楽天銀行のメリット・デメリット!特徴や金利・ATM手数料をまとめて解説!

グラフと人

みなさんは普段どんな金融機関の口座を利用されていますか?

 

銀行口座はそれほど頻繁に変えるものではないけれど、取り扱いのATMが少ないであったり、メンテナンスの時間が長くてお金を下ろせない時がある、など何かしら不満を持っていらっしゃる方も多いかと思います。

 

そんな今の銀行口座に不満をお持ちの方にご紹介したいのが楽天銀行です。

 

今回は楽天銀行とはどんな銀行なのか、メリットを細かくご紹介していきます!

そもそも楽天銀行とは?運営情報をチェック!

やはりお金を預ける以上、銀行が信頼できるものかチェックしておきたいですよね。

 

早速、楽天銀行の運営情報を簡単にみていきます。

社名 楽天銀行株式会社
設立 2000年1月14日
資本金 25,954百万円
株主 楽天株式会社 100%
本社所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-14-1
楽天クリムゾンハウス
代表取締役社長 永井 啓之

 

株主としては楽天が100%を保有しています。

 

資本金もかなり大きな金額となっているので、この情報からはかなり健全な金融機関なのではないかと推測できますね。

 

ではこれからは楽天銀行を利用することによって得られるであろう7つのメリットをご紹介していきます!

 

 

楽天銀行の特徴や利用するメリットは?7つのポイントを紹介

メモ帳

①近くのコンビニATMで24時間365日引き出し可能!

やはり銀行選びで大切にしたいのはいつでもどこでもお金を下ろすことができるのかどうか、ということですよね。

 

銀行によってはメンテナンス期間が長いために、「ATM難民」が発生することも。

 

そんな中、楽天銀行はなんと24時間365日いつでも出金が可能であり、お近くのコンビニで取引が済んでしまうという特徴があります。

利用できる金融機関は以下のように、まさにどこでも利用できるところばかりです。

 

【楽天銀行の口座取引が利用可能な金融機関一覧】

 

・ゆうちょ銀行

・イオン銀行

・みずほ銀行

・三菱UFJ銀行

・コンビニATM ENET

・ローソンATM

・VIEW ALLETE

など

 

 

最近ではキャッシュレス化が進んでいるとも言われていますよね。

 

しかし、だからこそとっさに現金が必要な際に用意できるという点では、楽天銀行は心強い存在であると言えます。

 

②最大毎月7回までATM手数料が無料!

いつでもどこでも利用できると言っても、もし手数料が高かったらなかなか利用したくはなりません。

 

やはり日常的に利用する銀行口座は手数料の低さも重要です。

 

楽天銀行の場合は、ハッピープログラムというものにエントリーした人限定で、月に7回までのATM利用までならなんと手数料無料で行うことができます。

 

また、エントリーされない場合には、開設から6ヶ月間は毎月5回まで取引が無料になるので、それでも十分嬉しいサービスです。

 

③毎月3回まで他行への振込手数料が無料!

楽天銀行なら他行であっても月に3回までは振込手数料が無料で済みます。

 

また楽天銀行ユーザー同士の送金であれば月に何度でも手数料無料で行うことができます。

④楽天スーパーポイントが貯まる&使える!

楽天銀行では、口座取引に応じて楽天スーパーポイントが貯めたり、実際にポイントを利用することができます。

 

給与の受け取りやお引き出しなどの楽天での通販サービスとは全く関係ないところで、ポイント還元が受けられるのです。

 

また実際に貯まったポイントはショッピングに使うのもよし、ATM手数料などにも利用できるので、汎用性は極めて高いサービスであると言えるでしょう。

⑤スマートフォンでの残高照会や振込サービスが充実!

楽天銀行ユーザーからかなり好評なのが、スマートフォンアプリの見やすさです。

 

通帳などの紙媒体での管理だとなかなかチェックする気にならなかったり、記帳をするのも面倒だなと感じてしまいがちです。

 

ところが楽天銀行であれば、スマートフォンの画面から残高の確認や入出金明細の照会、振込や送金サービスなども手軽に行うことができます。

 

セキュリティとしてもパスワード指紋認証にも対応しており、セキュリティ面も万全です。

⑥楽天銀行だからこそ実現できる高い金利!

特に楽天証券と合わせて口座を開設することによって、2016年8月1日現在では、普通預金金利が通常の5倍、年率が0.02%から0.10%へと大幅アップします!

 

楽天証券をご利用でない場合にはこのメリットはあまり響かないかもしれませんが、後々証券会社の口座を持つ予定で、楽天証券を考えていらっしゃるのであれば、先に楽天銀行の口座を持っておくのは良い判断であると言えますね。

⑦口座管理が不安な方も安心のサポート体制!

学生だとやはり不安なのが、自分で口座を本当に管理できるのかという問題ですよね。

 

特に初めて口座を作る場合には、何かあった時に相談できるサービスがあれば安心です。

 

その点でも、楽天銀行は極めておすすめできるサービスと言えます。

 

まず第一に、楽天銀行での取引終了後には確認のメールが届きます。

 

そのため知らず知らずのうちにお金が出金されていたというトラブルを防ぐことができます。

 

また、パスワードがランダムに作成されるワンタイム認証というものを用いています。

 

ここに注意!楽天銀行のデメリットや気になるところ!

ここまでは楽天銀行の良い面やメリットをご紹介しました。

 

とはいえ楽天銀行は万能ではないので、いくつか注意する必要があるポイントがあります。

 

ハッピープログラムのハードルが高い!

まず触れておかなければならないのが、各種手数料が無料になるハッピープログラムですが、意外とそのハードルが高く、口座を作ってみると意外と無料回数が多くはならないことに気をつけなければなりません。

 

ゆくゆくは入金にも手数料がかかるかも!

ハッピープログラムに加入することができよれば良いですが、仮に加入をせずに通常登録のままの状態だと3万円以下の入金には手数料が必要となってしまいます。

 

たとえば、貯蓄用の口座にする場合には入金のたびに手数料がかかってしまうので、お給料を入れてそこから引き出す、といった使い方の方が良いかもしれませんね。

 

手数料が他のネットバンキングよりも若干高い

手数料の安さが売りのネットバンキング界では、楽天銀行は比較的手数料が高めになっています。

 

もちろん運営会社の安心感を考えるとそれほどネックではないですが、手数料の部分を中心に銀行選びをされる方は少し気になるかもしれませんね。

楽天銀行の口座開設は簡単!管理もスマホで楽々できる!

デスク

今回は、楽天銀行を利用する上でのメリットを中心にご紹介していきました。

 

ますますネットバンキング化が進んでいく中で、楽天銀行のようにスマートフォンでも管理が容易なサービスは今後重宝されるものであると考えられます。

 

また、申請自体もかなり容易なので、貯金用などのサブ的なポジションの口座としても優秀であると考えられます。

 

楽天銀行だけでなく楽天証券も合わせて口座開設をすることで、金利面でも大きなメリットが受けられるので、ぜひ合わせて利用してみてください!