関東住みたい街ランキング2019年最新版!家賃相場・エリア情報付き

住みたい街

今回は、2019年関東の住みたい街ランキングを紹介します。昨年2018年のトップは横浜駅でしたが、今年はどの駅が1位に輝くのでしょうか?

 

ランキングごとに各駅の「主要路線」「シングル向け・ファミリー向けの家賃相場」も紹介しています。お部屋探しの参考にしてみてくださいね。

 

※「suumo住みたい街ランキング2019」での集計結果を参考に作成しました。基準の家賃相場は駅徒歩10分以内賃貸物件の平均家賃となっています。

関東の住みたい街ランキング2019!10位〜6位

住みたい街

10位 鎌倉

所在地:神奈川県鎌倉市

乗入路線網:JR横須賀線、湘南新宿ライン宇須、江ノ島電鉄

家賃相場(シングル向け1K):6.74万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):15万

 

2017年、2018年には14位だった鎌倉がトップ10入りを果たしました。鎌倉は都心に近いながら、豊かな自然に囲まれた街です。都会の喧騒を忘れて休日はのんびりとした生活をしたい、海や山など自然に囲まれて暮らしたいというニーズが高まっているようです。

 

鎌倉は由比ガ浜や七里ガ浜などの海水浴場が多く、夏にはたくさんの人が海水浴やサーフィンを楽しみます。しかし落ち着いた雰囲気も鎌倉の魅力です。鎌倉時代から続く神社やお寺があり、風情ある街並みを感じることができます。

 

鎌倉は都心へのアクセスの良さも人気の秘密です。新宿まで約60分、品川まで約50分、横浜まで約30分でアクセス可能です。

9位 武蔵小杉

所在地:埼玉県川崎市

乗入路線網:JR南武線、JR横須賀線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海、東急東横線、東急目黒線

家賃相場(シングル向け1K):7.85万円

家賃相場(ファミリー向け2LDK):23.10万

 

2017年の第2位、2018年の6位から順位を落としつつある武蔵小杉。人口の急激な増加によって、朝のラッシュ時には駅が大混雑するようになりました。また子育て世代が多く移り住み、保育施設が不足してしまい、人気が下がる要因となりました。

 

もともと工業地帯だった武蔵小杉。再開発が行われ、高層マンションが建ち始めたのはわずか10年前です。それから急激にマンションが増え、人口が急増しました。2019年には新しい小学校が開校され、待機児童を解消する取り組みも行われています。人口の増加に伴い、住みやすさも向上していきそうです。

 

8位 浦和

所在地:埼玉県さいたま市

乗入路線網:JR京浜東北・根岸線、JR高崎線、JR東北本線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海

家賃相場(シングル向け1K):6.67万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):13.85万

 

大宮が近年注目を集めているのは、アクセスの良さが理由の1つです。2015年にJR上野東京ラインが開通され、東京方面に乗り換えなしで行くことができるようになりました。東京まで約25分、横浜まで約55分と通勤通学が大変便利になりました。また京浜東北・根岸線を使えば、池袋まで約23分でアクセス可能です。

 

浦和は小さな子供を持つ世代からの人気が高い街となりました。公立の中学、高校のレベルが高く、文武両道を掲げる名門校が多いです。また駅周辺は風俗計のお店の営業が禁止されていて、治安の面でも安心です。こうした点から小さな子供を持つ世代は安心して子育てができますね。

7位 目黒

所在地:東京都品川区

乗入路線網:JR山手線、東京メトロ南北線、東急目黒線、都営三田線

家賃相場(シングル向け1K):12.0万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):36.08万

 

目黒駅は2016年から駅周辺で大規模な再開発が行われてきました。27階建ての大型オフィスビルと40階建てと38階建てのタワーマンションが完成し、街並みは大きく変化しました。また目黒セントラルスクエアというレストラン、クリニック、オフィスなどが集まる施設も駅前に作られ、さらに駅前での買い物や外食がしやすくなりました。

 

目黒といえば、目黒川沿いの桜が有名

ですね。このほかにも国立科学博物館の自然教育園があったりと都内とは思えないほど、自然豊かな街です。目黒は、自然豊かでありながら、買い物にも便利で住みやすいところが人気の理由になっています。

6位 品川

所在地:東京都港区

乗入路線網:JR山手線、JR京浜東北・根岸線、JR東海道本線、JR常磐線、JR横須賀線、JR東海道新幹線、京急本線

家賃相場(シングル向け1K):11.39万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):36.30万

 

東海道新幹線やJRを含む7路線が乗り入れるターミナル駅で、交通の便は抜群です。そして山手線の田町~品川間に新駅「高野輪ゲートウェイ」駅の建設、リニア開業が予定されています。そんな中、品川ではグローバル ゲートウェイ 品川」をコンセプトにした新しいまちづくりが進められています。オフィスやホテル、タワーマンションなどが建設されていて、魅力的な街作りが進んでいます。

 

オフィス街というイメージが強い品川ですが、エキナカ商業施設 エキュート品川や昔ながらの商店街もあり、生活しやすい街です。再開発によって住みたい街としても魅力が高まっています。

 

関東住みたい街ランキング2019!いよいよ上位5駅を発表!

住みやすい街

5位 新宿

所在地:東京都新宿区

乗入路線網:JR山手線、JR中央線、JR総武線、JR埼京線、JR中央本線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海、東京メトロ丸の内線、都営大江戸線、都営新宿線、京王線、小田急小田原線

家賃相場(シングル向け1K):11.61万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):28.42万

 

2018年7位だった新宿がランクアップし、5位となりました。新宿駅は日本屈指のターミナル駅ですが、2016年に高速バスターミナル「バスタ新宿」が開業され、さらに便利な駅になっています。また2022年には「新宿TOKYU MILANO」の跡地にライブホール、ホテル、シネコンなどが入った高層タワーが完成する予定で、さらに新宿はにぎやかになりそうです。

 

またコンクリートジャングルといわれるようにオフィス街のイメージが強い新宿ですが、西新宿には新宿中央公園があり、緑も広がっています。その周辺には多くのマンションや住宅もあり、生活環境も整った街です。新宿区では子育て支援も充実していて、実は住宅地としても人気が高い街です。

 

 

4位 大宮

所在地:埼玉県さいたま市

乗入路線網:JR埼京線、JR京浜東北・根岸線、JR高崎線、JR東北本線、JR川越線、JR東北新幹線、JR上越新幹線、JR北陸新幹線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海、東武野田線、埼玉新都市交通

家賃相場(シングル向け1K):6.83万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):14.16万

 

大宮は昨年の9位から大きく順位を上げ、4位となりました。これで埼玉県から浦和と大宮がトップ10入りを果たしました。浦和と同じく、JR上野東京ラインの開通で利便性が良くなりました。東京駅まで約30分、新宿駅まで約30分、横浜駅まで約60分と通勤通学がしやすい街になりました。

 

買い物をするのにもとても便利で、ルミネ大宮、エキュート大宮が駅に直結しているほか、そごう大宮、大宮タカシマヤが駅チカにあります。また現在、駅の西口、東口で商業施設の再開発が計画されており、さらににぎやかな街になるでしょう。

 

大宮、浦和をはじめとした都心へのアクセスが良い、中核都市の駅がランキングを伸ばしています。今後も再開発が進むということで人気は高まりそうです。

3位 吉祥寺

所在地:東京都武蔵野市

乗入路線網:JR中央線、JR総武線、JR中央本線、京王井の頭線

家賃相場(シングル向け1K):7.70万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):17.39万

 

吉祥寺は2017年1位、2018年3位にランクインした人気の高い街です。吉祥寺はパルコ、マルイ、東急百貨店などのデパートがありながら、昔ながらのお店も多くあります。駅を出てすぐのところにあるハモニカ横丁には100軒以上のお店が並び、こじんまりとした昔ながらの町並みを楽しめます。

 

休日にゆっくりと過ごせる場所が多いのも人気の1つです。井之頭公園でゆっくり散歩をしたり、カフェで時間を過ごしたりできます。そして家賃も東京都心に比べて少し低くなっていますので、住みやすい街といえるでしょう。

 

2位 恵比寿

所在地:東京都渋谷区

乗入路線網:JR山手線、JR埼京線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海、東京メトロ日比谷線

家賃相場(シングル向け1K):12.70万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):36.69万

 

2018年同様2位にランクインした恵比寿。高級住宅街も多く、1Kの家賃相場は住みたい街トップ10の中で最も高くなっています。都内のあらゆる方面へ行きやすいのが特徴です。新宿まで約8分、渋谷まで約2分、池袋まで約13分でアクセス可能です。また代官山や中目黒までなら自転車で行くこともできるくらい近いです。

 

 

恵比寿はおしゃれな街であることが人気の理由の1つです。恵比寿ガーデンプレイスでショッピングをしたり、美術館や野外映画祭に行ったり、おしゃれなレストランで食事をしたりと落ち着いた休日を楽しめそうです。

 

1位 横浜

所在地:神奈川県横浜市

乗入路線網:JR京浜東北・根岸線、JR東海道本線、JR横浜線、JR横須賀線、湘南新宿ライン宇須、湘南新宿ライン高海、東急東横線、京急本線、横浜市営地下鉄ブルーライン、みなとみらい線、相鉄本線

家賃相場(シングル向け1K):8.12万

家賃相場(ファミリー向け2LDK):17.27万

 

横浜駅が2年連続のトップとなりました。横浜は都心へが30分でアクセスすることができ、JR、私鉄が5社乗り入れており、利便性が高い駅です。最近では、駅周辺では2020年に向けてエキサイトよこはま22という街づくりプロジェクトが進んでおり、IotやAIを活用したタワーマンションが建設されるなど注目を集めています。

 

 

また横浜には横浜みなとみらいや横浜中華街、山下公園など遊びに行ける場所もたくさんあります。話題のレストランやカフェが続々オープンしており、街としての魅力も高まっています。このような点が人気となり、20代、30代、40代で第1位を獲得しています。若者、ファミリー層から根強い支持を受けていると言えます。

再開発エリアに人気が集まる結果に

住みたいエリア

今年のランキングでは横浜、大宮、浦和など都心へのアクセスが良く再開発が進む中核都市がトップ10にランクインしました。それと同時に品川、新宿など東京の中心的な駅の人気も高く、東京都心の駅と周辺都市のターミナル駅へ人気が集中しています。

 

今後どんな街で再開発が進んでいるのかチェックしてみるといいかもしれませんよ。

 

これから引っ越しをする方はぜひ本記事の情報をもとにお部屋探しをしてみてください。