ビットコインのFX・先物・信用取引の特徴と各取引所のまとめ

 

ビットコインやアルトコインなど仮想通貨の取引に触れたことのある人ならFX、先物取引、信用取引という言葉をどこかしらで目にした人は多くいるのではないでしょうか。

でもその3つの違いについてイマイチわからないという方も少なくないはずです。

そこで今回はそんな3つの取引形態についてそれぞれの特徴と相違点についてお伝えしていきたいと思います。

ビットコインのFX・先物・信用取引という3つの取引のカタチ

 

FX・先物取引・信用取引という言葉はビットコインなどの仮想通貨取引に限らず、株やコモディティなど金融関連のあらゆる取引に用いられている取引方法です。

それをビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨でもできるようになっています。

 

ではそれぞれの取引にはどのような違いがあるのでしょうか。

FX

FXといえば外国為替証拠金取引を思い浮かべますよね。(FXについて詳しく知りたいという方はFXについて解説している記事をご覧ください。)

ビットコインの取引においてもFXができるのです。

 

このFXの場合にはみなさんが取引を行うのは市場参加者ではなくFX業者になり、FX業者(仮想通貨取引所)の手元にある資金を使って売買することとなります。

またFXをするときには差金決済となります。

 

差金決済は取引によって現物を動かすことなく、売りと買いの差額で決済することです。

最終的に取引の結果部分だけが残高に反映されるのです。

 

どういう事なのかというと、たとえばビットコインを100万円で購入というポジションを持つとします。

そして同じ日に110万円でそのビットコインを売却しました。

このときに実際にビットコインの現物を売り買いするのではなく、結果として出た差額である10万円だけを受け取るのが差金決済です。

つまり手元にビットコインは無いというわけです。

最終的に出た10万円という利益の部分だけ資金移動が発生するのです。

 

ビットコインでFXするならビットフライヤーがお得な理由

先物取引

お次は先物取引についてです。

先物取引とは将来の特定の日に売買することを今この時点にあらかじめ約束をしておく取引のことです。

現時点で将来の売買における価格や数量を約束しておいて、その特定の日が来たら取引が実行されます。

 

たとえば、現段階では資金を持ち合わせていないけど1年後には資金が手元に入る事がわかっているとします。

そこで、1年後に1ビットコインを100万円で買う約束をしておきます。

これが先物取引の仕組みというわけです。

あらかじめ取引の内容が決まっているので、もし1年後に1ビットコインの価格が110万円になっていたとしても100万円で買うことが可能となり10万円の利益を得ることができます。

しかし反対に1BTCが90万円のように価格が下落してしまっても約束は果たさなければならないので10万円の損失になります。

 

実際にこのような先物取引はビットコインなどの仮想通貨取引以外にも様々な場面で行われているのです。

株式の売買、金(ゴールド)なんかも先物取引が行われています。

 

 

おすすめの仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較!ランキングで紹介!

信用取引

信用取引と言えば株の取引なんかではよく聞く言葉かと思います。

証券会社から資金や株式を借りて売買する取引が信用取引です。

FXではFX業者の資金を使って取引するとお伝えしましたが、信用取引では実際に資金や株式(ビットコイン)を借りて手元に入るので、市場の他のプレーヤーと取引することになります。

 

信用取引は証券会社(仮想通貨取引所)から資金や株(仮想通貨)を借りることになるので、言ってみればひとつの融資と言えるかと思います。

融資ということは返済する必要があり返済期限が設けられています。ビットコインにおける信用取引も同様に返済することになります。

仮想通貨取引所の取引形態は?

 

では各仮想通貨取引所ではどの取引形態が用いられているのでしょうか。

下にまとめてみました。

取引所 取引形態 レバレッジ
bitFlyer FX
先物取引
信用取引
最大15倍
GMOコイン FX 最大25倍
DMM Bitcoin FX 最大5倍
bitbank 先物取引 最大20倍
BITPOINT FX
信用取引
最大25倍
みんなのビットコイン 信用取引 最大25倍

 

 

一見すると信用取引とFXは同じように見えることがあるかと思います。

その違いを判断するには取引所と販売所の違いを見るのが良いかと思います。

FXは上で説明したように仮想通貨取引所にある資金を使って売買します。

つまり「販売所」で売買する場合には、取引相手は仮想通貨取引所となるので、そこの資金を使って売買できるのでFXだといえるかと思います。

反対に「取引所」で取引する場合には取引相手は他の市場参加者となるので、資金又はビットコインなどの仮想通貨を借り入れることによって売買することとなるので信用取引だと言えます。

まとめ

 

今回はビットコインのFX・先物・信用取引の特徴と各取引所の取引形態のまとめについてお伝えしてきました。

各取引は共通点もあるのですが、同時に違いもあります。

それぞれの取引の違いを理解した上で最善の取引ができるようぜひ取り組んでみてください。