仮想通貨の販売所と取引所の違い!手数料や初心者向けは?


 

みなさんの中にも、「仮想通貨に興味が湧いてきた!」、「早く実践してみたい!」と意気込んでいる人もいるのではないでしょうか!?

そこで実際に取引を行ってみようとすると、何やら「販売所」と「取引所」という二つのワードを目にすると思います。

なんとなく似ている言葉だからと気にせずに取引をスタートさせてしまうと、思わぬ失敗に陥ってしまう危険性があるのです。

 

最初に販売所と取引所がそんな人に向いているのかを簡単に説明してみます!

・販売所:早く売買を成立させたい人・大型の売買をする人・初心者の人

・取引所:売買差益を大きくしたい人

 

「これから仮想通貨をやってみよう」という人、「もっと仮想通貨で利益を上げたい!」という人は是非この記事を読んで、自分にはどちらを利用するのが良いのか考えてみてください!

では、さっそく販売所と取引所の特徴や両者の違い、メリット・デメリットを紹介していきます!

販売所の仕組み・メリットやデメリットは?

 

まずは販売所がどういったものかを紹介していきます。

bitFlyerZaifといった仮想通貨の販売元と直接売買するのが販売所の仕組みです。

この販売所では、下の図のように多くのユーザーが円滑に取引できるように、販売所が「仲介」しているようなイメージをすると良いと思います。

 

こうした取引は、販売元がすでに仮想通貨を十分に保有していることから、買いたいと思った時にすぐに買うことができるというメリットがあります。

また仮想通貨を大量に購入しようとする際には、売ってくれる相手が大量の仮想通貨を所持していることが前提となるので、こうした販売元との取引を行うこととなります。

販売所では、仮想通貨のその時点での売値と買値が表示されており、ユーザーはその価格で即時に取引を成立させることができる一方、手数料を取られてしまうので、割高になってしまうのがデメリットです。

取引所の仕組み・メリットやデメリットは?

 

では今度は取引所の仕組みを見ていきます。

 

取引所では、「板」と呼ばれる価格に対する売却や購入の希望量があるかを示した情報をもとにユーザー同士で直接取引を行います。

例えば、「1BTCを100万円で購入したい」という人がいた時に、「1BTCを100万円で売却しても良い」とすると、1BTCと100万円の交換が成立します。

しかし、「1BTCを100万円で購入したい」という人がいても、「1BTCを100万円で売却しても良い」と考えるユーザーが存在しなければ、取引は成立しないのです。

こうした、「価格」と「数量」が一致しなければならない点に取引所での取引成立の困難さがあるのです。

それゆえ、大量の売買ともなるとなかなか取引相手が見つからない場合が多いので、大型な取引では販売所を利用するケースが多いようです。

こうした取引成立の難しさはあるものの、販売元による仲介がないので手数料などは抑えられるという収益面でのメリットはあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のまとめ・特徴や安全性を解説!

販売所と取引所の3つの違い!

 

その1:取引成立までのスピード

先ほども紹介したように、販売所で売買する最大のメリットは「素早く取引が成立できること」です。

一方で、取引所では、自分が買う側ならば自分の希望と同じ額で同じ量を売ってくれる人が板に存在しなければ購入できないし、自分が売る側ならば自分の希望と同じ額で同じ量を買ってくれる人が板に存在しなければ売却できないというハードルがあるのです。

ですから、早く取引を成立させたい時には販売所を利用するのがオススメです!!

その2:手数料の有無による価格の違い

取引の成立が難しそうでなんだか手を出しにくい取引所での売買ですが、取引に慣れてきた方にはむしろ取引所がオススメです。

取引所では、販売元の仲介が入らないので販売所を利用する場合に比べて手数料が抑えられるというメリットがあるのです。

少額のやりとりで多少の利益が上げられても、手数料を取られてしまって結局ほとんど利益が残らなかった、というケースも度々発生しています。

「手間は惜しまず、少しでも安く買って高く売りたい!」という人や、仮想通貨の売買に慣れてきた、という人には取引所を利用することがオススメです!

その3:取引できる仮想通貨の量

これは補足的な違いになりますが、販売所と取引所では取引できる仮想通貨の量に差があります。

販売所は大型な販売元が仲介するので、売買できる仮想通貨の量は多くなります。

それに対して、取引所では個々人間でのやりとりになるのでなかなか大型な取引は成立しにくい傾向にあります。

もし大型な売買を実施するならば、手数料はかかってしまうものの、販売所での取引をすることになりそうです。

まとめ

 

販売所と取引所の違いは理解していただけましたか!?

それぞれにメリットとデメリットがあり、利用する目的や用途によって使い分けるのが良いかもしれません。

何度も繰り返しますが、「とにかく利益を大きくしたい!」という人は取引所、「なるべく早く簡単に取引したい!」という人には販売所がオススメです!!

 

また「板」の見るのは難しそうだと感じたり、とりあえず取引を成立させてみたいという初心者の人は、まずは販売所を利用するところから始めてみるのが良いのではないかと思います!!

「実際にやってみよう!」と思ってくれた方はぜひ、下のサイトを参考にしてみてください!

おすすめの仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較!ランキングで紹介!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう