クリスティアーノ・ロナウドの年俸推移と移籍金が凄すぎる!一体いくら稼いでる?

サッカーボール

サッカー界の大スターといえば必ずクリスティアーノロナウドの名前が挙がります。

端正な顔立ちと筋肉から女性ファンも多く、ロナウドの髪型をまねする男性も多いです。

ロナウドの家は大豪邸であることも有名ですが、そんなクリスティアーノロナウドの年俸は一体いくらなのでしょうか?

今回はクリスティアーノロナウドの現在の年俸、そして歴代の年俸の推移について紹介します。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸は約40億円!メッシ・ネイマールと比較してみた!

現在(ユヴェントスFC)の年俸は約39億9000万円!

現地イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は2018年9月4日にクリスティアーノロナウドの年俸は、手取りでは約39億9000万円(3100万ユーロ)であると発表しました。

この年俸はボーナスやスポンサー料等を含まない金額であり、これは当然ながらセリアAでの最高年俸となっています。

また、フォーブスが2018年に発表した「世界で最も稼ぐスポーツ選手」100人のランキングによると、前回まで2年連続の首位だったクリスティアーノ・ロナウドは、3位で1億800万ドルでした。

こちらにはスポンサー料なども含まれています。

ちなみに首位は元プロボクサーのフロイド・メイウェザーで2億8500万ドルでした。

メッシやネイマールの年俸と比較!

メッシ

現在FCバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWのメッシの税引き後の年俸はスペイン紙「マルカ」によると、約67億5000万円(5000万ユーロ)だと言われています。

これはロナウドの年俸の約1.7倍になっています。

ネイマール

現在パリ・サンジェルマンFCに所属するネイマールの年俸は約50億円(3700万ユーロ)だと言われています。(マルカから引用)

これはメッシの年俸よりは低いですが、ロナウドの年俸の約1.3倍となっています。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸推移①スポルティングCP

年齢所属チーム年俸
2003年18スポルティングCP0円or薄給

ロナウドは2002年から2003年シーズンまではスポルティングCPというクラブのユースに所属していました。

ユースというのはプロではないので、当時のロナウドは無給または薄給であったようです。

また、この時にはロナルドにはスポンサーが付くほどの知名度もありませんでした。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸推移②マンチェスター・ユナイテッド

年齢所属チーム年俸
2004年19マンチェスターユナイテッド不明
2005年20マンチェスターユナイテッド不明
2006年21マンチェスターユナイテッド不明
2007年22マンチェスターユナイテッド不明
2008年23マンチェスターユナイテッド8~16億円
2009年24マンチェスターユナイテッド8~16億円

ロナウドは2003年から2009年シーズンまではマンチェスターユナイテッドに在籍していました。

ここでの年俸に関しては2007~2009年シーズンまでの年俸しか記載がありませんでしたが、そのときの2年間の年俸は8~16億円でした。

このあたりからはファッションブランド、化粧品メーカー、スポーツメーカーなどサッカー以外のスポンサー活動も増えて来るようになりました。

一説にはロナルドはクラブからの年俸よりもスポンサー契約料の方が高いともいわれています。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸推移③レアルマドリード〜ユベントス

レアルマドリード(2009~2018年シーズンまで)

年齢所属チーム年俸
2010年25レアルマドリード18~32億円
2011年26レアルマドリード18~32億円
2012年27レアルマドリード42億円
2013年28レアルマドリード42億円
2014年29レアルマドリード42億円
2015年30レアルマドリード42億円
2016年31レアルマドリード42億円
2017年32レアルマドリード60億円
2018年33レアルマドリード28億4000万円

クリスティアーノロナウドといえばレアルマドリードとのイメージをお持ちの方も多いでしょう。

実際にロナウドは現在までで最も長いシーズンをレアルで過ごしています。

レアルマドリードに加入してからはマンU時代よりも年俸はアップしています。

2011~2012年シーズンからは年俸が42億円にさらにアップし、2016~2017年シーズンには60億円にさらにアップしています!

しかし、2017~2018年シーズンには年俸は半分以下にダウンしています。

ユヴェントスFC(2018~現在まで)

年齢所属チーム年俸
201934ユヴェントスFC40億円

年俸を下げられて不満に思ったからなのかは定かではありませんが、2018年にはイタリアのユヴェントスFCに移籍しました。

ユベントスFCでは上述したように、年俸3100万ユーロ(約40億円)の4年間で契約しています。

全盛期よりは年俸は落ちていますが、移籍時に33歳ながら約40億円で4年契約を結べるのは、流石スーパースタークリロナと言えるでしょう。

クリスチアーノロナルドの移籍金が凄い!?

2018年にレアルマドリードからユヴェントスに移籍したクリスティアーノロナウドの移籍金は1億1700万ユーロ(約150億円)です。

この金額は当時は歴代最高額であった自身の2009年のマンUからレアルマドリードへの移籍金9400万ユーロ(約123億円)よりも高くなっています。

移籍金というのは移籍先から現在移籍しているクラブに支払われるお金であり、本人に支払われるものではありませんが、一人の選手に対してとてつもない金額が動いていることがわかります。

下記はサッカーの歴代移籍金ランキングです。

  • 1位:ネイマール 約289億円 バルセロナからパリSG(2017年)
  • 2位:キリアン・エムバペ 約235億円 モナコからパリSG(2018年)
  • 3位:フィリッペ・コウチーニョ 約163億円 リバプールからバルセロナ(2018年)
  • 4位:クリスティアーノ・ロナウド 約153億円 レアル・マドリードからユベントス(2018年)
  • 5位:ウスマンヌ・デンベレ 約150億円 ドルトムントからバルセロナ(2017年)
  • 6位:ポール・ポグバ 約137億円 ユベントスからマンチェスター・ユナイテッド(2016年)
  • 7位:ガレス・ベイル 約132億円 マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリード(2009年)
  • 8位:クリスティアーノ・ロナウド 約123億円 マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリード(2009年)
  • 9位:ゴンサロ・イグアイン 約117億円 ナポリからユベントス(2016年)
  • 10位:ネイマール 約115億円 サントスからバルセロナ(2013年)

歴代移籍金の中でトップ5が過去2年以内のものであることには驚きですが、それほど近年のトランスファー市場において、移籍金は高騰の一途を辿っています。

それにしても2018年のクリスティアーノロナウド(33歳)以外のトップ5の移籍時の平均年齢が22歳であることから、クリロナの移籍金がいかに高額で、いまだにサッカー界での評価は健在であることもわかります。

おわりに

今回はクリスティアーノロナウドの現在の年俸、歴代の年俸推移、移籍金について説明しました。

レアル時代と比べると年俸は下がってしまいましたが、それでも巨額な年俸を獲得していることに変わりはありません。

この金額にさらにCM等の広告、スポンサー料がついていると考えると物凄い金額を稼いでいますね!

30代に突入したクリロナですが、今後のプレーも要チェックです!