検察官の年収はいくら?検察庁トップ・検事総長の給料はどれくらい?

計算機

弁護士・裁判官と並び、法曹三者の1角である「検察官」。

様々な不正や事件を取り締まっている、というイメージは持っていても、弁護士や裁判官と比べるといまいち身近に感じにくい職業でもあるのではないでしょうか。

今回は、そんな検察官の給与体系や年収を詳しく解説していきます。

検察官といえば、黒川検事長の定年延長問題がニュース等で騒がれていますね。

新聞やテレビで目にすることの多い「検事総長」「東京高検検事長」の具体的な収入も公開していますので、ぜひご覧ください。

検察官の主な役職と給与の決め方を知ろう

「検察官」と一口にいっても種類は意外と多くあります。

検察官のことを、検事と呼ぶ方もいると思いますが、実は検事というのは、検察官の中の階級ランクの1つを指しています。

つまり、検察官=検事ではなく、検察官の中の1つに検事というポジションがあるのです。

それでは、検事以外にはどのような階級があるのでしょうか?

検察官は大きく6つの階級がある

検察官の種類は6つあります。

それぞれの階級と職務内容は以下の通りです。

階級職務内容
検事総長最高検察庁のトップ。全検察庁の職員を指揮監督する。
次長検事検察庁No.2。最高県庁に所属し、検事総長の補佐を行う。検事総長が事故や病気等で職務を全うできない際に代わりに業務を行う。
検事長高等検察庁のトップ。高等検察庁の職員を指揮監督する。高等検察庁は、東京・大阪・名古屋・広島・福岡・仙台・札幌・高松の8拠点ある。
検事正地方検察庁のトップ。地方検察庁の職員を指揮監督する。地方検察庁は、各都道府県県庁所在地+北海道函館・旭川・釧路を加えた50拠点がある。
検事最高検察庁、高等検察庁、地方検察庁などに配属され、捜査や裁判執行の指揮監督などの業務を行う。
副検事区検察庁に配属され、捜査は裁判執行の指揮監督などの業務を行う。区検察庁は、全国438庁ある。

上記のうち、検事総長・次長検事・検事長は内閣が任免するすることになっていますが、1983年以降、東京高検検事長が次期検事総長となるのが慣例になっているようです。

検察官は国家公務員の中でも特別な給与が設定される

検察官は、法務省に所属する国家公務員になります。

国家公務員の給与は法律に定められていて、一般的には俸給表と呼ばれる基本給(月給のようなもの)に諸手当とボーナスを加えた額が年収になります。

ただし、検察官の場合は、職種の特殊性から一般的な国家公務員の俸給と異なり、「検察官の俸給等に関する法律」で別途定められています。

このように一般的な国家公務員とは異なった給与体系を持つ特別な公務員には、内閣総理大臣や国務大臣、裁判官、防衛省職員などがあります。

検察官の給料は高い?低い?役職別の給与一覧を公開!

検察官の基本給は、法律により以下の通り定められています。

【検事の場合】

階級基本給
検事総長1,503,000円
次長検事1,228,000円
東京高等検察庁検事長1,334,000円
その他の検事長1,228,000円
検事1号1,204,000円
検事2号1,060,000円
検事3号989,000円
検事4号838,000円
検事5号724,000円
検事6号650,000円
検事7号588,000円
検事8号529,000円
検事9号428,800円
検事10号394,200円
検事11号368,900円
検事12号345,100円
検事13号322,200円
検事14号306,400円
検事15号288,200円
検事16号277,600円
検事17号253,800円
検事18号244,800円
検事19号234,300円
検事20号227,000円

【副検事の場合】

階級基本給
副検事1号588,000円
副検事2号529,000円
副検事3号446,700円
副検事4号428,800円
副検事5号394,200円
副検事6号368,900円
副検事7号345,100円
副検事8号322,200円
副検事9号306,400円
副検事10号288,200円
副検事11号277,600円
副検事12号253,800円
副検事13号244,800円
副検事14号234,300円
副検事15号227,000円
副検事16号215,000円
副検事17号206,600円

上記の表をみると、検事と副検事で大きく給与が変わることがわかります。

これは、検事と副検事では資格の取得方法が異なるからです。

検事は、司法試験に合格後、1年間の司法修習と2回試験に合格した人がなれるのに対して、副検事は、国家公務員試験に合格した後、検察事務次官を一定期間務め、試験に合格した人がなれるものです。

副検事を3年以上勤めると、検察官特別考試の受験資格が得られ、副検事から検事になることも可能となります。

【補足:検察事務次官とは】

検察事務次官は、検察官のサポート役のイメージです。検察官の指示を受けて犯罪捜査や逮捕に関する補佐業務、総務会計などの事務業務などを行います。

俸給は一般的な国家公務員と比べると高い傾向

大学院卒で検事20号からスタートした場合、基本給は227,000円となります。

通常の国家公務員の大学院卒の平均俸給が213,000円なので、それらと比べると高く設定されていることがわかります。

また、一般的な国家公務員の場合俸給月額の上限は課長で559,100円なので、階級によっては、それ以上の収入が得られる検察官は、国家公務員の中でかなり収入の多い職種だということがわかります。

ボーナスや各種手当はどうなってる?

ボーナスや各種手当(地域手当・扶養手当・住居手当など)は一般的な国家公務員と同様にもらえます。

なお、公務員のボーナス額はその年の民間企業のボーナス動向にも影響を受けますが大体4〜4.5ヶ月分が支給されることが多いです。

検事総長・検事長の年収は凄い!?総理や国務大臣と比較してみた

検事総長、検事長ともなると基本給だけで130万円〜150万円の月額俸給を受け取ることができます。

実は、検察官トップクラスの階級になると、幹部公務員(総理大臣や内閣官房長官などの政府の要職)と比較しても高い年収となることが分かりました!

具体的な比較表がこちらです。平成15年と少し古い表となりますが、それぞれの相関関係は大きな違いはないと思います。

役職月収年収
内閣総理大臣225.5万円4,289万円
国務大臣

会計検査院長

人事院総裁

検事総長

164.6万円3,131万円
内閣法制局長官

内閣官房副長官

副大臣及び副長官

宮内庁長官

公正取引委員会委員長

157.6万円2,997万円
東京高検検事長146万円2,777万円
検査官

人事官

大臣・長官政務官

東大・京大学長

最高検次長検事

134.5万円2,558万円
内閣総理大臣補佐官

内閣危機管理監

1,33.5万円2,539万円
国家公安委員会委員

公正取引委員会委員

事務次官

東北大学学長

検事1号

131.7万円2,505万円
警視総監1,242,000円2,362万円
外局長官

検事2号

1,160,000円2,206万円

警察庁トップの警視総監よりも検事1号以上の階級の検察官の方が給料が高いということが分かります。

ちなみに、参考としての司法のトップである最高裁長官になると月給201万円と公務員の中で最も高い給与水準となっています。

弁護士と検察官、双方の意見を聞いた上で最終判断を下す重要な役目、と考えるとこの金額も納得できそうなところですね。

以上、今回は検察官の年収について詳しく述べていきました。

お金のカタチでは、世の中の様々な職業の給与・年収について情報発信していますので、宜しければ他の記事もチェックしてみてください。

暮らしに役立つお金の情報を毎週1回無料でお届けしています!