世界の都市圏別経済規模ランキングトップ20!東京や大阪は何位?

東京

皆さんは、都市圏というものをご存知でしょうか?

 

都市圏というのは、中心となる都市とそれの影響を受ける地域をひとまとめにしたものを指します。

世界で様々な基準がありますが、今回は指標の参考元であるアメリカのブルッキングス研究所のものを使用いたします。

 

例えば東京都市圏というと、東京と社会的・経済的な結びつきが強い地域すべてが東京都市圏に含まれます。いわゆる首都圏です。

 

そして、世界にいくつもある都市圏のなかでの経済規模のランキングを、今回は発表します。

今回の経済規模の指標となるGRPというのは、域内総生産(Gross Regional Product)という意味です。要は、皆さんがよく聞くGDP(国内総生産)の都市圏版だと思っていただければOKです!

 

GRPに関しましては、2015年1月、アメリカのシンクタンクであるブルッキングス研究所より公表された統計を用いて、また、人口に関しては、2019年4月に更新された「Demographia World Urban Areas & Population Projections」という調査をもとに紹介します。

 

都市圏別経済規模ランキング20位~11位

それでは、都市圏別の経済規模ランキング20位~11位を発表していきます。

20位 天津 3720億ドル

  • 国:中国
  • GRP:3720億ドル
  • 人口:1303万5千人

 

第20位は中国の天津都市圏でした。

 

中国政府の直轄市でもある天津市は、中国のマンハッタンとも呼ばれ、高層ビル群が立ち並んでいます。

 

そのような積極的な不動産投資も後押しし、ここ数年では高い経済成長率を誇っています。

19位 広州 3803億ドル

  • 国:中国
  • GRP:3803億ドル
  • 人口:2013万

 

広州市は広東省の省都で、北京市、上海市と共に中国本土の三大都市に数えられています。

 

中国が改革開放(市場を海外へも開放した政策、1978年に開始)する以前は、広州が、中国本土で国企業が唯一輸出の機会を得られる場でありました。

 

観光の面から見ても、巨大なショッピングセンターがあったり、様々な宗教建築があったり、広東料理が食べられたりと、広州は人気のスポットなんです!

18位 メキシコシティ 4036億ドル

  • 国:メキシコ
  • GRP:4036億ドル
  • 人口:2039万5千人

 

メキシコの首都であるメキシコシティを中心とした、メキシコシティ都市圏が18位でした。

 

中南米を代表する都市(圏)であり、ヨーロッパやアメリカの多国籍企業も多くあります。

日本からは日産自動車が100%出資している、メキシコ日産自動車株式会社があることでも有名ですね。

 

一方、公害問題が深刻で、一時期は世界最悪の大気汚染都市と言われていました。

17位 ダラス-フォートワース(-アーリントン) 4127億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:4127億ドル
  • 人口:655万人

 

アメリカ合衆国のテキサス州に位置するダラスを中心とした都市圏のダラス-フォートワース(-アーリントン)都市圏が、17位となりました。

 

ダラスは、古くは綿花の取引が盛んで、今でも綿花取引所が存在します。ただ、現在のメイン産業は情報・エレクトロニクス産業です。

 

巨大な経済都市であると同時に、ケネディ大統領が暗殺された地としても有名ですね。

16位 香港 4160億ドル

  • 国:中国
  • GRP:4160億ドル
  • 人口:743万人5千人

 

日本の皆さんにもなじみが深い香港都市圏が、16位にランクインしました。

 

1997年に中国に返還されるまではイギリスの統治下におかれていました。ほんの20数年前のことなんですね。

 

経済面に目を向けると、税率が低く、富裕層がとても多いです。

また、対岸のマカオにはカジノがあるため、そちらの印象が強い方も多いかもしれませんね。

15位 サンパウロ 4305億ドル

  • 国:ブラジル
  • GRP:4305億ドル
  • 人口:2093万5千人

 

15位に入ったサンパウロ都市圏は、南半球最大の都市圏であり、ブラジルの首都のリオデジャネイロをもしのぐ経済規模を誇っています。

 

また、日系ブラジル人の約70%ほどがサンパウロに住んでいると言われ、トヨタや東京海上などの日本企業も多く進出していることから、日本との縁が非常に深い都市圏だともいわれています。

 

さらに、中南米では最大規模のサンパウロ証券取引所があることも要チェックですね!

14位 ワシントン・ボルチモア・北バージニア 4422億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:4422億ドル
  • 人口:751万5千人

 

正式名称は「 ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏」。アメリカの首都であるワシントンD.Cを中心とした都市圏です。

 

政府機関が多いことから、教育・金融・科学・防衛産業が盛んで、大学等の教育機関も多く存在します。

 

また、スポーツも盛んで、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、アイスホッケーという4大メジャースポーツリーグのチームがすべて揃っているんです!

13位 ヒューストン・ザ・ウッドランズ・シュガーランド 4832億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:4832億ドル
  • 人口:631万5千人

 

「ヒューストン・ザ・ウッドランズ・シュガーランド」という、大変長い名前の都市圏が11位に入りました。

この都市圏の中心都市はヒューストンです。

 

ヒューストンでは、エネルギー産業、特に石油・天然ガス産業で世界的に有名で、都市圏の経済を牽引しています。

スパーメジャーといわれる、世界の6大石油会社のうち、4社がヒューストンに主要拠点を置いていると言えば、いかにヒューストンで石油産業が盛んかわかるでしょう。

 

また、生命医学分野や、航空宇宙分野でも有名ですね。

12位 ライン・ルール 4852億ドル

  • 国:ドイツ
  • GRP:4852億ドル
  • 人口:666万人(エッセン・デュッセルドルフのみ。ライン・ルール都市圏全体だと1000万人以上)

 

ライン・ルール都市圏とは、ドイツのルール川下流域に広がる都市圏のことです。

主な都市は、ケルンやデュッセルドルフです。

 

この都市圏、特にデュッセルドルフは金融分野に強く、大きな銀行や証券取引所、170を超える銀行の支店や本社があります。

 

また、日本人も比較的多く、デュッセルドルフにはロンドンやパリに続いて、ヨーロッパで3番目の日本人コミュニティがあります。

11位 北京 5061億ドル

  • 国:中国
  • GRP:5061億ドル
  • 人口:1943万人

 

11位は、中国の首都北京を中心とした、北京都市圏がランクインしました。

 

ここ数十年で発展著しい中国ですが、北京はそれを象徴しているかのようですね。

 

金融、会計、法律、広告など幅広い分野で高いレベルにあり、優秀な大学も多数ありますので、良い人材があまりよそに行かないのかも知れませんね。

都市圏別経済規模ランキング10位~1位

見下ろす街並み

10位 モスクワ 5533億ドル

  • 国:ロシア
  • GRP:5533億ドル
  • 人口:1655万5千人

 

10位にはモスクワ都市圏がランクインしました。モスクワはヨーロッパで最も人口の多い都市で世界有数の世界都市です。

 

資産家が多く、アメリカの経済誌『フォーブス』が公表した統計によると、10億ドル以上の個人資産を持つ大富豪は60人で、世界3番目に多い都市です。すごいですね!

 

歴史的建造物も多く立ち並び、観光客が多く訪れる都市でもあります。

9位 シカゴ 5632億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:5632億ドル
  • 人口:927万5千人

 

9位にはアメリカのシカゴ都市圏がランクインしました。

 

シカゴは古くからアメリカの経済発展の中心を担い、高層ビルの立ち並ぶ大都市として、ニューヨークに次ぐ第2の都市となっていた歴史があります。

 

多くの映画やドラマの舞台となっているほか、スポーツも盛んで、2016年のオリンピックの開催都市に立候補していました。

8位 上海 5940億ドル

  • 国:中国
  • GRP:5940億ドル
  • 人口:2212万5千人

 

8位には首都の北京を抑え、中国の上海都市圏がランクインしました。

 

1978年の改革開放政策によって外国資本が流入すると、目覚ましい発展を遂げ、2010年には史上最大の国際博覧会である上海万博が開催されました。

 

文化イベントも多く開催され、クラシックのコンサートも多く開催されるほか、国際芸術祭、国際映画祭なども毎年開催される文化都市です

7位 大阪(京阪神) 6713億ドル

  • 国:日本
  • GRP:6713億ドル
  • 人口:1715万5千人

 

大阪府は近畿地方の行政・経済・文化の中心として古くから発展してきました。

 

卸売業を中心に商業活動が盛んで、市内各地に問屋街が発達している他、中之島界隈には金融街が形成され、官公庁や公的機関が多く立地しています。

 

日本の有名企業である髙島屋や、りそな銀行の本社は大阪にあります。

 

また、2025年には大阪で2度目の万博の開催が予定されています。

6位 パリ 7151億ドル

  • 国:フランス
  • GRP:7151億ドル
  • 人口:1096万人

 

パリはフランス最大の都市であると同時に、ルーブル美術館、エッフェル塔といった世界遺産のほか、世界最古のバレエ団や劇団が存在する、年間観光客数が世界一の観光都市です。

 

世界有数の大企業の本社を数多く構え、その数はニューヨークやロンドンを凌いで西洋の都市では最多と言われています。

 

芸術が盛んで、パリコレを代表とするファッション都市としても有名です。

5位 ロンドン 8357億ドル

  • 国:イギリス
  • GRP:8537億ドル
  • 人口:1084万人

 

ロンドンはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国及びこれを構成するイングランドの首都です。

 

芸術・教育・金融など多方面において強い影響力を持ち、世界有数の世界都市です。

 

イギリスの国内総生産の20%を生み出しているとも言われ、国際的にも重要な都市です。

4位 ソウル‐仁川 8459億ドル

  • 国:韓国
  • GRP:8459億ドル
  • 人口:2431万5千人

 

4位には韓国の首都ソウル都市圏がランクインしました。

 

韓国経済の中心を担い、サムスン、LGといった韓国の有名企業の本拠地として成長を遂げてきました。

 

漢江の岸辺にある二村洞(イチョンドン)にはソウル在住日本人が多く住み、「ソウルのリトル東京」と呼ばれる地域があります。

3位 ロサンゼルス 8605億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:8605億ドル
  • 人口:2431万5千人

 

3位はアメリカ合衆国カリフォルニア州にあるロサンゼルス都市圏がランクインしました。

 

主な産業は石油化学工業ですが、宇宙産業や半導体といった最先端工業も盛んです。

 

ハリウッドに代表される映画などのエンターテインメント産業も盛んで世界へ強い情報発信力を持っています。

2位 ニューヨーク 1兆4030億ドル

  • 国:アメリカ
  • GRP:1兆4030億ドル
  • 人口:2104万5千人

 

2位にはアメリカのニューヨーク都市圏がランクインしました。

 

世界の政治・経済・文化・エンターテイメントなどあらゆる分野に影響を与えるほか、国連の本部もあり、世界状勢の中心を担っています。

 

市内には自由の女神像やワールドトレードセンターの跡地など、世界的に知られた地区や名所が多数存在します。

1位 東京(首都圏) 1兆6170億ドル

  • 国:日本
  • GRP:1兆6170億ドル
  • 人口:3850万5千人

 

1位は日本の首都、東京都を中心とした東京都市圏(首都圏)でした!

また、国連によると1955年以降、東京圏の規模はは60年間以上世界一だそうです。

 

商業・金融・出版などあらゆる方面の企業の本社があり、日本経済のみならず、世界経済の中心を担っている都市です。

 

東京証券取引所は世界でも重要な証券取引所の一つであるほか、多くの都市銀行や大手保険会社の本社が置かれ、日本国内外の金融の中心を担っています。

 

2020年にはオリンピックの開催が予定されており、さらなる発展が期待されています。

 

ちなみに、都市単体のランキングでも、東京都はニューヨーク市を抑えて一位なんです。いかに日本経済が東京周辺に集中しているかがわかりますね。

 

都市圏別ランキング、アメリカ・中国が強い!日本も負けてはいられない!

都市圏別経済規模ランキングを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

やはりアメリカと中国が目立つ結果となりました。この先の経済予測を見るに、中国や、インドといったアジアの国々が盛り上がってくることが予想されます。

 

日本は人口減少が続いていて、決して元気だとは言えませんが、技術力や工夫で順位をできるだけ維持してほしいですね。