20代の平均年収はいくら?手取りや生活水準・貯蓄は?

 

社会人となったばかりな方から役職に就く人まで様々な人がいる20代ですが、その平均年収はどうなっているのでしょうか?

 

入社したころは横並びだった給料も、20代のうちに差が出てくる…なんてこともありますよね!

 

そこで今回は20代の平均年収や手取り、また、生活水準や結婚についてもまとめました。

 20代の平均年収は311万円でした!20歳〜24歳と25歳〜29歳でいくら違う?

 

国税庁が行っている「民間給与実態調査(2017年度版)」をもとに調べてみました!

 

その結果、20代の平均給与は311万円でした。

 

月収で言うと26万円ぐらいです。

 

それでは次に20代の前半と後半での平均年収を見ていきましょう。

 20代前半の平均年収

20台前半の平均年収は262万円でした。

 

月収で言うと22万円ぐらいです。

 

20代前半は新入社員や新人社員が多く含まれる年代ですので、まだまだ平均年収は高いとは言えません。

  20代後半の平均年収

20台後半の平均年収は361万円でした。

 

20代前半と比べて大きく上がりましたね!

 

月収で言うと30万円ぐらいです。

 

20代後半ともなると仕事に慣れてきて、責任ある役職に就く人も出てきます。

 

そのせいもあってか20代前半と後半では100万円近い差が付く結果となりました。

 

 20代の平均年収だと手取りはいくら?

 

手取りとは額面上の年収から控除額を差し引いた額から、税金や保険料などを抜いた、手元に入ってくるお金をいいます。

 

20代の平均年収は311万円ですので、手取りは249万前後となります。

 

これを月換算すると月21万円となります。

 

一般的におおよそではありますが、手取りは額面の8割ほどと言われています。

 

もちろん配偶者・子供の有無や保険の種類でも変わってきますが、今回は一般的な8割という数字を適用しました。

 

 20代の平均貯蓄額はいくらくらい?

 

平均貯蓄は金融広報中央委員会による「暮らしなんでもデータ(2016年度版)」をもとに調べました。

 

その結果、20代の平均貯蓄は184万円となりました。

 

しかし気になることは「金融資産の有無」について、20代の保有世帯が54.7%にとどまっていることです。

 

これは貯蓄を含めた金融資産を保有している世帯が全体半分ちょっとであり、残りの半分近い20代の世帯は貯蓄が完全にゼロであるということを示しています。

 

また、貯蓄の平均額は184万円ですが、中央値はなんと0円です。

 

つまり、半分近くの人は貯金をするほどの余裕がなく、一部の高収入の人達が平均貯蓄を引き上げていると考えることができます。

 

 20代の平均年収の場合の生活水準は?結婚はできる?

 

20代の生活水準は自分で取捨選択することがカギ!

上に書いたように月収換算すると手取りでは約21万円となります。

 

これまた一般論になってしまうのですが、家賃は収入の2.5割~3割と言われています。従って、手取り21万円の場合の家賃は5.25万円~6.3万円となります。

 

この数字は地方ならなんの問題もなく十分な家に住める数字ですが、都心などの家賃が高めの地域では、条件のうち何か妥協しなくてはいけない数字です。

 

例えば広さ・築年数・構造などですね。

 

そして家賃に6万円前後とられてしまうと、残りは16万円ほどとなります。

 

ここから食費、光熱費や通信費、将来のための貯金、また社会人ならではの交際費もあります。そういったものを考えると、外食や趣味に使うお金は多く残されていないというのが正直なところです。

 

自分に必要な出費を見極めて、うまく節約することがカギとなるでしょう。

結婚は不可能ではないものの、共働きが望ましい!

結婚についてですが、不可能ではありません。ただ、やはり節約が必要になってくるでしょう。

 

ゼクシィによると結婚式の平均費用は357万円+ある場合は結納・二次会・新婚旅行の費用だそうです。

 

なんと結婚式の費用だけで平均年収を超えてしまいました。

 

しかし結婚式は親の援助がある場合が大半ですし、ご祝儀もあります。

 

それを踏まえると結婚式はできますが、後々生活していくことを考えるとそこにお金を使いすぎないほうが賢明でしょう。

 

その後の生活についてですが、夫婦共働きならかなりお金のやりくりが楽になりそうです。

 

お子さんを考えているご夫婦や、マイホームの購入を検討している方は、いかに節約をして将来に向けた貯金をするかが大切になってきそうです。

 

例えば飲み会・外食を減らして家で食べたり、お弁当を会社にもっていったり、一人暮らしの時の注意点と同じですね。

 

あなたが何をしたくて、何にお金をかけるべきか、かけないべきかを見極めることが大事です。

 

おわりに

 

今回は20代の平均年収や生活水準、結婚についてまとめてみました。

 

やはり20代のうちは生活は楽ではない方が大半のようです。

 

しかし20代を乗り越えて、30代となり仕事を任せられるようになると年収もグッと上がってくることが多いです。

 

若いうちはうまくお金のやりくりをしながら生活していくことが重要ですね!