50000円/1回

 

とはいえ、妊婦向けの保険や出産後に必要な保険をご自分で探すのは難しいと思います。

そんな時には、保険無料相談サービスを利用してみてはいかがでしょうか。あなたの状況に合わせた保険をプロのFPが無料で診断してくれます

以下の記事でおすすめサービスを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

 

2回目の帝王切開は保険がきかない場合もある

1人目の子供が帝王切開だと、2回目も帝王切開となる可能性が高まります。

 

ただ、2回目の帝王切開での出産には、保険がきかないことが多いです。

 

それは、5年以内など、一定期間内に給付金を支払った部位については、再度の支払いを制限する保険会社や保健商品が多いからです。

 

ですので、2人目が1人目の帝王切開での出産以降、5年たっていれば問題ないですが、それ以内の期間だと、帝王切開での出産には保険がきかないと考えたほうが良いでしょう。

 

これは帝王切開の後に、新しく保険に入ろうとした場合も同様で、断られるか、条件付きの加入となります。

 

帝王切開の費用も保険を使えば負担を軽減できる!

子供を持ち上げる女性

出産は、どういったやり方であれ、人生で最も大事な出来事の一つですので、万全の態勢で臨みたいですよね。

 

出産の高齢化に伴い、これからさらに帝王切開が増えることが予想されます。

 

帝王切開をしないつもりの人にとっても、関係ない話ではありませんので、帝王切開の時に使える保険や、受け取れる手当や医療制度を知っておくことが大事です。

 

出産間近は体調面やメンタル面の変化もあります。しっかりと制度をしっておけば、経済的な負担も減らすことができて、何かあっても心理的にも安心できると思いますよ。