ビットコイン8000ドル台に 今日のチャートウォッチ5/8

低迷してきた仮想通貨市場ですが、GW中は楽観的ムードとなっていました。しかし、GWが明けるとともに私たちと同じように元気を失ってしまったようです。

 

4/24に約40日ぶりにビットコインが100万円台を回復、一時は1月末からの暴落の反発である110万円に挑戦しましたが失速、ラインを超えることなく二週間で100万円台を割りました。

今後市場はどうなっていくのでしょうか?本日もチャート指数、今後の予定などをチェックしていきましょう!

おすすめの仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較!ランキングで紹介!

 

仮想通貨市場全体の市場価値は??

まずは市場規模を見ていきましょう!

最大市場規模を記録した一月初旬の8200億ドルから大幅に資金が抜けた仮想通貨市場ですが、4/10近辺に2600億ドルまで縮小しましたが、4/24では4100憶ドルまで回復しました。そのまま5/6まで順調に増加してきたものの、昨日から下落、本日5/8は4180億ドルへと後退しています。

こちらはビットコインを除いた市場規模ですが2600憶ドルと、4/24付近の水準に回帰してきています。市場規模に関してはおおむねビットコイン、アルトコインともに同じような資金の動きをしているようです。

 

GW中は去年も高値に沸いたこともあり、ビットコイン、主要アルトコインの価格回復で市場にも楽観的なムードが漂っていた仮想通貨市場ですが、少し陰りが見えた形となりました。

仮想通貨格付けの更新!2018年3月発表の最新版!

トランザクション数は?

ビットコインどれくらい使用されているかをだいたい把握できるトランザクション数を見ていきましょう。

https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions より

バブル最盛期には20-30万件の送金詰まりを恒常的に起こし、手数料の高騰を引き起こしていたビットコインですが、現在は未処理のトランザクション数、手数料ともに大幅に低下していました。しかし、GW中は1万を超える時もちらほら見られ、市場回復を裏づける形となっていましたが現在はまた3000-5000程度で落ち着いているようです。

ビットコインの価格と送金数はある程度相関が認められるので、これが増えてくれば、ビットコインの100万円台定着、そこからの価格上昇も期待できましたが一時後退といった模様です。

 

 

 

ドミナンス・恐怖指数(VIX)は??

続いてドミナンスを見ていきましょう。

GW中も値を上げていたBCHやETHの影響もあってBTCのドミナンスは35%代まで低下していました。今はBCHやETHも下げていますが、上げ幅を考えるとそれほど大規模な下落とはなっていないので今後もBTCドミナンスは低下していくかもしれません。またBTCとETHに注目するとかつて一番ETHがBTCに迫っていた一月中旬の割合にちかづいてきているため、この二通貨のパワーバランスにも注目です。

 

4月下旬からの上げは個別の理由のあるコインもそうですが、ないコインも今回は多くのコインが価格上昇するという仮想通貨市場全体の市場心理の問題が大きいものだったため、いちど市場が冷え込むと大部分の通貨が釣られて下がるという特徴を考えると、今回の冷え込みもまた特定の理由というよりかは市場心理によるものが大きいと思われます。

アルトコインとは?特徴や将来性・おすすめは?

 

 

恐怖指数(VIX)は??

続いて仮想通貨の価格と逆相関があるといわれている恐怖指数(VIX)も見ていきましょう!

 

恐怖指数とは
恐怖指数(きょうふしすう、英: volatility index, VIX)とは、シカゴ・オプション取引所(英語版)(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。通常は10から20の間で推移する。

Wikipediaより

 

https://nikkei225jp.com/data/vix.phpより

 

恐怖指数は市場の投資家心理を反映しているといわれ、何らかの出来事が起きて、市場参加者が不安に包まれると、その動揺に応じて数値が上昇します。5/8現在の恐怖指数は14.7となっており、四月初旬は恒常的に20を超えていましたが、GW 中も継続して低下してきています。

 

こちらは株式取引のほうから算出される指数ですので、仮想通貨市場の取引とは直接的にかかわりはありませんが、市場参加者を共有している以上、株式の市場心理を参考にするのは有用です。

仮想通貨のほうは調整下落となりましたが、金融市場全体が冷え込んでいるわけではないようなので、価格は一時下落したものの、また再度近いうちに100万円台への復帰、安定的な価格上昇が期待できる数値なのではないでしょうか?

ビットコインはバブルなのか?歴史上のバブルと比較

 

まとめ

四月末から「やっと春が来た」、というような楽観的なチャートとなり、楽しいGWといった様相でしたが、やはりそんな相場は長くは続いてはくれないものです。BTCは二月の高値120万円が中期の第一目標として見られていますが、これをいつ超えることができるのでしょうか?注目です。

いつ乱高下、調整が入るのかがわからないのが仮想通貨市場ですので、気を引き締めていきましょう!

楽観しすぎず、悲観しすぎず冷静にチャートや指標を見守って行きましょう!!