GMOあおぞらネット銀行の特徴は?評判や手数料をわかりやすく解説


 

2018年7月から新たなネット銀行、GMOあおぞらネット銀行というネット銀行の口座開設受付がスタートしました。

このGMOあおぞらネット銀行は、銀行経営のノウハウを持つ「あおぞら銀行グループ」とインターネットや金融事業に技術力を持つ「GMO INTERNET GROUP」が提携して誕生したネット銀行です。

今回は、このGMOあおぞらネット銀行の特徴や利用するメリットなどをわかりやすく紹介していきます!

GMOコインとは?特徴・メリットを紹介、手数料は安い?

GMOあおぞらネット銀行とは!?運営会社は信頼できる!?

 

GMOあおぞらネット銀行の運営会社は!?

会社名:GMOあおぞらネット銀行株式会社

所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1

設立:1994年2月28日

開業:1994年4月1日

資本金:87億5,158万円

ネット銀行のサービス自体はまだまだ若いものの、企業自体はかなり歴史があるようです。

また資本金も87億円と大きな額が準備されているので、金融機関としても安心できる企業だと考えられますね。

あおぞら銀行グループとは!?

あおぞら銀行は、1957年に長期信用銀行法に基づき日本不動産銀行として設立したのち、日本債券信用銀行などの行名を経て、2001年に現在のあおぞら銀行に名称を変更しています。

2006年には普通銀行に転換し、東証一部に再上場しており、60年という長きに渡り銀行業を営んでいます。

GMOインターネットグループとは!?

1991年に設立後、インターネットインフラ事業・インターネットメディア事業・インターネット金融事業・仮想通貨事業など、情報通信技術と金融のマッチングを得意とする企業です。

仮想通貨取引所の「GMOコイン」はみなさん一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか!?

iDeCoを主婦はやるべき?イデコのメリットや控除を紹介!

GMOあおぞらネット銀行の特徴やメリットは!?

 

①低価格の為替手数料

GMOあおぞらネット銀行の外貨預金を利用する際に、GMOクリック証券と連携することで低価格の為替手数料でのFX取引が可能になります。

対象通貨 *手数料
米ドル(USD) 2銭
英ポンド(GBP) 15銭
豪ドル(AUD) 15銭
NZドル(NZD) 15銭
カナダドル(CAD) 15銭
南アフリカランド(ZAR) 7銭

 

*手数料:1通貨単位の片道手数料をさす。(2018年7月以降、本日現在)

 

検証のため他のネット銀行・金融機関の外貨預金の為替手数料を見てみましょう!

通貨 住信SBIネット銀行 三井住友銀行
米ドル(USD) 4銭 100銭
英ポンド(GBP) 28銭 400銭
豪ドル(AUD) 25銭 250銭
NZドル(NZD) 25銭 255銭
カナダドル(CAD) 25銭
南アフリカランド(ZAR) 14銭

 

こうしてみると、上の2行よりもどの通貨でもGMOあおぞらネット銀行の方が為替手数料が低いことがわかりますね!

②証券コネクト口座を開設すると金利がアップ!

2018年8月3日から2018年12月31日の間で証券コネクト口座を開設し、円普通預金口座から入金をすると、証券コネクト口座開設日から6ヶ月後の末日にかけて、通常の円普通預金金利と比べて150倍の年0.15%の優遇金利が受けられます。

 

GMOあおぞらネット銀行のホームページより

 

預金金利が大幅にアップするのはもちろんのこと、入金のタイミングが期間内であればいつでもOKなのは本当に嬉しいですね。

③ATM手数料が月2回までは無料!

GMOあおぞらネット銀行での個人口座はセブン銀行のATMで「お引き出し」「お預けいれ」「お振込」「残高紹介」が可能です。

ATMへの入金手数料は月に何回でも無料です。

また出金手数料は月に2回までは無料で利用できます。(3回目以降は一回の出金につき、108円の出金手数料が発生します。)

また、GMOあおぞらネット銀行への振込は月に何度でも無料、他の金融機関への振込は月に1回までは無料となっており、2回目以降は154円の手数料が発生します。

④頑丈なセキュリティ対策

便利だとはわかっているものの、なかなかネットバンキングに踏み切れない理由の多くは、ネットで資産を管理することに対する不安だと思います。

GMOあおぞらネット銀行では、顧客の資産管理に対してもGOMインターネットグループが持つ仮想通貨事業や金融事業のノウハウを生かし、高度な認証サービスや通信環境の強化を行なっています。

取引ごとのワンタイムパスワードや、複数のデバイスによるトランザクション認証機能などが備えられており、限度額も以下のように設定をすることができます。

区分 金額
個人 初期設定 50万円
設定可能上限 1200万円
法人 初期設定 500万円
設定可能上限 1億円

 

2018年おすすめの人気クレジットカードは?審査や還元率・手数料で比較

GMOあおぞらネット銀行はどんな人におすすめ!?

 

15歳未満でも口座を開設できる!

GMOあおぞらネット銀行の口座開設は15歳未満のお子さんであっても、本人確認書類の記入や保護者の同意を得ることができれば、口座を開設することができます。

お小遣いを自分で初めて管理したり、一人暮らしをきっかけに口座を作る際にはもってこいですね。

また、キャッシュカードにはデビット機能が付いているので、お金の使いすぎにもチェックができるので安心です。

Pontaポイントが貯まる!

GMOあおぞらネット銀行で特定の取引をすると、ポイントが貯まります。

もちろんGMOポイントにも変換できますが、ローソンなどで使えるPontaカードのポイントにも変換できるので便利ですね。

ウェルスナビの手数料や実績は?デメリットや損失はある?

まとめ

 

今回はGMOあおぞらネット銀行の特徴やメリットを紹介しました。

まだまだサービスが始まったばかりですが、今後もより良いサービスが提供されていくはずなので、今のうちに口座を開設しておくと良いかもしれません。

口座開設に興味を持たれた方は、ぜひ下のリンクから口座開設ページに移動することができます。

 

GMOあおぞらネット銀行口座開設

 

GMOあおぞらネット銀行事業開始キャンペーン実施中!

 

おすすめの仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較!ランキングで紹介!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう