国内で最初にMT4を採用した仮想通貨取引所ビットポイント!


 

ビットコインなど仮想通貨の取引を始めるときに意外と悩むのがどの取引所を選べばいいんだろうかということではないでしょうか。

またすでに始めている方もコインチェック事件のようなことが起こって今後どこの取引所を使うのが良いのか考えている方もいるかと思います。

そこで今回は仮想通貨取引所のひとつBITPoint(ビットポイント)についてご紹介してくので是非参考にしてみてください!

 

BITPoint(ビットポイント)の概要

 

ビットコインを購入するならBITPOINT
 

会社名 株式会社ビットポイントジャパン
取引所名 BITPoint
設立 2016/03/03
資本金 44億3,000万円(資本準備金含む)
代表取締役社長 小田玄紀
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
金融庁登録 仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00009号)

 

BITPOINT(ビットポイント)は2016年3月3日よりサービスを開始した金融庁登録済みの仮想通貨取引所です。

資本金は44億3,000万円(資本準備金含む)ととても多く、さらに親会社である株式会社リミックスポイント(Remixpoint, inc.)は金融関連事業やエネルギー関連事業などを営む東京証券取引所第二部に上場している企業なので、他の新興取引所よりは経営面においては信頼できるかと思います。

 

また現在では日本国内だけにとどまらず、中国の杭州香港台湾韓国などに関連会社を設立するなど海外展開にも力を入れている取引所です。

 

 ビットコインを購入するならBITPOINT

BITPoint(ビットポイント)の特徴のまとめ

 

 

取扱通貨 ビットコイン(BTC), イーサリアム(ETH),リップル(XRP), ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行手数料負担
取引タイプ 販売所
レバレッジ 最大25倍(証拠金維持率100%を切るとロスカット発動)

 

5種類の取扱銘柄と8種類の通貨ペア

ビットポイントは現在ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)5種類の仮想通貨(暗号通貨)やアルトコインを取り扱っています。

 

また現物取引に関しては以下の8種類の通貨ペアを取り揃えています。

  • ビットコイン(BTC) / 円(JPY)
  • ビットコイン(BTC) / 米ドル(USD)
  • ビットコイン(BTC) / ユーロ(EUR)
  • ビットコイン(BTC) /香港ドル(HKD)
  • ビットコインキャッシュ(BCH) /円(JPY)
  • イーサリアム(ETH) / 円(JPY)
  • ライトコイン(LTC) / 円(JPY)
  • リップル(XRP) / 円(JPY)

 

見ておわかりのように外貨での取引もできるのですが、入出金に関しては日本円のみとなっているので外貨を手に入れる際にはビットコインを購入してから米ドルやユーロ、香港ドルに売りポジションで注文することとなります。

3種類の取引種類

ビットポイントでは8種類の通貨ペアを取り揃えているとお伝えしましたが、実はこれは現物取引における通貨ペアとなっています。

この現物取引以外にもビットポイントではレバレッジ取引、ビットポイントFX取引3種類の取引形態があります。

 

レバレッジ取引に関しては通貨ペアは1種類(BTC/JPY)でレバレッジは2倍・5倍・10倍・25倍となっています。

またビットポイントFX取引では4種類の通貨ペア(BTC/JPY・BTC/USD・BTC/EUR・BTC/HKD)を取り揃えてあり、レバレッジ取引と同様に2倍・5倍・10倍・25倍のレバレッジとなっています。

取引手数料・入出金手数料はいくら?

取引手数料

取引手数料に関してビットポイントは現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引全て売買時にかかる手数料は無料です。

 

ただし売買手数料が無料でもレバレッジ取引には建玉管理料、ビットポイントFX取引ではスワップ費用が別途発生してきます

名称こそ違いますが、かかってくるタイミングと金額は建玉金額の0.035%と同じになっています。

ちなみに建玉とは未決済になっている契約総数のことで建玉を翌日の営業日に持ち越した場合にのみ未決済金額の0.035%が1日毎に発生するというものです。

 

入出金手数料

日本円の入出金手数料に関しては入出金手数料は無料となっています。

しかし銀行手数料は利用者の負担となっているためご注意ください。

 

 

コインチェックが再開したらどこに移す?仮想通貨の種類別おすすめ取引所

取引ツールにMetaTrader4(MT4)を採用!!

 

ビットポイントは国内で最初にMetaTrader4(MT4)という取引ツールを導入しました。

 

MT4とは2005年に発売されたFXトレードのプラットフォームで発売以来数年で世界中の金融機関や投資家から大人気となり、今ではなんと世界で750社以上もの金融機関が採用しています。

EA(自動売買プログラム)」「オリジナルインディケーター(自作テクニカル)」といった機能を兼ね備えており、さらにはスマートフォン取引アプリとしてiPhone/iPadアプリならびにAndroidアプリもあることが人気の理由と言われています。(ただしスマホアプリでは上記のEAとオリジナルインディケーターの機能は利用できません)

 

このMetaTrader4(MT4)はビットポイントFX取引専用の取引ツールとなっています。

現物取引とレバレッジ取引を利用して売買する際はブラウザでトレードするカタチになります。

ブラウザの取引ツールはシンプルで見やすいのですが、チャートの機能不足やアラート機能がないなど一部不満の声も上がっています。

ただし表示速度や動作は快適なので取引に問題が生じるといったことはなさそうです。

 

ハードウェアウォレットは仮想通貨を安全に守るための必需品

まとめ

 

今回は仮想通貨取引所、ビットポイントについてお伝えしてきました。

仮想通貨取引所はそれぞれで取り扱っているアルトコインや手数料が異なっているなど特徴は様々です。

そのため仮想通貨の取引を始めたい方は一通り開設しておくことをおすすめします。

もし他の仮想通貨取引所の情報が見たいという方は取引所ランキングの記事からオススメの取引所をご紹介しているのでご覧ください。

 

金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者一覧・安全な取引所は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう