LINE Payのポイント還元率はどうなる?変更点を解説


最近はクレジットカードやプリペイド型のカードなど様々あって困惑しますよね。

また、電子決済方法もiDやクイックペイなど多種多様でどのように利用すれば良いかや違いが分からない人も多いと思います。

電子決済がなかなか普及しないのはこのように種類が多すぎて良く分からず、現金で払ってしまった方が良いのでは?という声もあります。

しかし、現金を持っていなくても支払いができたり、ポイントなどの特典もあったりとメリットがたくさんあるので利用してみるのは良いことではないでしょうか。

そこで今回は電子決済の一つである「LINE Pay」について解説します!

Google PayがSuicaに対応?メリットを解説!  

 

そもそもLINE Payとは?危険性はある?

簡単に言うとLINE内で電子マネーのやり取りができる仕組みのことを言います。

チャージをすることで加盟店での買い物や様々なサービスを利用することができます。

  • 送金、割り勘依頼
  • チャージ
  • 決済
  • 出金

などの機能を利用することができます。

手数料については、出金機能だけ1回につき200円+税の手数料がかかりますがそれ以外は全て無料で利用できます。

 

また、送金機能ではLINEを利用している相手ならば銀行口座を知らなくても送金できるのが特徴です。

手数料がかからず24時間いつでも利用することができるのがATMの違いですね。

危険性は?

利用するには本人確認の有無によって利用制限がかかっています。

本人確認前はチャージと決済機能しか利用することはできません。

LINEの登録パスワードとは異なる「LINE Pay専用パスワード」の登録が必要となっているので安心ですね。

また、不正な動きををするアカウントを検知・報告すモニタリングシステムや、不正行為によって発生した損害を補償してくれるシステムもあります。

LINE Payカードとは?

簡単に言うとチャージをしてから利用するLINEが発行するクレジットカードです。

しかし、チャージをしてから使うのでプリペイド方式の一面も持ち合わせています。

また、銀行口座と連携することでオートチャージも可能で一定額を下回ると自動的にチャージしてくれる機能があるため、デビットカードの要素も持っています。

3種類のカードの良いところを持ち合わせたカードと言えますね。

 

最大のメリットはポイント還元率が2%である点です。

プリペイドカード方式であるのにポイントが付くのはとてもうれしいですよね。

しかし、ポイント2%還元は2018年5月31日をもって終了するので注意が必要です。

以下では6月1日から始まる新プログラムについて解説していきます!

 

LINE Payが新プログラムを導入!

続けて解説するのがポイント還元がどのようになるのか新プログラムについてです。

2018年6月1日より新たなインセンティブプログラム「マイカラー」制度を開始します。

今後はカラーバッジ保有ユーザー限定でプレミアムな特典も付与されます。

プログラム概要

名称 LINE Pay「マイカラー」プログラム
対象者 LINE Moneyユーザー(本人確認(銀行口座連携)後)
カラーの判定要素 前月20日までのQR/バーコード支払い、「LINE Payカード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高支払い、「LINE Pay請求書支払い」、送金などのご利用状況をもとに翌月のバッジカラーを判定。
カラー適用期間 1ヶ月間(毎月1日更新)

バッジカラーとインセンティブ一覧

LINE Money(本人確認(銀行口座連携)後)

バッジカラー インセンティブ その他インセンティブ
グリーン LINEポイント2% あり(今後予定)
ブルー LINEポイント1% あり(今後予定)
レッド LINEポイント0.5% あり(今後予定)
ホワイト LINEポイント0% あり(今後予定)

LINE Cash(本人確認(銀行口座連携)前)

バッジカラー インセンティブ その他インセンティブ
なし なし なし

公式サイトより引用

利用方法は、サービス内で銀行口座を連携し、本人確認を完了するだけです。

プログラムの内容は、サービスの利用度合いによって4色(グリーン、ブルー、レッド、ホワイト)のバッジのいずれかが自身のアカウントを表す当月のカラーとして表示されるようになります。

バッジカラーは前月20日までの利用状況によって相対的に判定・決定されカラーによって異なるインセンティブが付与されます。

つまり「何円以上利用した人」で決まるのではなく、全利用者の中の順位で決まるようです。

注意点としては 10万円以上の決済をした場合、ポイント付与がなくなることです。

インセンティブ内容については上記の表をご覧ください!

以上よりまとめると

  • 銀行口座を登録することでインセンティブが得られる。
  • バッジカラーにってポイント還元率が決まる。
  • ポイント付与は10万円まで。

となります。

学生におすすめのクレジットカードをランキングで比較!  

 

まとめ

今回は「LINE Pay」についてまとめました。

2018年6月1日からの変更に対して様々な意見があるようですが皆さんはどのように思いますか。

バッジカラーの評価方法の基準が曖昧であるような印象を持ちました。

そのような意見にどんどん対応していくことと思いますので今後を見守っていきましょう!

 

Apple payの使い方やメリット・仕組みを解説! 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう